火野葦平のニュース

無抵抗の捕虜を切り殺し、仲間の面前で敗残兵の首を切る...火野葦平が戦場で綴った日本軍の狂気

リテラ / 2015年08月15日22時00分

そのテキストとは、作家・火野葦平の「従軍手帖」。火野は、1937年に招集されるが、従軍中に『糞尿譚』で芥川賞を受賞。陣中で授与を受け、それを契機に報道部へ転属となった。 以後は、報道班員として戦争の状況を記録し続け、戦地にて書き上げた『麦と兵隊』はベストセラーとなっている。彼の作品は戦意高揚に寄与し、「兵隊作家」として国民の人気を得るが、終戦後は戦地で見 [全文を読む]

伝説の刺青師が明かす“日活&東映スター”交流秘話「酒盛りしながら唐獅子牡丹を」

アサ芸プラス / 2015年06月13日17時57分

河野は、藤田進主演で撮られた火野葦平原作初の映画化「花と龍」の東映版(54年)から刺青を描いた。「花と龍」は、北九州を舞台にした石炭荷役たちの生涯を描いた物語だ。「僕が刺青を描くようになったのは、東映の『花と龍』が始まりなんだ。恩師の藤田進さんが主演でね。ご存知のように『花と龍』は火野葦平さんのお父さん、玉井金五郎の一代記。火野さんは、玉井金五郎は藤田さ [全文を読む]

【書評】週刊誌20年ぶんの面白話は現在の日本への警鐘

NEWSポストセブン / 2016年03月10日16時00分

昭和12年下半期の芥川賞は火野葦平の『糞尿譚』ときまったが、当人は応召されて出征中だった。文藝春秋社の菊池寛は、上海へ渡ることになっていた小林秀雄に頼んで、芥川賞を伝達することにした。幸い火野の所属する部隊は杭州にいた。 早いほうがいいと言うので、すぐに芥川賞授与式をやり、S部隊長、M部隊長、S少尉などが列席し、部隊全部が、本部の中庭に整列した。「気をつけ [全文を読む]

平松洋子さんが今月買った本

文春オンライン / 2017年03月17日17時00分

大伴家持、南方熊楠、五代目古今亭志ん生、岡本綺堂、柳田国男、火野葦平、内田百閒ら、鰻の面妖さにどっぷり嵌りこむ。『谷崎万華鏡』も妖しさ充満。高野文子が『陰翳礼讃』、近藤聡乃が『夢の浮橋』、古屋兎丸が『少年』など、十一人のアーティストが谷崎文学に挑む。シビレるポイントが散りばめられて極彩色、ハシゴを外されてくらくらする。 ◆ ◆ ◆ 01.『狂うひと「死の棘 [全文を読む]

聖徳大学が所蔵する世界的コレクションや、児童教育・女性教育に関する学術的に価値の高い資料を学内3つの展示室で順次無料公開

Digital PR Platform / 2017年01月31日08時05分

【芥川賞】 火野葦平、井上靖、安部公房、堀田善衛、開高健、北杜夫 【直木賞】 海音寺潮五郎、井伏鱒二、源氏鶏太、水上勉、山口瞳 ●開館時間:9:00~17:00(休館:日曜日・祝日と学業日程による休業日)。 ※詳細は聖徳大学川並弘昭記念図書館ホームページまで。 http://www.seitoku.jp/lib/ ▼本件に関する問い合わせ先 聖徳大学 博 [全文を読む]

『青空文庫POD』1月刊行は440作品、1,320製品!-牧野信一、林芙美子、宮沢賢治、宮本百合子、福沢諭吉などの作品を中心に-

PR TIMES / 2016年01月07日10時23分

上記著者の他に、永井荷風、永井隆、中里介山、中島敦、長塚節、中戸川吉二、中原中也、中谷宇吉郎、中山太郎、南部修太郎、新美南吉、西尾正、西田幾多郎、新渡戸稲造、野上豊一郎、野口雨情、萩原朔太郎、橋本五郎、長谷川時雨、長谷川伸、服部之総、浜尾四郎、浜田青陵、林不忘、葉山嘉樹、原勝郎、原民喜、樋口一葉、久生十蘭、火野葦平、平出修、平田晋策、平野万里、平林初之輔、 [全文を読む]

商店街再生の切り札、広がる「まちゼミ」への期待

JIJICO / 2015年03月06日17時00分

北九州市若松区は、火野葦平の小説「花と龍」などで知られ、石炭の積出港として栄えた街です。若戸大橋のたもとに位置する若松商店街も、ほかの商店街と同様に産業構造の変化、地域住民の高齢化、郊外型ショッピングセンターの出店により客足を奪われました。 こうした中、創業60余年の牛島時計店3代目・牛島源氏が中心となり、2013年9月、北九州市初となるまちゼミ「若松の得 [全文を読む]

能年玲奈、綾野剛が新人賞受賞 豪華俳優集結の「橋田賞」授賞式

モデルプレス / 2014年05月10日21時03分

(モデルプレス) ■橋田賞受賞作品・受賞者 <橋田賞大賞> 該当なし <橋田賞> ドラマ「オリンピックの身代金~1964年・夏~」(テレビ朝日系) 連続テレビ小説「あまちゃん」(NHK) ドキュメンタリー「戦場で書く~作家 火野葦平の戦争~」(NHK) 食のエンタテインメント紀行番組「キッチンが走る!」(NHK) 脚本家・森下佳子 ジャーナリスト・岸井成格 [全文を読む]

綾野剛、「愛と努力と戦い抜いた人たちのおかげ」

モデルプレス / 2014年05月10日20時34分

(モデルプレス) ■橋田賞受賞作品・受賞者 <橋田賞大賞> 該当なし <橋田賞> ドラマ「オリンピックの身代金~1964年・夏~」(テレビ朝日系) 連続テレビ小説「あまちゃん」(NHK) ドキュメンタリー「戦場で書く~作家 火野葦平の戦争~」(NHK) 食のエンタテインメント紀行番組「キッチンが走る!」(NHK) 脚本家・森下佳子 ジャーナリスト・岸井成格 [全文を読む]

能年玲奈、「あまちゃん見てない」発言に“天野アキ”で訴え

モデルプレス / 2014年05月10日20時20分

(モデルプレス) ■橋田賞受賞作品・受賞者 <橋田賞大賞> 該当なし <橋田賞> ドラマ「オリンピックの身代金~1964年・夏~」(テレビ朝日系) 連続テレビ小説「あまちゃん」(NHK) ドキュメンタリー「戦場で書く~作家 火野葦平の戦争~」(NHK) 食のエンタテインメント紀行番組「キッチンが走る!」(NHK) 脚本家・森下佳子 ジャーナリスト・岸井成格 [全文を読む]

フォーカス