松本匡史のニュース

【プロ野球】打撃技術と反比例?”平成の盗塁”はなぜ劣ったのか

デイリーニュースオンライン / 2016年02月27日17時00分

1967年 柴田 勲 (巨人)70盗塁 1982年 松本匡史 (巨人)61盗塁 1983年 松本匡史 (巨人)76盗塁 1983年 大石大二郎(近鉄)60盗塁 1985年 高橋慶彦 (広島)73盗塁 1997年 松井稼頭央(西武)62盗塁 2003年 赤星憲広 (阪神)61盗塁 2004年 赤星憲広 (阪神)64盗塁 2005年 赤星憲広 (阪神)60盗 [全文を読む]

角盈男×新浦壽夫×松本匡史・巨人OB特別放談“巨人が大混セから抜け出せない理由を明かそう”「巨人の4番に求められるもの」

アサ芸プラス / 2015年09月23日17時56分

角 現時点では、何だかんだ言っても4番は阿部しかいない。他の選手もそれはわかっている。だから自分が4番に抜擢されると「阿部さんが6番なのに、俺が4番でいいの」と、いらぬ気を遣ってしまう。松本 打線がつながらないから、チャンスでクリーンアップに打席が回ってきても信頼しきれずにバントをさせる。ふだんバント練習なんかしていない村田修一や坂本勇人にやらせるから失敗 [全文を読む]

角盈男×新浦壽夫×松本匡史・巨人OB特別放談“巨人が大混セから抜け出せない理由を明かそう”「阿部の使い方について」

アサ芸プラス / 2015年09月22日17時56分

角 小林を育てる態勢ができているかという問題もありますね。今、一軍バッテリーコーチは秦真司でしょう。彼はプロ入り時こそ捕手でしたが、そのあとは主に外野手だった。そういうキャリアの人がプロの捕手を育てられるかは疑問です。ただ、秦の名誉のために付け加えておくと、現役時代から勝負強い打者で、その方面でのコーチングには定評がある。それだけに、適材適所の配置転換も必 [全文を読む]

角盈男×新浦壽夫×松本匡史・巨人OB特別放談”巨人が大混セから抜け出せない理由を明かそう”「巨人の優勝は厳しい」

アサ芸プラス / 2015年09月21日09時56分

角盈男氏、新浦壽夫氏、松本匡史氏の論客OBが、独自の分析とともに舌鋒鋭く愛のムチを振るう!角盈男 セ・リーグの優勝争いは阪神、ヤクルト、巨人の3チームにしぼられた形だけど、負け数が多い巨人は厳しいかもしれない。新浦壽夫 巨人は試合の消化ペースも阪神やヤクルトより早いしね。松本匡史 逆転Vのためには阪神、ヤクルトとの直接対決に全勝することが絶対条件だと思うけ [全文を読む]

【プロ野球】《里崎智也のプロ野球語り呑み》「神走塁」鈴木尚広が認める「神の足」は誰?

デイリーニュースオンライン / 2017年04月10日17時05分

大石大二郎、西村徳文、高橋慶彦、松本匡史、石井琢朗、屋鋪要、飯田哲也、松井稼頭央、西岡剛、片岡治大、梶谷隆幸、西川遥輝、鈴木尚広……。このなかからベスト5を見事に当てた人がいたことに驚かされる。観客の野球リテラシーの高さを物語っているだろう。 こうした観客参加型の企画も『里崎智也のプロ野球語り呑み』の名物のひとつ。毎回、趣向を凝らした企画が用意され、白熱す [全文を読む]

長嶋茂雄と「伝説の巨人OB」が集結!!

日刊大衆 / 2016年11月30日11時30分

この日は、長嶋氏のほかに、中畑清、松本匡史、角盈男、定岡正二、篠塚和典、元木大介の巨人軍OB6氏も参加。“地獄の伊東キャンプメンバー”が集結したということだ。「地獄の伊東キャンプとは、長嶋第一次政権5年目の1979年、巨人が5位に終わり、世代交代のためにも長嶋監督が若手選手を18人連れて、1か月間合宿をしたんです。その中に、中畑、松本、角、篠塚がいたんで [全文を読む]

東北レイア鹿児島県・鹿屋体育大学に秋季合宿

PR TIMES / 2015年11月04日14時24分

[画像: http://prtimes.jp/i/12652/31/resize/d12652-31-948476-0.jpg ] 【予定】 11月4日(水) 松本匡史アドバイザーより講義 11月5日(木) 神村学園女子硬式野球部との練習試合、合同練習、メディアトレーニング 11月6日(金) パフォーマンステスト・測定、川口知哉バッテリー総合コーチより講 [全文を読む]

江川卓は100メートル走では松本匡史より速かったと定岡正二

NEWSポストセブン / 2015年05月07日07時00分

100メートル走なら松本匡史さんより速かった。 一方の西本はこれと決めた時の頑固さがあった。意外だといわれるんですが、地方遠征でも江川さんとはよく食事に行ったけど西本とは行ったことがないんです。西本は誰かをライバルにして、それを糧にして頑張っていた。意識的に群れなかったんだと思います」 江川と西本のライバル関係には、多くの物語がある。詳細は現在『ビックコミ [全文を読む]

元巨人・吉村と激突の栄村忠広氏 取材依頼を断り続けていた

NEWSポストセブン / 2014年09月21日16時00分

しかも、前年限りでセ・リーグ盗塁記録を持つ“青い稲妻”の松本匡史が引退。当時の巨人には、ほかに足の速い選手がおらず、いわば栄村は“ドームの申し子”として活躍を期待されていました」 たしかに、当時の『プロ野球選手名鑑』(日刊スポーツグラフ特別号)の寸評欄を見ると、後楽園球場最終年の1987年版には「ポスト松本一番手。ファーム一の強肩で守備範囲広い」、東京ドー [全文を読む]

第20回 ダイワハウス 全国少年少女野球教室に特別協賛します

PR TIMES / 2014年04月22日11時20分

メイン会場は、2012年の福島県、2013年の岩手県につづき、東日本大震災の被災地域の宮城県石巻市に決定し、地元宮城県出身の若生智男(元阪神)をはじめ、大矢明彦(元ヤクルト)、松本匡史(元巨人)、飯田哲也(元ヤクルト)などが指導する予定です。 【 5月11日 48会場で同時開催 】 対 象 者 :小学4年生~中学3年生 人 数 :約1万2000人 プロ野 [全文を読む]

フォーカス