小野小町のニュース

観光客の少ない今が狙い目!梅の名所をめぐる京都「おとなの旅」

まぐまぐニュース! / 2016年02月14日00時00分

百夜通いを題材にした小野小町と深草少将の恋をはねず衣裳と菅笠を身に着けた少女達が踊りを披露する行事です。 随心院は、仁海が開基した真言宗善通寺派大本山です。また歌人・小野小町ゆかりの地として有名です。随心院は、深草少将(ふかくさのしょうしょう)が小野小町を慕い99日通い詰めた伝説の地です。境内には、深草少将らが小野小町に宛てた手紙が千束収められていると伝わ [全文を読む]

【4月30日から5月4日】古くから女性の恋愛運とココロを支えてきた花とは?

ANGIE / 2016年04月29日07時00分

世界三大美女・小野小町と芍薬(しゃくやく) 古来中国では牡丹を「百花の王」と呼び、芍薬をそれに次ぐ「花の宰相(さいしょう)」と呼びました。芍薬はボタン科の多年草。あの絶世の美女、小野小町(おののこまち)に愛された花が芍薬だったそうですよ。 芍薬は牡丹より控えめで、やさしい雰囲気をたたえていますね。ゴージャスというよりは優雅な花。いってみれば、牡丹が叶姉妹 [全文を読む]

みんなに愛される!女性の魅力は「教養」でつくられる【桜にまつわる日本文化】

ANGIE / 2016年04月02日21時00分

世界三大美女が考える「美しさ」とは? 世界三大美女といえば、クレオパトラ、楊貴妃、そして平安時代の女流歌人、小野小町ですね。 秋田生まれの美女と伝えられる小野小町。秋田の美味しいお米「秋田こまち」や新幹線「こまち」は、小野小町に由来しています。 女性なら誰しもぐっときてしまう小野小町の和歌といえば、こちら。 「花の色は うつりにけりな いたづらに わが身 [全文を読む]

非傑作『君の名は。』、なぜベタなご都合主義的でも「おもしろい」と受け取られた?

Business Journal / 2017年05月05日17時00分

B 単純に作者の都合でエンタメ的に話が進行しているかのように思われがちだけど、平安時代に成立したとされる古典『とりかへばや物語』や小野小町の和歌など、古典的なエッセンスを盛り込むことで、自然に見せてるね。C でも、「なぜあの2人が入れ替わったのか」とか「3年の時間のズレをどう説明するんだ」などと一部では批判的な見方もされているけど、映画の設定なんて、そんな [全文を読む]

【書評】「神仏探偵」が奇妙な仏像が造られた理由を探る

NEWSポストセブン / 2017年04月22日16時00分

仏教における聖母信仰の表れなのだろうか? 痩せさらばえ、醜い顔と体を晒した京都府退耕庵に伝わる小野小町百歳像は、この世の無常を物語っているのだろうか……? 著者は調査と推理を重ねる。 そうした異形の仏像を探ることは、〈名もなき先人たちの祈りを知ること〉〈歴史に残らない信仰文化や思想を再発見していくこと〉〈日本人の美意識のありようを思い出すこと〉だと著者は言 [全文を読む]

年末年始は華やかな清酒での“おもてなし”はいかが!?

Walkerplus / 2016年12月06日20時18分

平安時代の女流歌人である「小野小町(おののこまち)」がデザインされた輝かしいラベルが特長の2商品。同社の所在地である秋田県湯沢市は、「小野小町」の誕生の地とされている。 「おもてなし 純米大吟醸酒 金ラベル」は、秋田県産「秋田酒こまち」を精米歩合50%まで磨き、秋田の天然水を使用して醸した華やかな香り。「おもてなし 純米酒 銅ラベル」は、やわらかい口当た [全文を読む]

市女笠姿の小芝風花「一粒も残さず食べてね」

Smartザテレビジョン / 2016年09月27日05時00分

秋田・小野の里に生まれ、美人の誉れ高い平安時代の歌人・小野小町にちなみ、おいしい米として末永く愛されるようにとの願いを込めて命名された。 新CMの「新米が来た」篇は、市女笠姿の小芝が風になびかれながら登場し、垂れ布を両手でかき分けると「あ、きた」と一言。徐々に米粒の付いた口元に寄っていき、「新米がきた」と最後につぶやく。小芝のフレッシュさと、「あ、きた」と [全文を読む]

百人一首とともに詠み人に縁のある美しい風景を愉しむ写真集『美しい百人一首の風景 ~うつりゆく四季、華やかな恋物語~』発売

PR TIMES / 2016年03月23日10時54分

〈掲載写真抜粋〉 ・近江神宮/滋賀県(第一首:天智天皇) ・持石海岸/島根県(第三首:柿本人麻呂) ・おしら様の枝垂れ桜/秋田県(第九首:小野小町) ・筑波山/茨城県(第十三首:陽成院) ・竜田川/奈良県(第十七首:在原業平朝臣) ・長谷寺/奈良県(第三十五首:紀貫之) ・三保の松原/静岡県(第四十首:平兼盛) ・江津湖/熊本県(第四十二首:清原元輔) [全文を読む]

7月7日・七夕の夜にやってみたい好きな人の夢が見られるおまじない

i無料占い / 2015年07月05日20時30分

小野小町もこの方法で夢での逢瀬を願ったひとりでした。 七夕は7月7日。仏教の七宝や七五三のお祝いなど、「7」という数には、吉を呼び寄せる力があるとされます。西洋でも東洋でも奇数は「吉数」であり、特に奇数が2つ重なる日の、3月3日はひな祭、5月5日は端午の節句、7月7日は七夕、9月9日は重陽と、それぞれが大切な神事の時=節句となっています。 7月7日の七夕は [全文を読む]

不倫の悩みも解決してくれる? こっそり行きたい欲望ご利益神社の実態

ダ・ヴィンチニュース / 2015年03月14日11時30分

小野小町に「百夜通い続けたら愛を受け入れる」といわれて6キロの距離を毎日通い続けた挙句、99日目にして力果て、霊になってから「俺はあの女に騙されていただけなのではないか」とようやく気づいたとされる深草少将の怨念を鎮める神社や、仙台のお殿様に勝手に惚れ込まれて断り続けていたら、突然首を斬られた吉原の大夫を祀る神社など、いわゆる男女の恋愛のもつれに関わる伝説が [全文を読む]

フォーカス