鬼塚勝也のニュース

カリスマ、鬼塚勝也が現役時代に苦悩したコンプレックス… 「望んでいた高みに到達しても、そこには何もなかった」

週プレNEWS / 2014年12月27日11時00分

今回は、突き抜けたカリスマ性でファンを魅了した鬼塚勝也! どこまでもストイックに戦い続けたその姿の裏には、現役時代には決して明かすことのなかったコンプレックスが隠されていた。 *** 現役時代の鬼塚氏は、常に鬼気迫るオーラを発する孤高の人であった。ひとたび試合が決まれば、ファンやメディアに愛想笑いを見せることもなく、「マスコミ嫌い」とささやかれもしたが、 [全文を読む]

【書評】ボクシングの「命がけの現場」で生まれたダイエットの説得力

まぐまぐニュース! / 2016年06月02日03時48分

ピューマ渡久地氏が現役時代、同期のライバルの友人である元WBA世界スーパーフライ級王者・鬼塚勝也氏が現役引退後にトレーナーについてくれたことがあった。 福岡県北九州市にある鬼塚勝也氏の実家に泊り込んでの合宿を行うことになったが、渡久地聡美氏が食事の管理をしたときに、鬼塚氏の母とよく作ったのが、餃子だった。 最初は餃子は北九州市のご当地グルメの一つなんだろ [全文を読む]

高橋大輔の解説が台本棒読み…! イマイチな元選手の解説者5選!

tocana / 2016年05月07日09時00分

【3】鬼塚勝也(ボクシング) WBA世界スーパーフライ級王座などプロボクサーとして輝かしい成績を残した鬼塚勝也も引退後は解説者となった。だが、彼は客観的な解説を行わないといわれ、特に亀田興毅らの亀田ファミリーに甘いことで知られた。 2007年の亀田大毅と内藤大助戦では、亀田サイドが会場や視聴者から総スカンを食らっていたにもかかわらず、終始亀田有利の解説を行 [全文を読む]

業界初の溶岩浴+美容医療の「ダイエット外来」誕生、2ヶ月で痩せる!?

美容最新ニュース / 2016年09月08日19時15分

オプションで、元世界チャンピオン鬼塚勝也氏とのボクササイズパーソナルトレーニングも受けることができる。マグマスパは、富士山溶岩の下に水晶やアメジストなどの薬石層があり、水蒸気内に様々な鉱物やミネラルが含まれている。そのため一般的な岩盤浴やホットヨガと違い、温泉浴と同じ作用が得られる。また、皮脂腺からの発汗を促すため、尿から排出できない重金属類のデトックス効 [全文を読む]

映画「シュールな男」2015年9月29日19時~ TOHOシネマズ日本橋にて特別上映舞台挨拶を実施します!

DreamNews / 2015年09月28日17時00分

元世界チャンピオン・鬼塚勝也氏の付き人を経て、アメリカ、タイ等で格闘技武者修行。 数年後にはボクシングや総合格闘技のトレーナーライセンスを取得。 総合格闘技世界チャンピオンの打撃トレーナーも努めた。 2000年に世界的スポーツメーカー『ナイキ』のオールアジア・オセアニアモデルでデビュー。 2003年には、アジア人2人目となる『リーバイス』オールアジアTV [全文を読む]


いまだ現役“浪速のジョー”が過去を語った!そして「辰吉の子がボクシングやる、世界チャンピオンになる、当たり前や」

週プレNEWS / 2014年12月22日06時00分

現在も引退せず日々トレーニングに取り組む (取材・文/友清 哲 撮影/ヤナガワゴーッ!) ■週刊プレイボーイ52号(12月17日発売)「語り継がれる“あの一戦”の舞台裏を本人に直撃! ボクシング伝説の瞬間」より(本誌では、具志堅用高、鬼塚勝也、竹原慎二、畑山隆則、内藤大助、西岡利晃のインタビューも掲載!) [全文を読む]

内藤大助があの亀田戦をいま振り返って語る!「ヒールを目指した自分が逆に“いい人”に…人生ってわからないもんです」

週プレNEWS / 2014年12月19日11時00分

フライ級における最短KO負けの記録と、日本タイトルマッチ史上の最短KO防衛記録を保持し、“最短男”の異名を持つ (取材・文/友清 哲 撮影/田村孝介) ■週刊プレイボーイ52号(12月17日発売)「語り継がれる“あの一戦”の舞台裏を本人に直撃! ボクシング伝説の瞬間」より(本誌では、具志堅用高、辰吉丈一郎、鬼塚勝也、竹原慎二、畑山隆則、西岡利晃のインタビュ [全文を読む]

香川照之のボクシング中継への賛否両論がツイッターを席巻!!

tocana / 2014年05月09日15時00分

前半戦の井岡の苦戦を「チャンピオンに敬意を表し、見るような回になった」と評し、後半には「チャンピオンのパンチが流れてきていますね」「この回、取りたいですね」「手数が必要ですよね」「(最終ラウンドは)人生の全てをかけて出てほしい」と勝つためにやらなければいけないことを指摘し、それに元チャンピオンの内藤や鬼塚勝也も同調する。 香川が解説をリードし、元チャンピオ [全文を読む]

メタボ腹がみるみる凹む「餃子ダイエット」(1)ビールを飲みながら餃子を食べるだけ

アサ芸プラス / 2013年08月06日09時54分

アマチュアの時から同期のライバルで友人の鬼塚勝也さんが、渡久地のトレーナーを買って出てくださり、鬼塚さんの北九州市の実家で、泊まり込みの合宿をしたんです。その時に、鬼塚さんのお母さんがよく作ってくださったのが餃子。それがまた絶品で、男性陣は毎日平均30個は食べていました。ところが、それだけ食べても体重が増えない。それがヒントで私の餃子研究が始まりました」 [全文を読む]

フォーカス