荒木貴裕のニュース

5月の「スカパー!サヨナラ賞」発表 ヤクルト・荒木とオリックス・駿太が初受賞

ベースボールキング / 2017年06月08日16時40分

セ・リーグはヤクルトの荒木貴裕が初受賞。5月14日松山・坊っちゃんスタジアムで行われた対中日7回戦、1-1で迎えた9回裏、二死満塁の場面で左翼席へサヨナラ満塁本塁打を放った。この一打は荒木にとってプロ入り初のサヨナラ打となった。 荒木は「この度はこのような賞を頂いて、非常に嬉しく思っております。自分の前の打順の方々がチャンスを作ってくれて打てたと思ってい [全文を読む]

泣くな大野、エースだろ。

ベースボールキング / 2017年06月08日11時30分

9回の頭から登板した大野は、相手の犠打失敗などもあって二死を奪いながら四球3つで塁を埋め、最後は荒木貴裕に満塁弾を被弾。サヨナラ負けを喫し、二軍に降格した。 一軍復帰戦の5月31日も、強力ソフトバンク打線につかまり6回6失点。ここでも自信を取り戻した姿は見られなかったが、背水の覚悟で臨んだ6月7日のロッテ戦ではがむしゃらに立ち向かう姿勢を披露する。 「後先 [全文を読む]

開幕から苦しい投球が続く中日・大野雄大

ベースボールキング / 2017年06月07日11時15分

リリーフで本来の力を取り戻したい大野だったが、松山で行われた5月14日のヤクルト戦、同点の9回から登板するも荒木貴裕に満塁本塁打を浴びサヨナラ負け。 ニッポン放送制作のヤクルト-中日戦の解説を担当した大矢明彦氏は、「大野が1イニングで全くいいとこなしで、やられてしまったのは大きな痛手」と厳しいコメントを残した。 精彩を欠いた投球が続いた大野は、5月21日に [全文を読む]

【ヤクルト】今の状況に近い!? 広澤克実、宮本慎也が語る「負けグセの系譜」

文春オンライン / 2017年05月30日07時00分

4月2日……鵜久森淳志、代打サヨナラ満塁ホームラン 4日……阪神・藤浪晋太郎の死球による大乱闘 13日……鵜久森、代打サヨナラヒット 5月9日……延長12回大松尚逸サヨナラホームラン 14日……荒木貴裕、サヨナラ満塁ホームラン 17日……由規、7年ぶりの東京ドーム勝利 21日……ルーキ、敬遠大暴投 あえて、ここでは挙げなかったけれど、5対0で勝利している [全文を読む]

大矢氏、サヨナラ負けの中日に「大野がやられたのは痛手」

ベースボールキング / 2017年05月14日17時35分

○ ヤクルト 5x - 1 中日 ● <6回戦 松山> 前日に劇的な逆転勝ちを収めた中日は、同点の9回からマウンドにあがった大野雄大が、荒木貴裕に満塁弾を浴びサヨナラ負けを喫した。 中日は初回に大島洋平の犠飛で幸先良く先制する。先発した吉見一起は2回に内野ゴロの間に1点を失ったが、粘りのピッチングでヤクルト打線を封じていく。一方、吉見を援護したい打線だった [全文を読む]

里崎氏、広島・菊池の絶妙セーフティーに「完璧」

ベースボールキング / 2017年04月23日19時20分

後ろに守っていた三塁・荒木貴裕が打球を処理するも、一塁に間に合わずタイムリー内野安打となった。 このセーフティスクイズに里崎氏は「完璧でしたよね。オーレンドルフは投げ終わった後に一塁側に体が流れるんですよね。そこに三塁の荒木がセーフティー無警戒で後ろに守っていましたから。それを見逃さず一発で決めた菊池。判断力も素晴らしいですし、バントの技術完璧でしたね」と [全文を読む]

【プロ野球】セ球団のレギュラーが決まらないポジションを徹底解剖

デイリーニュースオンライン / 2016年04月18日16時04分

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題! ■ヤクルト ≪ファースト≫ 森岡良介 先発2 荒木貴裕 先発1 (畠山和洋 先発14) ≪ショート≫ 谷内亮太 先発6 西浦直亨 先発3 今浪隆博 先発3 (大引啓次 先発4) 開幕当初はバレンティンが出遅れ、レフト・坂口智隆、センター・上田剛史の布陣だったが、バレンティンの復帰でセンター [全文を読む]

“プロ野球”と”渋谷系ファッション”と”プロレス”の異色コラボが実現!東京ヤクルトスワローズ×109MEN’S×新日本プロレスリング トリプルコラボキャンペーン

PR TIMES / 2015年07月09日12時03分

【東京ヤクルトスワローズ×109MEN’S×新日本プロレスリング トリプルコラボキャンペーン概要】 [画像1: http://prtimes.jp/i/10778/16/resize/d10778-16-819273-2.jpg ]■トリプルコラボビジュアル 7月13日(月)~7月31日(金)期間中、109MENS’Sと「新日本プロレスリング」の中邑真輔選 [全文を読む]

フォーカス