岸田劉生のニュース

東京駅にピカソ、ゴッホ、モネが登場 「動き出す!絵画」展

太田出版ケトルニュース / 2016年09月16日11時55分

ゴッホやミレーなど、西洋の画家を紹介する一方、岸田劉生や木村荘八ら洋画家たちの活動を支援し、画家たちから“ペール北山”(ペール=父親、おやじ)と呼ばれた。 会場には、明治末から大正期にかけて紹介された西洋の美術作品や、それらに触発されて作品を生み出した日本の画家たちの作品が登場。ロダン、ドガ、セザンヌ、ピサロ、モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーギャン、ピカソ、 [全文を読む]

日本画と洋画、二つの大河の流れを秘蔵の名品から感じる「絵画の潮流展」

サライ.jp / 2017年03月07日11時30分

日本画では横山大観はじめ、東山魁夷・杉山寧・村上華岳・速水御舟・片岡珠子・田中一村・加山又造・平山郁夫ら、洋画では高橋由一はじめ、青木繁・岸田劉生・梅原龍三郎・安井曾太郎・佐伯祐三・小磯良平ら、誰もが知る近代日本の画家たち34名、約60点の作品を紹介します」 伝統を継承しつつ新たな挑戦によって生み出された日本画、写実と立体的な表現を求めた洋画、それぞれの [全文を読む]

第101回二科展開催のご案内

PR TIMES / 2016年08月16日10時47分

二科会の活動に参加した主な作家は、安井會太郎、熊谷守一、東郷青児、岸田劉生、梅原龍三郎、小出樽重、中川一政、林武、佐伯祐三、宮本三郎、岡田謙三、藤田嗣治、岡本太郎など、また海外からはジェレニェフスキー、マチス、ドラン、ピカソ、デュフィ、ブラック、モネ、ヴァン・ドンゲン、ヴィヤール、ボナール、ブールデル、ザッキン、ゴヤ、ルオー、ロダン、モディリアーニ、など多 [全文を読む]

小樽の新名所!歴史的建造物が美術館にリニューアル

Walkerplus / 2016年07月20日07時00分

本館では、岸田劉生の作品や浮世絵「東海道五十三次」などの美術品、別館には、ニトリが所蔵する100~200点の著名絵画の展示が予定されている。 小樽運河の正面にあるので観光ルートとして計画しやすい。また来春には、施設横に「憩いの広場」も完成する。小樽市指定歴史的建造物の美術館で芸術作品に触れて、歴史を感じながら市街を散策してみてはいかが。【北海道ウォーカー】 [全文を読む]

ピカソ、モネなど大原美術館のコレクション展が東京で開催。ピース又吉がサポーター

FASHION HEADLINE / 2016年01月16日16時00分

このほか、《白玉弥勒仏倚座像》、《女神イシスまたはネフティス像》、38歳で夭折した岸田劉生の《童女舞姿》、大原美術館の礎を築いた児島虎次郎の《和服を着たベルギーの少女》など日本の近代洋画や民芸運動に関わった作家の作品、戦後の美術たちが展示される。 また、芥川賞を受賞したピースの又吉直樹が同展のサポーターに就任。見どころや楽しみ方を又吉ならではの表現方法で展 [全文を読む]

「日刊スポーツ映画大賞」広瀬すずが能年玲奈に見せた“作り笑い”

アサ芸プラス / 2016年01月06日17時59分

中には『岸田劉生の“麗子像”みたい』『なんか不気味』などと言う記者までいたほど。とにかく不機嫌な様子が伝わってきました」(映画関係者) その原因とされるのが、能年と広瀬の浅からぬ因縁だ。「広瀬が昨年活躍した作品は、能年が降りた仕事の代役が多い。ドラマ『学校のカイダン』(日本テレビ系)も映画『ちはやふる』も、最初は能年が主演予定でしたが事務所移籍騒動のせいで [全文を読む]

又吉直樹が心待ち!大原美術館の名品が六本木に

Smartザテレビジョン / 2015年10月01日18時12分

日本の近現代絵画からは、岸田劉生「童女舞姿」、児島虎次郎「和服を着たベルギーの少女」などが展示され、民芸、エジプトやオリエントといった東洋の古代美術なども楽しめる。 この展覧会のサポーターにピース・又吉直樹が就任。展覧会の見どころや楽しみ方を、公式ホームページやYouTubeで公開中の謎解きムービーなどさまざまな形で紹介する。 又吉は「大原美術館のことは知 [全文を読む]

「二科展」の第100回記念展、国立新美術館にて9月に開催

FASHION HEADLINE / 2015年08月24日16時00分

これまでの参加者は、安井會太郎、熊谷守一、東郷青児、岸田劉生、梅原龍三郎、小出樽重、中川一政、林武、佐伯祐三、宮本三郎、岡田謙三、藤田嗣治、岡本太郎など。海外からもジェレニェフスキー、マチス、ドラン、ピカソ、デュフィ、ブラック、モネ、ボナール、ブールデル、ゴヤ、ルオー、ロダン、モディリアーニなど、数多くの著名作家の作品が出品された。 「第100回記念 二 [全文を読む]

第100回記念 二科展開催のご案内

PR TIMES / 2015年08月24日09時36分

二科会の活動に参加した主な作家は、安井會太郎、熊谷守一、東郷青児、岸田劉生、梅原龍三郎、小出樽重、中川一政、林武、佐伯祐三、宮本三郎、岡田謙三、藤田嗣治、岡本太郎など、また海外からはジェレニェフスキー、マチス、ドラン、ピカソ、デュフィ、ブラック、モネ、ヴァン・ドンゲン、ヴィヤール、ボナール、ブールデル、ザッキン、ゴヤ、ルオー、ロダン、モディリアーニ、など多 [全文を読む]

夏の終わり、アートから始まる恋(ハート) 美術館 de 街コン in 伝説の洋画家たち 二科100年展

PR TIMES / 2015年08月19日15時49分

岸田劉生、佐伯祐三、小出楢重、関根正二、古賀春江、坂本繁二郎、藤田嗣治、松本竣介、東郷青児など、二科展によって名をはせるようになった芸術家は数えきれません。本展は、日本三大公募展の一つ「二科展」が、2015年に第100回を迎えることを記念して開催されます。日本美術史に欠かせない伝説の洋画家、彫刻家たちの厳選された二科展出品作品約120点を、時代背景やエピソ [全文を読む]

「伝説の洋画家たち 二科100年展」梅原龍三郎「読書」を追加展示!いよいよ後期展示開始!

@Press / 2015年08月14日15時00分

岸田劉生、佐伯祐三、小出楢重、関根正二、古賀春江、坂本繁二郎、藤田嗣治、松本竣介、東郷青児など、日本美術史に欠かせない伝説の洋画家、彫刻家たちの厳選された二科展出品作品約120点を、時代背景やエピソードを織り交ぜながら紹介しております。二科展の歩みを通して日本近現代美術史を知ることができる必見の展覧会です。 【本展開催情報】 会期 :2015年7月18日( [全文を読む]

石坂浩二・小倉智昭・工藤静香のおすすめ作品は? 「伝説の洋画家たち 二科100年展」開催

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月06日18時00分

岸田劉生、佐伯祐三、小出楢重、関根正二、古賀春江、坂本繁二郎、藤田嗣治、松本竣介、東郷青児など、「二科展」によって名をはせるようになった芸術家は数えきれない。【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら 2015年7月18日(土)より開催されるのが、「伝説の洋画家たち 二科100年展」(以下、二科100年展)。日本美術史に欠かせない伝説の洋画家、彫刻家たちの厳 [全文を読む]

「伝説の洋画家たち 二科100年展」石坂浩二さん(俳優)が音声ガイドナビゲーターに!~ 5名の芸能・文化人による「わたしがおススメするこの1点」も発表! ~

@Press / 2015年07月01日14時30分

本展は、岸田劉生、佐伯祐三、小出楢重、関根正二、古賀春江、坂本繁二郎、藤田嗣治、松本竣介、東郷青児など、二科展によって名をはせるようになった画家、彫刻家たちの厳選された二科展出品作品約120点を、時代背景やエピソードを織り交ぜながら紹介します。 二科展との関わりも深い石坂さんが出品作品をわかりやすく解説する本展音声ガイドは、解説時間約30分で、貸出価格は [全文を読む]

「美術館」そのものがテーマの展覧会 東京国立近代美術館にて

太田出版ケトルニュース / 2015年06月12日10時11分

会場には、ルノワール、ロダン、マルセル・デュシャン、岸田劉生ら世界的アーティストの作品およそ170点が並ぶほか、「アーティスト」「カタログ」「地震」「保護/警備」「お金」「裸体/ヌード」「台座」「裂け目」「温度」「梱包」など、美術館にまつわる資料や備品も展示。作品を紹介する美術館について知ることで、また1つの新しい美術体験ができる展覧会となっている。 『 [全文を読む]

Google アートプロジェクト、モネの睡蓮など新たに1,290作品を公開

インターネットコム / 2014年10月30日14時30分

これにより、岸田劉生作「麗子肖像(麗子五歳之像)」などの所蔵する作品1,288点が閲覧できるようになった。 また、2012年にアートプロジェクトに参加した、国立西洋美術館と大原美術館から、新たにそれぞれクロード・モネ作「睡蓮」、ポール・ゴーギャン作「かぐわしき大地」を「ギガピクセル」として追加。全部で1,290点の作品を新たに Google アートプロジェ [全文を読む]

夏目漱石の作品に登場する美術作品を集めた展覧会 本人直筆の山水画も展示

太田出版ケトルニュース / 2013年05月14日13時15分

伊藤若冲、青木繁、横山大観、黒田清輝、岸田劉生、ミレイ、ターナーなど、古今東西の名画家の作品が展示される。 『夏目漱石の美術世界展』は、2013年5月14日(火)~7月7日(日)まで、東京藝術大学大学美術館(台東区上野公園12-8)にて開催。開館時間は10:00~17:00、休館日は月曜。入館料は一般1500円。 ※このページの画像はサイトのスクリーンショ [全文を読む]

フォーカス