中江滋樹のニュース

元「投資ジャーナル」会長・中江滋樹 兜町の風雲児の逆襲(8)倉田まり子とのスキャンダル真相

アサ芸プラス / 2016年03月18日01時55分

中江氏が倉田に興味を持ったのは、ある日、たまたまつけたテレビのクイズ番組で暴走族の映像を見せられ、質問を出された倉田が「私には縁がないです」と答えた姿が初々しかったからだという。たちどころにファンになったのだった。「その後、テレ朝の三浦専務から、倉田は月に2億円の稼ぎがあるのに事務所の月給がわずか200万円だと聞かされた。そして、ラムダエンタープライズとい [全文を読む]

元「投資ジャーナル」会長・中江滋樹 兜町の風雲児の逆襲(6)特捜部が提案した「取り引き」

アサ芸プラス / 2016年03月16日01時55分

中江氏が言うように、投資ジャーナルでは「10倍融資」ということを喧伝して会員を集めた。例えば100万円の元手があれば、900万円を貸して1000万円を投資できるようにした。投資家はおもしろいように集まった。 おまけに、企業からは信用できる情報ももらった。今も忘れられないのが、青木建設である。「スプーン曲げのユリ・ゲラーをあるパーティに呼んだんだ。そこへ青木 [全文を読む]

元「投資ジャーナル」会長・中江滋樹 兜町の風雲児の逆襲(5)投資顧問料だけで500億円

アサ芸プラス / 2016年03月15日09時55分

長髪、ヒゲ面で三つぞろいのスーツを着用し、兜町を闊歩した中江滋樹氏(62)である。「投資ジャーナル事件」で逮捕された中江氏が、証券史上最大の詐欺事件の真相を打ち明けた。「正直言うとね、『10倍融資』なんていうキャッチフレーズを考えだしたのは、部下だった社長の加藤文昭なんだ。僕は違法性を知っていたから、そんなことやらないよ。でも、僕が知った時にはすでにスター [全文を読む]

元「投資ジャーナル」会長・中江滋樹 兜町の風雲児の逆襲(4)世界中の株を手放すアラブ

アサ芸プラス / 2016年03月08日17時55分

そして、今や世界的な“金融戦争”の時代に突入した、という物騒な指摘も。「ヨーロッパへの難民流入問題は手がつけられない状態になっている。そのことはね、株の世界を見ていてもわかります。僕は投資ジャーナルで『アラブダラー』という本を出していたからよく知っているんだけど、アラブの王族がこのところ株を手放している。国より先に王族が売っているんだ。王族といったって、何 [全文を読む]

元「投資ジャーナル」会長・中江滋樹 兜町の風雲児の逆襲(3)市場の「中間反騰」を見逃すな

アサ芸プラス / 2016年03月08日09時55分

その意味で、消費増税の見送りはありうること」 [全文を読む]

元「投資ジャーナル」会長・中江滋樹 兜町の風雲児の逆襲(2)黒田総裁の参謀は読み違えた

アサ芸プラス / 2016年03月07日17時55分

中江氏は日銀の政策について、次のように論じた。「マイナス金利の導入を決めたのは1月29日のことだった。黒田総裁はきっと3月くらいにやろうと思っていたのが、甘利事件が勃発して、それを吹き飛ばそうと安倍晋三総理と相談して導入を早めたと思うね。安倍総理は盟友の甘利さんを窮地から救おうとしたんだよ。浪花節的でいいねぇ。ところが、マイナス金利にしてしまったことで、思 [全文を読む]

元「投資ジャーナル」会長・中江滋樹 兜町の風雲児の逆襲(1)株価大暴落を予言していた

アサ芸プラス / 2016年03月07日01時55分

たまに、かつての部下と会ったりはするけど、“復帰”するつもりはないんだよ」 都内の飲食店で面会した投資顧問会社「投資ジャーナル社」の元会長、中江滋樹氏(62)は開口一番、そう言い放った。 現在の中江氏に「兜町の風雲児」と呼ばれた頃の勢いはない。やつれ気味の顔はどこか、オウム真理教の麻原彰晃に似ている。「一時は高血圧の薬のせいで、極端な低血圧に陥った。食欲も [全文を読む]

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.9「清純派アイドルとも金の力で“交際”」

アサ芸プラス / 2017年01月01日17時52分

さらに、同社主宰の中江滋樹氏の交遊関係に注目が集まり、清純派アイドル歌手倉田まり子と一緒に写した写真が流出。世間を驚かした。 85年9月29日号は深いその交遊に斬りこんでいる。東京目黒の高級住宅地の一角に建つ3階建ての洋風住宅。売主の社長から、〈倉田母娘から「即金で払うからとにかく売ってくれ」と再三繰り返していた。〉を突き止めた。 16年3月17日号では [全文を読む]

元「投資ジャーナル」会長・中江滋樹 兜町の風雲児の逆襲(7)政界に10億円をバラまいた

アサ芸プラス / 2016年03月17日01時55分

1人は江川卓で、もう1人は中江滋樹』と書いてくれた。あれは本当にうれしかったね。本宮氏との肝胆相照らすつきあいはその後長く続いたよ」 さて、中江氏といえば、交際が報じられた元アイドル歌手・倉田まり子との関係に触れないわけにはいかない。 写真誌「フライデー」が創刊号で中江氏と倉田の親密なツーショット写真を掲載し、倉田が芸能界引退に追い込まれたのだ。 当時の報 [全文を読む]

フォーカス