辰野金吾のニュース

「俺は頭が良くない。だから人が一する時は二倍努力してきた」(辰野金吾)【漱石と明治人のことば103】

サライ.jp / 2017年04月13日06時00分

だから、人が一する時は二倍、二する時は四倍必ず努力してきた」 --辰野金吾 辰野金吾は、幕末の嘉永7年(1854)、肥前の国(現・佐賀県)唐津の城下に生まれた。 帝国大学工部大学校(現・東京大学工学部)でコンドルに学び、工部省派遣留学生としての4年間の英国・欧州留学を経て、母校の教授となり、明治日本の建築界に君臨していく。 掲出のことばは、その辰野金吾が息 [全文を読む]

日本の鉄道の起点・東京駅の歴史を一望 「東京駅100年の記憶」展

太田出版ケトルニュース / 2014年12月11日12時59分

日本銀行本店、日本銀行大阪支店、奈良ホテルなど、日本建築史に名を残す建築物を手がけた建築家・辰野金吾により丸の内駅舎が設計された東京駅だったが、1945年の東京大空襲により大部分を焼失した。その後、幾度となく高層ビルへの建て替えが議論されたものの、建築家らを中心に保存を求める声が登場。最終的に保存されることが決まり、2012年に復原工事が完了した。 展覧会 [全文を読む]

日本人の建築理念が詰まった建物、東京駅を見てみよう=中国メディア

サーチナ / 2017年05月29日13時12分

一番最初に駅舎をデザインしたのはドイツ人の建築師で、そのプランには日本の山車など大量の伝統的な和のエッセンスが盛り込まれていたが、最終的にデザインを担当した日本の辰野金吾が外観からこれらの日本的な要素をすべて消し去り、純洋風建築に変更されたと伝えた。 そして、デザインを変更した理由について辰野が「歴史や伝統は建築において当然重要だが、重視すべき日本文化は山 [全文を読む]

「禁酒いたしました。ついに李白たるあたわず」(小川未明)【漱石と明治人のことば101】

サライ.jp / 2017年04月11日06時00分

ちなみに、高橋是清の唐津時代の教え子のひとりが、のちに日本の建築界を背負う辰野金吾である。 文/矢島裕紀彦 1957年東京生まれ。ノンフィクション作家。文学、スポーツなど様々のジャンルで人間の足跡を追う。著書に『心を癒す漱石の手紙』(小学館文庫)『漱石「こころ」の言葉』(文春新書)『文士の逸品』(文藝春秋)『ウイスキー粋人列伝』(文春新書)『夏目漱石 1 [全文を読む]

美術鑑賞とソーシャル拡散は両立するか? アーティスト束芋の回答

ニューズウィーク日本版 / 2017年02月03日15時00分

会場となる京都文化博物館・別館は、日本銀行京都支店として辰野金吾が設計した名建築。空間からインスピレーションを得て制作することが多いという束芋が、会場をモチーフにつくった映像により、実際の空間と映像とが一体となります。そこに、携帯電話(インターネット)の中と外を表現するようなイメージが重なることで、バーチャルとリアルがあいまいになる不思議な体験が味わえるで [全文を読む]

江戸から続く、東京の都日本橋で大人と子どもの社会見学!創業343年の日本橋三越建造物ツアー

FASHION HEADLINE / 2016年08月08日18時00分

日本建築界の重鎮・辰野金吾による「日本銀行本店」、アメリカンルネッサンス仕様の「三井本館」、古今東西の美を集めた「日本橋高島屋」、そして日本一有名な橋「日本橋」など、徒歩10分ほどの圏内に、重要文化財に指定されている名建築が建ち並ぶ日本橋。そんな中、新たに「日本橋三越本店」が国の重要文化財として指定されることに。そこで日本の百貨店建築のパイオニアともいえる [全文を読む]

移住者続出!「住みたい田舎ベストランキング」1位は兵庫&鳥取のアノ町

Woman Insight / 2016年01月09日18時30分

国の重要文化財に指定されている辰野金吾設計の楼門は多くの観光客が訪れる名所に。武雄焼陶磁器でも有名。 ★佐賀県武雄(たけお)市のHPはこちら http://www.city.takeo.lg.jp/ 大分県豊後高田(ぶんごたかだ)市 ……千年の時を越えて受け継がれてきた美しい自然、六郷満山文化の歴史が織り成す風土、そして古い時代が息づく町として知られ、4年 [全文を読む]

オリンピックと建築家

ニューズウィーク日本版 / 2015年12月24日12時12分

御雇外国人建築家にもっぱら頼んできた記念碑を初めて日本人建築家に託そうと明治政府が考えた時、まず名の挙がったのは辰野金吾ではなく山口半六だった。山口は大学南校を出てフランスに学び、帰国後は文部省に入り、大学や高等学校を手掛け、文部省内のランクは、森有礼大臣に続きナンバー3の地位にあった。 山口に分があった。にもかかわらず辰野に指名が下ったのは、当時日銀を仕 [全文を読む]

全日空は堺港から飛び立った/純丘曜彰 教授博士

INSIGHT NOW! / 2015年11月05日02時00分

「潮湯」は、辰野金吾が作ったとされる別館が、室戸台風の後の1935年に河内長野あまみ温泉に移築され、現在もなお旅館「南天苑」として生き続けている。一方、井上は、戦後、「極東航空」を再建し、これこそが国策の「日本航空」と対抗して、自力で世界にまで羽ばたいていくことになる民間航空会社の「全日空」へと発展。また、救難用として評価の高い国産飛行艇US-2は、防衛省 [全文を読む]

重文指定がない河鍋暁斎作品に「すぐ指定すべき」と美術史家

NEWSポストセブン / 2015年08月24日16時00分

酒井さんは大学で建築を専攻したのでご存じでしょう?酒井:はい、東京駅、迎賓館をそれぞれ設計した辰野金吾、片山東熊の師で、「日本建築の父」として知られています。鹿鳴館や御茶ノ水のニコライ堂、この展覧会の会場の三菱一号館も設計していますね。山下:明治14年に開催された第2回内国勧業博覧会の会場である上野博物館も設計していますが、暁斎はその博覧会に出品した『枯木 [全文を読む]

菊川怜が松江哲明監督に撮ってほしい映像とは!?

Smartザテレビジョン / 2015年05月12日23時43分

また菊川は「建築家の辰野金吾らが設計し、ことし開業100周年を迎えた東京駅とか見てみたいですね。そこに流れる歴史や人間模様をどう表現するのかな」と目を輝かせた。 日頃ノンフィクション、ドキュメンタリー作品を手掛ける松江監督には、菊川や松崎氏、さらには来場者から「あれだけ作り込まれて、想像のナレーションという演出までついて『ドキュメンタリー』と言えるのか」 [全文を読む]

建築学科卒業の菊川怜、ヴェンダース製作総指揮「もしも建物が話せたら」について語る!

PR TIMES / 2015年05月11日14時37分

例えば東京駅なんて辰野金吾という人の名作ですが、あそこには100年の歴史があります。そこに生まれる人間模様を描き出すとドラマチックなんじゃないでしょうか」と。 招待者からの質疑応答も交え、トークショーは盛り上がっていった。 WOWOWオリジナルドキュメンタリー 国際共同制作プロジェクト「もしも建物が話せたら」 5月16日(土)午後1:00 前編、23日(土 [全文を読む]

5万円コース誕生で、返礼ギフトのニーズに手厚く応えるシリーズに。

PR TIMES / 2015年04月01日15時15分

村野藤吾が手掛けた「三養荘」「志摩観光ホテル クラシック」、辰野金吾設計の「奈良ホテル」ほか、6人の建築家(渡辺明、テレンス・コンラン、清家清、吉村順三)のプランをそれぞれページ見開きでたっぷりと紹介。贈られた方の目を楽しませ、知的好奇心を満たします。もう1つの特集は、「サライ カタログギフト限定品」。宮内庁御用達の名誉を得た日本初の銀製品専門店『宮本商行 [全文を読む]

「美の巨人たち」初!美しい『世界の駅』にスポット

Smartザテレビジョン / 2015年02月20日17時21分

明治を代表する建築家・辰野金吾の思惑に触れる。 3月7日(土)放送の第3週では、マレーシアにある「クアラルンプール駅」の建築美を紹介。その美しさに隠された、新しい首都のランドマークとして民族を超えた中央駅建設への情熱を探る。 3月14日(土)放送の第4週では、栃木「日光駅」を取り上げる。1912年に竣工されたが、設計者が誰なのかは長い間謎となっており、判明 [全文を読む]

21日から「世界の駅シリーズ」放送!テレビ東京「美の巨人たち」

PR TIMES / 2015年02月18日13時49分

設計者は明治を代表する建築家・辰野金吾。日銀本店や奈良ホテルなどを手掛けてきました。しかし日本を代表する駅なのに、なぜ西洋式レンガ建築にこだわったのか?そこには100年建ち続けた駅の秘密が…。そして、保存・復原工事によって見えてきた、完成当初の職人たちの美へのこだわりとは?第3週/3月7日 『クアラルンプール駅』 (マレーシア) ※3月7日は放送時間が変更 [全文を読む]

ネオ・バロック様式の日銀本店本館 重文指定で一般見学可能

NEWSポストセブン / 2014年12月17日07時00分

「日本初の建築家」の一人として知られる辰野金吾は、設計のために欧米で1年余り銀行建築を視察した。 地上3階、地下1階の建物は中庭を囲んで「コの字型」に配置され、入り口に障壁が造られるなど、さながら砦のよう。外観は“辰野式”と異なり、全体を石で覆い威厳が演出された。建築様式は、正面と左右に柱を配したバロック様式に、窓を規則正しく並べたルネサンス様式を加えた [全文を読む]

開業100周年の東京駅 「日本初の建築家」辰野金吾の集大成

NEWSポストセブン / 2014年12月11日07時00分

堂々たる風格で佇む歴史的建造物の設計者は「日本初の建築家」の一人、辰野金吾だ。 「東京駅の外観はさながら、横綱の土俵入りのよう。丸いドーム屋根は大銀杏。横長の駅舎は両手をいっぱいに広げ、ググッと腰を割った低い姿勢。中央入り口はクイッとアゴをあげた顔──。威風堂々たる雄姿です」 東京大学名誉教授で建築史家の藤森照信氏がこう表現する東京駅は、辰野の集大成であり [全文を読む]

開業100周年迎える東京駅 国家の威信をかけた首都の玄関口

NEWSポストセブン / 2014年12月09日07時00分

そんな歴史的建造物を造り上げたのが「日本初の建築家」の一人、辰野金吾だ。 東京駅の建設計画がスタートしたのは1890年代のこと。日露戦争の勝利を背景に国家の威信を象徴する建造物となるよう計画は次第に拡大され、6年半の工事期間を経て完成。最終的に地下1階、地上3階、全長335mという壮大な駅舎になった。中央に天皇専用の正面玄関が配置されたのは、「天皇のための [全文を読む]

“駅舎”の有田焼が光る「ハイクラウン ふたつぼショップ」、東京駅に期間限定オープン

えん食べ / 2014年10月28日17時10分

今年開業から100周年を迎える東京駅だが、駅舎をデザインした辰野金吾氏(建築家)は佐賀県出身なのだそうだ。 「Hi-CROWN TOKYO Mendiant(ハイクラウン東京マンディアン)」(2,300円)は、有田焼の窯元「福泉窯」が手がけた有田焼の器に、佐賀県産いちじくや白石レンコンなどがトッピングされた、オリジナルマンディアン。購入すると「嬉野 深蒸し [全文を読む]

大きく見やすくなってさらに楽しい『ワイド版 東京今昔散歩』で時空散歩!

PR TIMES / 2014年04月26日10時35分

わずか5年ですが、 東京スカイツリーがそびえ立ち、辰野金吾設計の東京駅丸の内駅舎の復原工事が完成し、丸の内のジョ サイア・コンドル設計の三菱一号館も明治時代の姿がよみがえりました。2008年版の文庫版の現 代写真と、2014年版のA5判のワイド版の現代写真との間で、今昔の差が現れるほど、東京の景観は刻々 と変わっています。100年もすれば、本書の「現代」写 [全文を読む]

フォーカス