福田和也のニュース

村上春樹最新小説が本日発売 前日深夜カウントダウンイベント、多数のファンで活況

Business Journal / 2013年04月12日07時10分

発売日の12日には、全国の書店でさまざまなイベントが開催されるほか、各地の駅コンコースに臨時発売所なども設置されるが、中でも注目を集めているのが、前日11日23時〜東京「代官山 蔦屋書店」で開催されたイベント「『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』世界で一番早く読めるカウントダウンイベント&深夜の読書会 with 福田和也」だ。イベントには全国紙各 [全文を読む]

代官山蔦屋書店で4月11日深夜、 村上春樹書き下ろし長篇小説発売記念イベントを行います!

PR TIMES / 2013年04月03日11時43分

世界で一番早く読めるカウントダウンイベント&深夜の読書会with福田和也」と題し、発売1分前からカウントダウンを行うほか、11日23時からは文芸評論家の福田和也さんをゲストに迎えて、村上春樹ファンのみなさんとともに、これまでの作品、そして「新作の内容」を自由に語り合う「深夜の読書会」を開催します。イベントへの参加は、代官山蔦屋書店からの告知およびフェイス [全文を読む]

『5時に夢中!』で「久しぶりの天才」と大絶賛された小説『QJKJQ』に注目集まる!

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月12日17時30分

中瀬はこれまでに編集者として、群ようこ、田辺聖子、福田和也、林真理子、町田康、柳美里、辻仁成などの人気作家を担当。彼らのエッセイに「ペコちゃん」「魔性の女A子」などの名前で登場する名物編集長こそ中瀬なのだ。そんな中瀬が「久しぶりの天才」とまで評してしまったので「今回のエンタメ番付の作品は特に面白そう」「早速読んだぞ」「Kindleでサンプル読んだら続きが [全文を読む]

親友に妻を”寝取らせた”谷崎潤一郎、“女遊び”に狂った石川啄木…『文豪ストレイドッグス』もビックリな文豪の“ゲス”エピソード

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月15日17時30分

『「文豪」がよくわかる本』(福田和也:監修/宝島社)を読むと、「おっと…さらにぶっ飛んでいるではないか…」と唖然とする。 ◎石川啄木 「はたらけど はたらけど 猶わが生活(くらし) 楽にならざり ぢつと手を見る」 清貧なイメージの啄木だが、その実、金銭トラブルの多い曲者であったという。金欠に悩むと、終生の友人・金田一京助は自らの家財を質に入れてまで啄木を援 [全文を読む]

舛添より酷かった石原慎太郎都知事時代の贅沢三昧、登庁も週3日! それでも石原が批判されなかった理由

リテラ / 2016年05月09日08時00分

これは、他の知事と比べても突出したもので、しかも相手の顔ぶれを見ると、徳洲会理事長の徳田虎雄氏や文芸評論家の福田和也氏など、ほとんどが石原氏の友人やブレーン。ようするに石原氏は"お友達"とのメシ代に税金を湯水のごとくぶっ込んでいたのだ。 さらに、海外視察も豪華すぎるものだった。石原氏は01年6月、ガラパゴス諸島を視察しているが、公文書によれば、その往復の航 [全文を読む]

電子版『文藝春秋SPECIAL』冬号を11月27日に発売 バックナンバーを値下げ!

@Press / 2014年11月26日13時30分

『「和」をもって尊しとせず リーダー伊藤博文』では、福田和也氏が明治維新から富国強兵まで、現在の日本の礎を作った伊藤博文にあるべきリーダーの資質を見出しています。今号を読めば、自分たちの国についてあらためて自信を持てるようになること間違いありません。 ■書誌情報 電子版『文藝春秋SPECIAL 2014冬号』 販売価格 :700円 ※電子書店により異なる場 [全文を読む]

フォーカス