青木幹雄のニュース

脇雅史・前自民党参議院幹事長 AMK長老支配の構図を懸念

NEWSポストセブン / 2015年08月31日07時00分

Aは額賀派(平成研究会)の青木幹雄元参院議員会長、Mは細田派(清和政策研究会)会長だった森喜朗元首相、Kは岸田派(宏池会)名誉会長の古賀誠元幹事長です。参院には、この3人を後ろ盾に3派の言うことを聞いていればいいという風潮が根強い。AMKも、いまだに色々な情報が集まるので面白く、現役に口出しを止めません。この悪循環は断ち切った方がいいよ。現役も、ご意見お伺 [全文を読む]

ポスト安倍氏 菅義偉氏が総理になるウルトラCの陰に二階氏

NEWSポストセブン / 2015年06月25日16時00分

【※注/小渕首相が倒れた際に、後継選出のための会談に青木幹雄・官房長官、森喜朗・幹事長、村上正邦・参院議員会長、野中広務・幹事長代理、亀井静香・政調会長という自民党の有力国会議員5人が集まって森後継が決められた(肩書きはすべて当時)】 当時、自民党には加藤紘一氏という有力な首相候補がいたが、官房長官の青木幹雄氏は意識不明だった小渕氏から「後事を託された」 [全文を読む]

自民総裁選で菅官房長官vs安倍首相、平成の角福戦争か

NEWSポストセブン / 2017年05月18日07時00分

とくに岸田派名誉会長の古賀誠氏が反安倍の急先鋒で麻生太郎氏主導の大宏池会構想に難色を示していますし、むしろ安倍首相と距離がある旧竹下派オーナーの青木幹雄・元官房長官や二階、鈴木宗男両氏とパイプが太い。 二階―宗男連合を中心に二階派と額賀派、それに岸田派が結集すれば安倍包囲網ができる。かつての田中派と大平派の大角連合で福田派を破った“角福戦争”と同じ構図です [全文を読む]

勝手国民投票 力も良識も失われた参議院は必要か?

NEWSポストセブン / 2016年07月22日16時00分

自民党の参院議員会長を務めた重宗雄三氏、村上正邦氏、青木幹雄氏らは「参院のドン」「法王」などと呼ばれ、絶大な影響力を誇った。 その“力の源泉”の一つとなっていたのが、「特例公債法案」の存在だ。予算案は衆院の議決が優越するが、予算が税収だけで賄えない場合は毎年、特例公債法を成立させて赤字国債を発行しなければならなかった。この法案が参院で否決されれば、予算が執 [全文を読む]

Nordic SemiconductorのnRF52シリーズをベースとするBluetooth low energyモジュールが、処理能力の向上、消費電力の低減、感度の向上を実現

DreamNews / 2016年05月09日16時00分

太陽誘電のプロジェクト・マネージャーである青木幹雄氏は、次のように述べています。「当社はこの数年間、NordicのnRF51シリーズ・チップをベースとしたモジュール製品ラインで成功を収めてきました。今回のnRF52シリーズでは、より強力なARMプロセッサが採用され、より大容量のメモリが割り当てられており、複雑なIoTアプリケーション向けのシングルチップBl [全文を読む]

永田町裏流行語「生牡蠣をドロッと」「自民党AMK」「粛々と」

NEWSポストセブン / 2015年12月20日16時00分

Aは青木幹雄・元参院議員会長、Mは森元首相、Kは古賀誠・元幹事長。いずれも政界引退した身だが、元自民党参院幹事長の脇雅史氏は「いまだに色々な情報が集まるので面白く、現役に口出しを止めません。この悪循環は断ち切った方がいい」と初めて自民党のウラの権力構図を明らかにした。 「うちの議員が派閥の会合でうっかりAMKといったら先輩の議員に叱られたそうです」(自民党 [全文を読む]

日歯連で再び逮捕者…圧力団体の“巣窟”となった「参院比例区」改革の必要性

デイリーニュースオンライン / 2015年10月13日07時00分

不可解なのは小切手の授受現場に居合わせた橋本や野中広務元幹事長、青木幹雄参議院幹事長の3名は起訴されず、その場にいなかった村岡兼造元官房長官だけが政治資金規正法の不記載罪容疑で在宅起訴されていることだ。2008年7月、村岡に禁錮10月・執行猶予3年の有罪判決が確定しているが、理由は村岡だけが落選中だったからだと思われる。 こうした政界の大物が絡む事件では法 [全文を読む]

森元首相今もエラい理由 総裁選の恩義で安倍首相頭上がらず

NEWSポストセブン / 2015年09月01日16時00分

Aは額賀派(平成研究会)の青木幹雄元参院議員会長、Mは細田派(清和政策研究会)会長だった森喜朗元首相、Kは岸田派(宏池会)名誉会長の古賀誠元幹事長です。参院には、この3人を後ろ盾に3派の言うことを聞いていればいいという風潮が根強い。AMKも、いまだに色々な情報が集まるので面白く、現役に口出しを止めません」 厄介なことに、AMKはその参院での影響力を梃子にし [全文を読む]

新国立競技場問題でも責任を問われない森喜朗元首相の“豪運”とは

週プレNEWS / 2015年08月12日06時00分

当時の雄弁会には、後に首相となる小渕恵三や、“参院のドン”となる青木幹雄、“文教族のドン”となる西岡武夫、通産相や郵政相などを歴任する深谷隆司らが所属していた。まさに黄金期! 政界入り後は学生時代の仲間がどんどん大物になっていく。豪運としか言いようがない。 ●さらに政界進出してからも続く、森喜朗元首相の“強運エピソード”は発売中の『週刊プレイボーイ』34 [全文を読む]

森喜朗は何でそんなにエラいのか?「安部総理に人事のアドバイスも」

アサ芸プラス / 2015年08月04日17時55分

すでに政界を引退しているが、同じ早大雄弁会出身で、盟友の青木幹雄元自民党参院議員会長(81)と一緒に“アドバイス”をしているというのだ。政治ジャーナリストはこう話す。「内閣改造や自民党役員人事では、助言というより誰がどの役職に就くのか、安倍総理に『指示』を出しているのです」 アベノミクスで株価を大幅に上昇させるなど、一定の成果をあげている現職の総理大臣が長 [全文を読む]

フォーカス