滝川一益のニュース

美少女軍勢RPG「戦国の神刃姫X(センゴクブレイドルエックス)」「SR福袋&UR福袋」登場!

PR TIMES / 2017年05月12日17時30分

イベント「凶敵武将襲来~滝川一益 編~」開催中!CCCグループでネットエンタテインメント事業を行う株式会社TSUTAYA(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:中西 一雄 以下、TSUTAYA)は、「TSUTAYA オンラインゲーム」にて提供中の「戦国の神刃姫X(センゴクブレイドルエックス)」にて、福袋追加、イベント「凶敵武将襲来~滝川一益 編~」を [全文を読む]

『真田丸』第7話をマニアック解説。清洲会議は重役会議ではなかった?

まぐまぐニュース! / 2016年02月21日13時00分

(西股総生) 《今週のワンポイントイラスト》 「上野国よりも茶器が欲しかった」と嘆いたと言われている滝川一益。「だから茶器がよかったん じゃー!」は『ふぅ〜ん、真田丸』でも使わせていただきました。そして甲斐の一番いい土地を得た 織田家家臣・河尻秀隆は一揆に攻められあえなく討死。ドラマに登場すらしない彼が割を食った ナンバーワン!(みかめ) 文・絵/TEAM [全文を読む]

相変わらず好評も「面白いんだけど長澤がうざい」と、長澤・きりにヘイト集中!? 『真田丸』第7話レビュー

おたぽる / 2016年02月23日20時00分

滝川一益(段田安則)と北条氏政(高嶋正伸)が戦っている間に、沼田城と岩櫃山を取り戻す。一方、信繁(堺雅人)は滝川家の人質となっていた祖母・とり(草笛光子)を奪いかえすため、単身小諸城へと忍び込むのだが……といったストーリー。 先週、“このままでは、後々「『真田丸』の真の主人公は草刈だった」という声が上がるだろうなと思ったりするもするので、堺・信繁が、そんな [全文を読む]

選りすぐりの名刀約30振がそろい踏み!「超・日本刀入門」展(静嘉堂文庫美術館)

サライ.jp / 2017年02月20日19時00分

滝川一益が信長より拝領した朱鞘の太刀『滝川高綱』や、直江兼続が秀吉より贈られた『後家兼光』などの名刀を、その由来や経緯の解説とともにご鑑賞いただけます。 見どころの第三は、重要文化財『平治物語絵巻 信西巻』を3期に分けて特別公開することです。源平の争乱の前触れとなった平治の乱を描いたこの絵巻は、鎌倉時代中期の作とされ、鎌倉時代の風俗や武装が描かれています。 [全文を読む]

日本刀に関する疑問や悩みを徹底的に解決 『超・日本刀入門』展

太田出版ケトルニュース / 2017年01月11日11時15分

織田四天王のひとり・滝川一益が織田信長から賜った「滝川高綱」、直江兼続が豊臣秀吉から賜った「後家兼光」、加賀藩主前田家伝来の「日置安吉」など選りすぐりの名刀約30振が展示され、日本刀の見方や、歴史、産地、戦国武将が所持した刀の逸話などにより、日本刀について学ぶことができる。 『超・日本刀入門~名刀でわかる・名刀で知る~』は、2017年1月14日(土)~3月 [全文を読む]

新年早々の大迷惑!元旦に1人で奇襲→討ち死にした戦国大名

しらべぇ / 2017年01月01日20時00分

佐野氏は先述のように信長の配下となり、滝川一益を受け入れて関東の支配者・北条氏と戦っていた。そして長尾氏は北条方で、必然的に佐野氏と敵対するようになる。その争いを一刻も早く終わらせたい。短気な宗綱が考えた戦略は「元旦奇襲」。■短気な大名の浅はかな計画宗綱の計画はこうだ。元日の朝、すなわち元旦になれば長尾方の将兵も休みを取っているだろうから、その隙に長尾方の [全文を読む]

歴史を表現!肉と野菜のバランスが取れた合戦丼

Walkerplus / 2016年11月16日17時38分

天正10年6月16日から6月19日にかけて、織田信長が本能寺の変によって敗死した後、織田方の滝川一益と北条氏直・北条氏邦が武蔵国児玉郡上里町周辺で争った「神流川合戦」は、戦国時代を通じて関東地方でもっとも大きな野戦とも言われている。 その合戦場となった地に位置する、関越自動車道・上里サービスエリア(埼玉県児玉郡上里町)の上り線では、現在、NEXCO東日本管 [全文を読む]

真田丸『第38話』裏解説。昌幸の遺言「徳川の倒し方」は現実離れ?

まぐまぐニュース! / 2016年09月25日22時00分

#真田丸 — 橋本麻里 (@hashimoto_tokyo) 2016年9月25日 有働さんのナレーションで葬り去られた主な方々 織田信長 穴山梅雪 明智光秀 滝川一益 柴田勝家 豊臣秀長 小早川秀秋 本多忠勝 ← New! 加藤清正 ← New! #有働無双 #真田丸 — てつ(その2) (@mntp_another) 2016年9月25日 超イケメン秀 [全文を読む]

真田丸『第9話』解説。黒駒合戦がなければ徳川の天下はなかった?

まぐまぐニュース! / 2016年03月06日13時00分

ドラマでも描かれたように、このときの北条軍主力は神流川合戦で滝川一益を撃破して信濃に入り、上杉軍を牽制したのち南に旋回して甲斐に向かった。その兵力2万以上。一方で、北条氏忠・氏勝らの率いる別働隊約1万が東から甲斐に侵攻しており、北条軍は甲府盆地を東西から挟 撃できる態勢を整えた。これに対し、駿河から甲府盆地に入った総勢1万たらずの徳川軍は、万力の中に頭を [全文を読む]

視聴率16.9%へ急落も、歴史好きやオタからは好評の『真田丸』。第6話目を視聴者の反応とともに振り返る

おたぽる / 2016年02月16日21時00分

そんなわけで前半はちょっとまどろっこしいが、真田家がどの陣営につくのか、あっちこっち行ったりきたり、タイトルどおりの“迷走”ぶりを見せる展開で、北条家、滝川一益、そして一瞬だが羽柴秀吉(小日向文世)も登場するなど、いよいよ歴史上の大物たちが顔を揃えてきた。「高嶋正伸の北条氏政、いいね」「滝川、哀れすぎる」とネット上も大喜びだったが、一方で“この段階では、 [全文を読む]

堺雅人主演 '16年大河「真田丸」 に大泉洋ら!

Smartザテレビジョン / 2015年07月10日12時47分

また、段田安則は武田滅亡後の真田家の新たな主となる滝川一益役、遠藤憲一は越後の戦国大名・上杉景勝役、吉田羊は信幸の正室・小松姫役、藤岡弘、は小松姫の父で徳川家の重臣・本多忠勝役、高嶋政伸は真田と関東の覇権を争う北条氏政役、斉藤由貴は徳川家康の側室・阿茶局役、近藤正臣は家康の名参謀・本多正信役、そして内野聖陽は信繁の宿敵・徳川家康役に決定した。 さらに、会 [全文を読む]

ネットで個性的な発明や研究を発表する「野生の研究者」たちの実態を紹介する 『月刊ニコニコ学会β創刊準備号』

PR TIMES / 2013年11月14日09時19分

NEWS RELEASE2013年11月14日株式会社ブックウォーカーネットで個性的な発明や研究が相次ぐ時代に「野生の研究者」たちを繋ぐ新しい学会誌『月刊ニコニコ学会β創刊準備号』株式会社ブックウォーカー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:安本洋一)が展開するコンパクトな電子書籍専用レーベル【カドカワ・ミニッツブック】の2013年11月14日の配信は、 [全文を読む]

戦国武将ロマン『英傑の日本史』が カドカワ・ミニッツブックに登場

PR TIMES / 2013年10月10日09時38分

公式サイト:http://j.mp/1aRfKJH?adpcnt=7qM_N3f■英傑の日本史シリーズ 今後の配信予定2013年10月24日 英傑の日本史 激闘織田軍団編 佐久間盛政・丹羽長秀2013年10月24日 英傑の日本史 激闘織田軍団編 明智光秀2013年11月14日 英傑の日本史 激闘織田軍団編 滝川一益・河尻秀隆・織田信孝2013年11月14日 [全文を読む]

フォーカス