高木大成のニュース

【プロ野球】《“捕手のドラ1”を振り返る》名捕手が多数出現! 歴代“捕手ドラ1”の通算成績は?

デイリーニュースオンライン / 2016年10月15日17時05分

(◆=捕手以外での出場多数、★=現役) ※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■歴代“捕手ドラ1”の通算成績 【1965年】 大塚弥寿男(早稲田大→東京オリオンズ) 229試合:打率.178/4本塁打/16打点/0盗塁 1軍実働=7年 【1966年第1次】 ◆須山成二(広陵高→広島) 【野手】4試合:打席なし 【投手】2試合: [全文を読む]

捕手から一塁にコンバートした選手は誰がいる?

ベースボールキング / 2017年03月03日11時15分

その他、田淵幸一、衣笠祥雄、吉永幸一郎、高木大成らも捕手から一塁へコンバートした選手だ。今季から本格的に一塁に挑戦する原口は、レギュラーの座を掴み、彼らのように活躍できるか注目だ。 [全文を読む]

ホテルが提案する新しい学習体験「ホテ育」とは?

Walkerplus / 2015年07月08日21時42分

グローブ作り体験では、元プロ野球選手の高木大成氏も参加する。ボディパーカッションを体感するミュージック体験、パティシエとのお菓子作り体験など、プロフェッショナル講師による実践体験を楽しみながら学習する。 2日目は“外育”を学ぶ。モノレールに乗って出掛ける鉄道体験や、「大使館ってどんなところ?何をするところ?」をテーマに、オランダ大使館を訪問するリトルアンバ [全文を読む]

西武・森友哉は打てる捕手として育てるべき? だが、元千葉ロッテ・里崎氏「結局は本人次第ですよ」

週プレNEWS / 2015年06月03日06時00分

西武は高木大成(たいせい)や和田一浩(現中日)をコンバートさせた過去があるだけに「またか…」と思うファンも少なくないだろう。 「キャッチャーとして育てたいなら打撃が好調な今こそマスクをかぶらせて経験を積ませないとダメです。打てなくなってからキャッチャーをやらせても、なんの魅力もない選手になってしまう。それなら守備力に勝る炭谷を正捕手にしたままのほうがいいで [全文を読む]

あの「華麗なる転職美女」23人の今(1) 相澤仁美→グラドルバー店員 中野友加里→フジテレビ

アサ芸プラス / 2012年02月28日10時54分

元西武ライオンズの高木大成との破局以来、結婚の話は聞こえてきませんでしたが、難関の弁護士バッジを手にした今、年下の法曹関係者との恋の噂が早くも流れ始めています」 テレビ局を退社して夢をつかむ美女がいれば、スポーツ界からフジテレビ社員に転身したのが、元フィギュアスケート選手の中野友加里(26)。6種類のトリプルジャンプとドーナツスピンを武器に氷上を舞い続ける [全文を読む]

フォーカス