野村胡堂のニュース

"銭形平次の賞”を、新撰組が受賞決定!

PR TIMES / 2016年09月14日09時25分

吉川永青氏の『闘鬼 斎藤一』(NHK出版刊)が、「第4回野村胡堂文学賞」受賞!10/2神田明神での授賞式に取材者をご招待します。 「銭形平次」の生みの親で国民作家と呼ばれた野村胡堂を顕彰する「野村胡堂文学賞」(日本作家クラブ主宰)の第4回受賞作品が、『闘鬼 斎藤一』(吉川永井青著・NHK出版刊)に決定しました。いま脂がのっている気鋭の歴史小説家・吉川永青氏 [全文を読む]

集英社クオータリー『k o t o b a』第26号 12月6日発売! 本当に伝えるべき価値あるコトバを、きちんと伝えていく。今、最も考えたいテーマを、最も読みたい書き手のコトバで発信します。

DreamNews / 2016年12月06日16時30分

伊藤晴雨の幽霊画に“あの世”を見る 田中 栞 武井武雄刊本作品を買う 烏兎沼佳代 蒐集家・野村胡堂とあらえびす小特集 福岡伸一 ロックフェラー大学で出会った研究者たちの矜持 トゥー・チェロズ チェロで奏でる超絶技巧 魔夜峰央 大人バレエのすすめ 香取秀俊 光格子時計とは何か対談 ドナルド・キーン×久邇邦昭 日本人の戦争と平和 高野秀行×清水克行 世界の名著 [全文を読む]

矢田亜希子、要潤の佐七姿は「美しくて似合ってる」

Smartザテレビジョン / 2016年05月30日10時48分

本作は、岡本綺堂の「半七捕物帳」、野村胡堂の「銭形平次 捕物控」と並んで“三大捕物帳”と評され、過去に何度も映画化・ドラマ化された横溝正史の「人形佐七捕物帳傑作選」を原作とし、稲葉一広がチーフライターとして脚本を手掛け再構築された。江戸を舞台に、人形のように男ぶりのいい岡っ引き“人形佐七”が、焼きもち焼きの年上女房に支えられながら、子分二人を従えて、人情・ [全文を読む]

さいとう・たかを氏 描きたくて描いた唯一の作品とは

NEWSポストセブン / 2016年04月23日07時00分

作者の野村胡堂の名前は忘れられても『銭形平次』の名前は忘れられず、大佛次郎は知らなくても『鞍馬天狗』は知っている。自分とゴルゴの関係もそれと同じようになってきたなら、それ以上幸せなことはないという。 「50年近く続けていたら、もう私のものじゃないですよ。読者のものです。自分の意思でなんかやめられません」 そんなさいとうにとって、唯一の例外的な作品がある。 [全文を読む]

中国の「虐殺」の歴史から今の中国を捉える画期的歴史分析書『悪の中国皇帝論 覇権を求める暴虐の民族DNA』歴史の暗部を暴いた凄まじい中国史!

DreamNews / 2015年12月22日10時00分

12年、『煬帝』(日本経済新聞出版社)で第1回歴史時代作家クラブ賞作品賞を、14年、『サテライト三国志』(日経BP社)で第2回野村胡堂賞を受賞する。父塚本邦夫が主宰していた短歌結社『玲瓏【れいろう】』の発行人も兼務している関係で、『短歌研究』(短歌研究社)にエッセイの連載もしている。(著者)塚本靑史〈価格〉1,800円+税 〈発売日〉2015年12月18日 [全文を読む]

ジャーナリスト大谷昭宏氏 裁断の名人だった父について語る

NEWSポストセブン / 2015年02月09日07時00分

内閣総理大臣を務めた幣原喜重郎氏や、朝日新聞副社長で自由党総裁を務めた緒方竹虎氏、作家の野村胡堂氏といった、いい常連客が親父の仕立てる紳士服に袖を通していた。 親父は裁断の名人で、大きな裁ち鋏で迷いなく生地を裁断していく。晩年は鋏を握る利き手の2本の指がほとんど動かなくなっていたが、「この指はおれの勲章だ」と親父は胸を張るように言っていた。 1960年代後 [全文を読む]

【待望の新刊!】電子書籍『銭形平次捕物控 呪いの銀簪』がKindleストア、楽天koboイーブックストアなど4電子書店にて配信開始! 大人気時代小説が、電子書籍でも読める!

@Press / 2014年01月22日15時45分

<書籍概要> ■『銭形平次捕物控 呪いの銀簪』 著者:野村胡堂 ◆Kindleストアリンク:http://amzn.to/1ch1Xe6 ◆楽天koboイーブックストア:http://bit.ly/1kTzULW ◆Google Playリンク:http://bit.ly/1mocABv ◆ニコニコ静画リンク:http://bit.ly/19Kv3ry [全文を読む]

資生堂名誉会長 福原義春『本よむ幸せ』を刊行

PR TIMES / 2013年03月01日11時21分

【本書の概要】 タイトル: 『本よむ幸せ』 著者:福原義春(資生堂名誉会長) 内容: ・一章 視点をすえる 始まりは小さな思考から ・二章 物語の醍醐味 文字の魔法に酔う ・<本の話> 読書は本で作る自分の献立です ・三章 英知を耕す 無限の学びが眠っている ・四章 時の狭間をのぞく 人生は悟り得ぬものか? ・五章 負への探求 見ざる聞かざるでは拓けない [全文を読む]

フォーカス