松岡利勝のニュース

<県民の意思は反映されてる?>全員自民党の福井県は超個性派ぞろい

メディアゴン / 2017年02月01日07時30分

山本は自殺した松岡利勝・元農水大臣の事務所費問題について、「芸者の花代を事務所費で払ったと聞いた」と発言したこともあります。トリは防衛大臣の稲田朋美。ミニスカート、網タイツ、黒縁メガネでネットでは「トモチン」と呼ばれているそうですが、自民党の中でも名うてのタカ派、核武装検討論者であります。安倍さんに重用され防衛大臣にまで上り詰めていますが、そのたたずまいに [全文を読む]

東京五輪・ボート競技場が宮城に決定すれば明るみに!? 復興予算の深い闇とは

週プレNEWS / 2016年10月25日06時00分

「農林族議員のドン」と呼ばれた故松岡利勝元農水大臣の秘書を16年間務め、国家権力や利権、国の意思決定の実態を内側から目撃し続けてきた知られざる重要人物。第1次安倍政権の崩壊も、実はこの男が震源地だったのだ!! (構成/菅沼 慶 撮影/本田雄士) [全文を読む]

東京五輪・ボート競技場問題の真相は「五輪利権で誰が得をするのか」という視点で見えてくる!

週プレNEWS / 2016年10月24日18時00分

「農林族議員のドン」と呼ばれた故松岡利勝元農水大臣の秘書を16年間務め、国家権力や利権、国の意思決定の実態を内側から目撃し続けてきた知られざる重要人物。第1次安倍政権の崩壊も、実はこの男が震源地だったのだ!! (構成/菅沼 慶 撮影/本田雄士) [全文を読む]

「赤旗」スクープ史 「ワタミ 選挙もブラック」など

NEWSポストセブン / 2016年09月30日16時00分

● 安倍内閣の現職大臣に大打撃 「家賃ゼロの衆参議員会館に多額の『事務所費』支出」(2007年1月3日) 第1次安倍政権当時、赤旗が国会議員の政治資金収支報告書を独自に調査したところ、伊吹文明文科相や松岡利勝農水相ら複数の閣僚らが、家賃ゼロの議員会館に数千万円もの事務所費を計上していた事実が判明した。 ●九電幹部「赤旗にやられた」 「九電が“やらせ”メー [全文を読む]

築地市場の豊洲移転問題に潜む無責任体質。日本を蝕む“最悪の病気”とは?

週プレNEWS / 2016年09月28日06時00分

「農林族議員のドン」と呼ばれた故松岡利勝元農水大臣の秘書を16年間務め、国家権力や利権、国の意思決定の実態を内側から目撃し続けてきた知られざる重要人物。第1次安倍政権の崩壊も、実はこの男が震源地だったのだ! (構成/菅沼 慶 撮影/本田雄士) [全文を読む]

共産党が「政党助成金廃止法案」提出で国会議員は大慌て!?

デイリーニュースオンライン / 2015年02月02日06時50分

記憶に新しいのは、松岡利勝農林水産大臣(当時)が議員会館の光熱水費を計上していた件だろう。国会で追及された松岡大臣は「ナントカ還元水」と答弁したが、議員会館は家賃が不要どころか、光熱水費も電話代・インターネットといった通信費もかからない。松岡大臣は架空の経費を計上していたことになる。 今回、共産党が提出した政党助成金を廃止する法案は、反対多数で否決される [全文を読む]

意味なし選挙を面白くするのは、やはり“女性”“2世”がキーワードのこの人たち!

週プレNEWS / 2014年12月03日06時00分

元農林水産大臣、故・松岡利勝氏の秘書を務めた池田和隆氏はこう評する。 「まだ28歳と若いですが、彼女は高校生の頃から演説が非常にうまい。選挙に対する気合いや姿勢も別格です。さらに今回からは民主党公認ということで労働組合系の組織票も上積みでき、前職の自民・伊東にも競り勝てると思います」 しかし、そんな“2世”の選挙戦は決して楽ではないようだ。政治評論家の浅 [全文を読む]

地方遊説で真っ先に岩手入り、NHKの極秘調査で安倍自民は自信を深めた!

週プレNEWS / 2014年12月01日06時00分

野党はみすみす安倍自民に勝てる機会を逃しているのです」 そして、元農林水産大臣で故・松岡利勝氏の秘書を16年間務めた池田和隆氏。選挙の表と裏を知り尽くしたプロ中のプロは、安倍自民の“強気”をある選挙区の動静からこう読み取る。 「私が注目するのは、安倍首相が衆院解散後に初めて地方遊説で入った場所が岩手1区だったことです。自民は負けそうな選挙区に決して総理総裁 [全文を読む]

最近の政治家は不祥事や疑惑発覚での対応がお粗末すぎ? 人生の大ピンチを突破するには先人に学べ!

週プレNEWS / 2014年11月14日06時00分

これについて、松岡利勝(としかつ)元農林水産大臣秘書官の経歴を持つ政治アナリスト、池田和隆(かずたか)氏が懐かしそうに振り返る。 「あれはお見事でした。“人生いろいろ”というワードは今も多くの人が覚えていますが、一体なんの疑惑に対する発言だったのかを記憶している人はもはや少ないのでは? それこそが見事な危機突破であった証(あかし)です」政治絡みの疑惑で見 [全文を読む]

安倍晋三 「政権ドミノ崩壊」がすぐそこに…(2)側近も初めて見る“憔悴”ぶり

アサ芸プラス / 2014年11月12日09時56分

閣僚スキャンダル続出のストレスとイライラ感で持病の潰瘍性大腸炎の症状が悪化し、体調は激変しています」 潰瘍性大腸炎は、第一次安倍政権で佐田玄一郎元行革担当相、松岡利勝元農水相、赤城徳彦元農水相らの事務所費不正問題などによる辞任ドミノで窮地に追い込まれ、政権を放り出して入院したことで明らかになった病名である。症状悪化の「兆候」は、10月3日の衆院予算委員会で [全文を読む]

フォーカス