木下博勝のニュース

プロレス界が証言する、ジャガー横田の“不倫夫”木下博勝氏の素顔「恐妻家キャラは、すべて演技」

日刊サイゾー / 2014年03月28日13時00分

というのも、ジャガーの夫、医師の木下博勝氏はこれまで恐妻家として知られてきたが、これがただの演技だからだ。夫婦そろって番組やイベントに出演した際、木下氏は必ずジャガー氏に暴力を振るわれたりして泣き顔。これが「リアルのび太」とも呼ばれ愛されてきたのだが、実際には、過去ハードコアパンクバンド「トランキライザー」のヴォーカルとして、ビジュアル系の風貌で絶叫、ス [全文を読む]

ジャガー横田の夫・木下博勝に愛人発覚。あまりのクズっぷりにドン引き!

messy / 2014年03月18日18時00分

元女子プロレスラーのジャガー横田(52)の夫であり、恐妻家キャラとしてテレビでタレント活動も行う医師の木下博勝(46)が、沖縄在住の女性と月額約20万円で愛人契約を結んでいたと、14日発売の「フライデー」(講談社)が報じた。 フライデーによると、この女性はエリさん(仮名・34)。優木まおみ似の美人だそうで、夜の仕事をしながらシングルマザーとして中学生の子供 [全文を読む]

人は見かけによらず!? ジャガー横田の夫・木下博勝氏の知られざる本性とは――

日刊サイゾー / 2014年03月17日11時00分

元女子プロレスラー・ジャガー横田の夫で医師の木下博勝氏が、沖縄で愛人を作っていたと14日発売の「フライデー」(講談社)が報じた。 同誌によると、木下氏は昨年9月、東京から通っている勤務先のクリニックのある沖縄で、中学生の娘がいるシングルマザーのこの女性と出会い、彼女の働くラウンジに足しげく通っていたという。 同誌には女性とのツーショット写真や、生々しいLI [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ジャガー横田、超英才教育息子をインターから日本の小学校へ 「色々な事が大変でした」

TechinsightJapan / 2016年11月30日19時15分

プロレスラーでタレントのジャガー横田と医師の木下博勝氏夫妻の間には、ひとり息子の大維志くんがいる。英才教育に熱心な木下氏に従い、息子さんが3歳になる頃から塾や習い事の付き添いに忙しかったジャガー。その大維志くんも今年で10歳、2016年は親子にとって大きな変化があった1年だったようだ。 一粒種の大維志くんが10歳になったことを、11月29日のブログで報告し [全文を読む]

BSフジ「BOAT RACE ライブ ~勝利へのターン~」 5月前半放送予定

Digital PR Platform / 2017年04月28日15時17分

【5月前半の放送予定】 7日 BOATRACE鳴門 GIII オールレディース第5戦 第33回渦の女王決定戦競走 11R(3日目) BOATRAEC戸田 第28回ウインビーカップ 12R(最終日) 宮本和知(元読売巨人軍投手/タレント) 丸山桂里奈(元女子サッカー日本代表/タレント) 14日 BOATRACE宮島 GI 開設63周年記念 宮島チャンピオン [全文を読む]

【保険市場コラム】一聴一積 ジャガー横田さんによる連載コラム「ジャガー横田の『前に進む勇気』」第3回『ハワイで出産!息子は生意気盛りに成長中』を掲載しました

PR TIMES / 2014年09月17日11時26分

2004年7月に木下博勝氏と結婚。2006年11月に待望の第一子・大維志君を出産。 現在も現役最古参女子プロレスラーとして活動しながら、その強烈なインパクトやママタレ、円満夫婦タレント、高齢出産の末の子育て等のイメージでタレントとしてもテレビ、ラジオ等各メディアにて幅広く出演している。 <関連リンク> 著名人によるコラム「一聴一積」 ジャガー横田さんの他に [全文を読む]

【保険市場コラム】一聴一積 ジャガー横田さんによる連載コラム「ジャガー横田の『前に進む勇気』」第2回『涙を流した体外受精失敗、そして念願の妊娠』を掲載しました

PR TIMES / 2014年09月03日16時03分

2004年7月に木下博勝氏と結婚。2006年11月に待望の第一子・大維志君を出産。現在も現役最古参女子プロレスラーとして活動しながら、その強烈なインパクトやママタレ、円満夫婦タレント、高齢出産の末の子育て等のイメージでタレントとしてもテレビ、ラジオ等各メディアにて幅広く出演している。<関連リンク>著名人によるコラム「一聴一積」ジャガー横田さんの他にも、伊藤 [全文を読む]

【保険市場コラム】一聴一積 ジャガー横田さんによる連載コラム「ジャガー横田の『前に進む勇気』」第1回『思いがけず結婚、そして覚悟の不妊治療』を掲載しました

PR TIMES / 2014年08月20日19時03分

2004年7月に木下博勝氏と結婚。2006年11月に待望の第一子・大維志君を出産。 現在も現役最古参女子プロレスラーとして活動しながら、その強烈なインパクトやママタレ、円満夫婦タレント、高齢出産の末の子育て等のイメージでタレントとしてもテレビ、ラジオ等各メディアにて幅広く出演している。 <関連リンク> 著名人によるコラム「一聴一積」 ジャガー横田さんの他に [全文を読む]

視聴者の神経を逆なで!? 番組ADを付き人扱い、ブラックカードしか持っていない神田うののセレブライフ

メンズサイゾー / 2014年08月12日17時05分

また、以前週刊誌にて夫で医師の木下博勝氏の不倫疑惑が報じられたジャガー横田(53)とともにバラエティ番組に出演した際には、ジャガーが夫の浮気について「浮気した場合はそっち(浮気相手)がよければそっちに行って下さい、ということ」と話すと、「夫婦は鏡っていうから、浮気される側にも責任があるわけ」と反論したうの。これについても、「自分が浮気されても同じこと言える [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】神田うの、夫の不倫騒動があったジャガー横田の前で「される側にも責任がある」。

TechinsightJapan / 2014年07月02日18時15分

プロレスラー・ジャガー横田の夫であり医師でタレント活動もしている木下博勝氏と愛人関係にあったという女性が、今年3月中旬に発売された写真週刊誌で証拠となる写真やLINEでのやり取りを公開した。女性とは一晩限りの浮気ではなく、木下氏から“医師となる男の子を産んでくれ”と迫られたとする記事には、驚いた人も多かっただろう。なぜなら木下氏とジャガー横田との間には、 [全文を読む]

不倫女性の自殺未遂、暴言、アナルプレイLINEも…新日プロレスラーが“リベンジポルノ”で引退の危機!?

messy / 2014年05月30日16時30分

3月に報じられた、元女子プロレスラーのジャガー横田(52)の夫でタレント活動も行っている医師の木下博勝(46)の不倫問題。この時、木下と不倫相手の生々しいLINEのやりとりが公開され、木下へのバッシングが相次いだ。このように不倫の証拠を世間に晒されれば、当人の社会的信用に大きく影響することは間違いないだろう。 奇しくもプロレスつながりか、先日には新日本プロ [全文を読む]

世界No.1シェア食洗機専用洗剤ブランド『フィニッシュ』がリニューアル ジャガー横田さんが新CMで“強さ”と“優しさ”をアピール 4月21日(月)からTVでオンエア開始

@Press / 2014年04月21日11時30分

新CMでは、ジャガー横田さんがイメージキャラクターとして登場するほか、夫で医師の木下博勝さんと息子の大維志(たいし)くんも出演しており、家族の暖かい絆を感じることができます。また、製品のコンセプトでもある“強さ”と“優しさ”が、ジャガー横田さんが木下さんを片手で持ち上げるシーンなどユニークな映像で表現されています。■「フィニッシュ パワー&ピュア」 TVC [全文を読む]

“坂上忍バブル”の次は野々村真!? CM起用に新番組で謎のブレイクのワケ

サイゾーウーマン / 2014年04月14日09時00分

さらに、ジャガー横田と結婚した木下博勝医師。“沖縄妻”を月20万円で愛人にしていたことがその“妻”にバラされてしまいました」 それに対して野々村家の暴露ネタは「お小遣いは月3万円」「家では妻にこき使われている」「大阪での仕事のときは前乗りしてキャバクラに行って羽を伸ばしている」という、可愛いものだ。しかも1男1女の良きパパでもある。そんな、どこにでもいそう [全文を読む]

【ウラ芸能】ジャガー横田、鬼嫁キャラ大ピンチ

NewsCafe / 2014年03月23日15時00分

デスク「この前、女史プロレスラーのジャガー横田(52)の夫で、タレント医師の木下博勝=ひろかつ=(46)が沖縄に愛人を囲っていたって写真誌に暴露されたよね…」記者「ああ、木下ってジャガーにコテンパンにやられる恐妻キャラやいい人のふりをして、内面は逆なんです」デスク「そうなの?」記者「ジャガーが不妊治療に挑み失敗した頃、木下は愛人に対し『僕の子供を産んで欲し [全文を読む]

北斗晶一家 「家族の絆リレー」キャスティングに異論が続出!「小林幸子&元社長が走れば感動するのに…」

アサ芸プラス / 2012年06月25日11時00分

「この佐々木夫妻といえば、ジャガー横田、木下博勝夫妻から仕事を全て奪った形で、完全に勝ち組ファミリーじゃないですか。そんな幸せ一家が走って、絆を見せつけられても、感動は生まれにくい。むしろ、絆の危うい人たちこそ、それを取り戻すために走るべきなんです。『感動=清廉潔白』ではないと思います」 これを踏まえて掟氏は、〝追い出し騒動〟がいまだ収束しない、あの歌手 [全文を読む]

フォーカス