山下敬吾のニュース

藤沢里奈三段、山下敬吾九段にどこまで食らいつけるか

NHKテキストビュー / 2016年12月07日15時00分

第64回NHK杯2回戦 第3局(2016年8月21日放送)は、山下敬吾(やました・けいご)九段(黒)が、藤沢里菜(ふじさわ・りな)三段(白)を迎え撃った。内藤由起子さんの観戦記から、序盤の展開をお伝えする。* * *楽しみな一戦だ。トップ棋士山下敬吾九段に、1回戦で王銘琬九段を破った藤沢里菜三段がどこまで食らいつけるか注目だ。対局前の控え室は和やかな雰囲気 [全文を読む]

女流棋士受難のシリーズ? タイトルホルダー同士の戦い

NHKテキストビュー / 2017年02月11日08時00分

藤沢里菜三段は山下敬吾九段に、鈴木歩七段は余正麒七段にそれぞれ討ち取られた。そして本局だ。女流陣最後の砦(とりで)の謝依旻女流本因坊(対局時は女流本因坊のため、本文は女流本因坊で表記)の相手は張栩NHK杯(肩書は2016年10月20日現在)。張と山下はともに一時代を築き、今でも打倒井山裕太棋聖を期待されているベテランだ。余は秋の王座戦で初の番碁出場を果たし [全文を読む]

山下敬吾九段、棋聖戦七番勝負での封じ手を語る

NHKテキストビュー / 2016年12月10日15時00分

「まあ、泣かなくはなりました」と笑う山下敬吾(やました・けいご)九段。11月号の「シリーズ一手を語る」は、数々の名局の中、最も印象深い一手のお話です。* * *■子どものころからの夢の舞台今回は、初めての二日制――棋聖戦の七番勝負の中から一手を選ばせていただきました。三大タイトルの七番勝負というのは、子どものころからの一番の目標であり夢でしたので、その舞台 [全文を読む]

目指せ井山棋聖! ハイレベルな戦いにプロも驚いた少年少女囲碁大会

NHKテキストビュー / 2016年12月05日15時00分

* * *■目指せ井山棋聖!井山裕太棋聖、山下敬吾九段など、日本を代表する棋士たちの飛躍のきっかけとなってきた「少年少女囲碁大会」。今年の新人王戦の決勝を戦った谷口徹二段は9年前、大西竜平二段は5年前、いずれも小学生の部で優勝している。テレビ解説を務めた一力遼七段も11年前、小学校2年のときに宮城県代表で一度だけ出場したが、初日の予選リーグで敗退したという [全文を読む]

~「第37期囲碁名人戦七番勝負第3局」~ 「シーガイアコンベンションセンター」で開催 一般参加の前夜祭・大盤解説会も同時開催

PR TIMES / 2012年09月21日09時44分

当リゾートでの第3局開催にあわせ、9月26(金)には、名人 山下敬吾、挑戦者 羽根直樹両氏を囲んでの前夜祭、そして27日(土)、28日(日)の2日間は、「攻めて、攻め倒して防衛したい」と語る山下名人と、「しのぎではなく、パワーで対抗したい」と対抗する挑戦者の羽根九段という、現代囲碁界をひっぱる2人の激戦を、分かり易い解説と共に観戦する大盤解説会を開催いた [全文を読む]

フォーカス