藤城清治のニュース

【巻頭大特集】宮沢賢治賞受賞記念「藤城清治 光の贈りもの ―宮沢賢治の世界を描く―」【とじこみ付録】藤城清治×宮沢賢治 スペシャルステッカー。MOE 7月号は、6/3発売!

DreamNews / 2015年06月03日09時00分

【巻頭大特集】宮沢賢治賞受賞記念「藤城清治 光の贈りもの ―宮沢賢治の世界を描く―」【とじこみ付録】藤城清治×宮沢賢治 スペシャルステッカー。【特集】手紙と切手でたどる、わちふぃーるど「ダヤンと切手博物館」。MOE 7月号は、6/3発売!MOE2015年7月号、6月3日発売! ■ 巻頭大特集 ■ 宮沢賢治賞受賞記念 藤城清治 光の贈りもの ―宮沢賢治の世界 [全文を読む]

【新刊】『空間 -ku:kan- vol.08』5月27日より全国大型書店・Amazon・富士山マガジンサービスなどで発売

PR TIMES / 2017年05月26日18時54分

今号のインタビューは、光の芸術家・影絵作家の藤城清治氏登場。特集では、注目のライブステージ演出やみどりを取り入れた空間を、写真とコンセプト記事で詳らかに紹介しています。また、映像機材の魅力と映像演出のノウハウに迫る連載「ニシマルchat!」など、充実した内容、ほかでは見られない「空間デザイン」の魅力を伝えます。(オールカラー88ページ・定価 1500円+税 [全文を読む]

「伊福部昭百年紀Vol.4」5月31日に発売!

DreamNews / 2017年04月24日13時00分

・「イワンと子馬」(1953年)はケロヨンの生みの親として知られる藤城清治(1924-)の影絵劇の音楽を演奏会用に4つの楽章に構成したもの。ロシア文学を原作にしたこの影絵劇は1953年の初演以来、藤城の代表作として知られるが現在では幻の作品となっている。オーケストラだけでなく、エレクトーンも巧みに使い、イワンと子馬の冒険を表情豊かに描いている。 ・「子供 [全文を読む]

ゴジラの作曲家 没十年。子供のために作った音楽を集め渋谷で記念コンサートを開催5月7日(土)伊福部昭百年紀4~十年祭に寄せて~

DreamNews / 2016年04月04日10時00分

・「イワンと子馬」(1953年)はケロヨンの生みの親として知られる藤城清治(1924-)の影絵劇の音楽を演奏会用に4つの楽章に構成したもの。ロシア文学を原作にしたこの影絵劇は1953年の初演以来、藤城の代表作として知られるが現在では幻の作品となっている。オーケストラだけでなく、エレクトーンも巧みに使い、イワンと子馬の冒険を表情豊かに描いている。 ・「子供 [全文を読む]

NHK『ニュースウォッチ9』で放映された影絵も掲載!“光と影の詩人”藤城清治が描く日本の風景

PR TIMES / 2015年11月11日09時47分

[画像1: http://prtimes.jp/i/1719/811/resize/d1719-811-531209-1.jpg ] だれにも真似できない光と影の芸術作品で、老若男女を問わず絶大な人気をほこる藤城清治。 詩情豊かな幻想的な作風で定評を得る一方、日本各地を精力的に訪ね歩き、リアリティあふれる作品を次々と創り上げています。 本書は、そんな藤城清 [全文を読む]

【巻頭大特集】人気スポット完全ガイド かわいいに出会う絵本の旅【特製付録】tupera tuperaチケットホルダー。【絵本対談】『ムーム』発売記念 谷川俊太郎×川村元気。MOE8月号は7月3日発売!

DreamNews / 2014年07月02日12時00分

三鷹の森ジブリ美術館/タオル美術館ICHIHIRO/ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター/美ヶ原高原美術館/横須賀美術館/藤城清治美術館など。【特製ふろく】tupera tupera チケットホルダー。【絵本対談】新刊絵本『ムーム』発売記念 谷川俊太郎×川村元気。MOE8月号は、7月3日発売!MOE8月号、7月3日発売! ■ 巻頭大特集 ■ [全文を読む]

プロジェクションマッピングの進化系「Mediarium(メディアリウム)」を藤城清治美術館 那須高原へ提供

@Press / 2013年07月03日14時00分

株式会社アシュラスコープインスタレーション(所在地:東京都新宿区、以下:アシュラスコープ)は、2013年6月15日にグランドオープンした「藤城清治美術館 那須高原」へ、プロジェクションマッピングの進化系「Mediarium(メディアリウム)」(同社により開発中)を用いた常設展示コンテンツを提供いたしました。 【藤城清治美術館 那須高原での「Mediariu [全文を読む]

世界的影絵作家・藤城清治氏 被災地題材にした影絵展を開催

NEWSポストセブン / 2013年03月09日07時00分

ここに掲載した影絵は、世界的評価も高い影絵作家・藤城清治氏(88)が描き出した被災地の風景だ。なぜ藤城氏は、作品の題材に被災地を選んだのか。藤城氏が作品に込めた思いを、ノンフィクション作家・稲泉連氏がリポートする。 * * * 光があり、そして影がある。 ススキの穂、木の葉、道端の石、折れ曲がった鉄骨……。藤城清治さんは剃刀の刃によって、その一本一本、一葉 [全文を読む]

高橋大輔が愛される理由。

PR TIMES / 2016年12月01日10時23分

『家庭画報 1月号』通常版 特別定価 1,400円(税込) 『家庭画報 1月号』プレミアムライト版 定価 1,200円(税込) http://www.kateigaho.com/ [画像2: http://prtimes.jp/i/9728/232/resize/d9728-232-251430-1.jpg ] ●目次●(通常版) ・生誕260年、世界を [全文を読む]

トリップアドバイザー「トラベラーズチョイス(TM) 世界の人気観光スポット2016 ~博物館・美術館編~」を発表

PR TIMES / 2016年09月13日16時16分

この他、8位の『三鷹の森ジブリ美術館』(東京都三鷹市)、9位の『藤城清治美術館』(栃木県那須郡)と合計3施設がランキングに初登場しました。なお、『サムライ ミュージアム』は、2015年7月にオープンしたばかりにも関わらず、アジアランキングにも初登場し、25位に選ばれました。【日本の博物館・美術館 トップ10】(※括弧内は前年度順位。「初」は今年初登場。)[ [全文を読む]

フォーカス