小田幸平のニュース

オタクでも「自信を持って」 元中日捕手・小田幸平に聞くコミュニケーション術

おたぽる / 2016年02月26日20時00分

読売ジャイアンツ、中日ドラゴンズで控え捕手として17年間プレーしてきた、元プロ野球選手の小田幸平。その守備力の高さから、上原浩治(レッドソックス)、山本昌(元中日)をはじめ、球界を代表する多くの投手から信頼を集め、またファンからも愛されキャラとして人気を博していた彼が、2016年1月に著書『心を軽くする超戦略的「人間関係論」』(ベストセラーズ)を刊行した。 [全文を読む]

【プロ野球】FAの人的補償をチャンスに変えた選手たち

デイリーニュースオンライン / 2015年01月12日11時50分

1996年 川辺忠義投手(河野博文の補償で巨人→日本ハム) 2002年 平松一宏投手(前田幸長の補償で巨人→中日) 2002年 ユウキ投手(加藤伸一の補償で近鉄→オリックス) 2006年 小田幸平捕手(野口茂樹の補償で巨人→中日) 2006年 江藤智内野手(豊田清の補償で巨人→西武) 2007年 吉武真太郎投手(小久保裕紀の補償でソフトバンク→巨人) 2 [全文を読む]

世界と戦うなら清原、黒ノリらで「落ち武者Japan」結成を

NEWSポストセブン / 2017年03月13日16時00分

そこで清原を推す関係者らは、サポート役として一昨年に引退した小田幸平(元・巨人、中日)の名を挙げた。「小田は清原と懇意で、深夜でも清原の電話1本で駆けつけた。プロレス技をかけられても笑顔を絶やさない小田の存在は、清原の精神安定剤となるはず」(同前) 内野手では、中村紀洋(元・近鉄、中日ほか)も“大人気”だ。「豪快なフルスイングで通算404本塁打を放った中村 [全文を読む]

元プロ選手が学生野球の指導を行うために必要なこと ~前編~

ベースボールキング / 2017年01月04日12時00分

宮本さん以外にも、元ソフトバンクの斉藤和巳さんや、元中日の小田幸平さんも受講されていました。 [全文を読む]

最年長勝利の世界記録めざす中日・山本昌「僕にはまだ野球の神様から託された使命がある」

週プレNEWS / 2015年01月18日11時00分

フルカウントになったところで、山本昌はキャッチャー、小田幸平の出すサインに首を振った。 「フルカウントになって、次の5番バッターがマートンでしょ。ゴメスを歩かせて満塁でマートンというのがイヤだったんですよ。だから、割とストライクが取りやすいインコースの真っすぐか、スクリューのサインが出ればいいなと思ったんです。 でも、首振っても幸平がサインを変えてくれなか [全文を読む]

今年の「プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達」が豪華すぎると話題に

AOLニュース / 2014年11月05日17時30分

【巨人】越智大祐投手,クリス・セドン投手,星野真澄投手,田中太一投手,井野卓捕手,加治前竜一外野手【阪 神】西村憲投手,高山久外野手,森田一成内野手,建山義紀投手【広島】キラ・カアイフエ内野手,梅津智弘投手,上村和裕捕手,ブライアン・バリントン投手,ザック・フィリップス投手【中日】アレクシス・ゴメス外野手,矢地健人投手,辻孟彦投手,井上公志投手,小田幸平[全文を読む]

巨人・阿部、一塁転向で確実視されるFA捕手補強は楽天・嶋か西武・炭谷?

AOLニュース / 2014年10月30日13時20分

現在、こうしたFAによる実力派捕手の獲得と並行し、かつてFAの人的補償により、巨人から中日へと移籍し、今オフ戦力外となった小田幸平捕手(37)について、ベテランの控えとして呼び戻すというプランも浮上しているという、巨人の捕手事情。果たして、来季の開幕戦でスタメンマスクを手にするのは、一体どの選手なのだろうか。 文・大貫明 [全文を読む]

プロ野球“ストーブリーグ”突入で「お荷物&嫌われ者」は一挙大粛清か?(1)落合GMは自軍の選手をコキ下ろし

アサ芸プラス / 2014年10月14日09時57分

給料ドロボーに反発分子‥‥悲哀と非情渦巻く大粛清ストーブリーグを嘆息実況! 10月1日、小田幸平(37)、ブーちゃんこと中田亮二(26)、堂上剛裕(29)ら大量10選手に戦力外通告を行ったのは、谷繁元信兼任監督(44)の下、2年連続Bクラスに沈んだ中日だった。解雇を決定した落合博満GM(60)は今年1月のトークショーで、小田については次のように話し、すでに [全文を読む]

清原和博 日ハム・中田翔に公開絶縁を突きつけた戦慄真相(2)現役選手も深夜に電話で呼び出し

アサ芸プラス / 2014年04月01日09時57分

さらに、05年オフに中日に移籍した小田幸平(37)はまだ現役ですが、引退後の清原氏が夜中でもかまわず飲みに誘ってくるので、徐々に電話に出なくなり、ついには返信すらしなくなったといいます」(元巨人軍関係者) この深夜の“電話攻撃”が、近年はより過剰になっているというのである。 「1人でランニングをしていた清原氏が朝の3時頃、唐突に『今、走り終わったんや』と、 [全文を読む]

中日優勝は巨人選手獲得した年に多い 小笠原効果で今季は?

NEWSポストセブン / 2014年03月21日07時00分

落合監督2度目の優勝となった2006年には、FA移籍した野口茂樹の人的補償として捕手の小田幸平を指名。谷繁に次ぐ2番手捕手として、活躍している。 また、3度目の優勝となった1982年には選手の移籍こそなかったが、巨人のV9戦士である黒江透修が参謀として、前年から近藤貞雄監督に仕えていた。2010、2011年の連覇時にも巨人からの移籍はなかったが、2009年 [全文を読む]

フォーカス