高橋克也のニュース

菊地直子は高橋克也の「奴隷」だった(2)

アサ芸プラス / 2012年06月20日11時00分

95年5月当初、菊地容疑者は、林泰男死刑囚(54)、平田信被告(47)、斉藤明美被告(49)、高橋克也容疑者(54)=逃亡中=、その他の信者数人と、千葉県市川市のアパートに潜伏。その後、10月頃に名古屋市や京都市、八王子市内のアパートなどを経て、96年11月頃まで埼玉県所沢市のマンションに身を潜めていた。菊地容疑者をよく知る元オウム信者が言う。 「教団か [全文を読む]

居場所がない人、悲しい人、普通の人・・・オウム事件の裁判員6人が語る「高橋克也」

弁護士ドットコムニュース / 2015年04月30日21時43分

中里智美裁判長は4月30日、オウム真理教の元信者・高橋克也被告人(57)に、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。高橋被告人は地下鉄サリン事件(1995年)など5つの事件で、殺人などの罪に問われていた。判決のあと、裁判員が東京地裁で会見を開き、裁判についての感想を語った。高橋被告人は17年間、逃亡した末に逮捕されたため、その裁判は「最後のオウム裁判」と呼ばれ [全文を読む]

ネットニュース編集者が選ぶ今夏のネットニュースBEST3

NEWSポストセブン / 2012年09月25日07時00分

『2ろぐちゃんねる』 【2】「高橋克也容疑者逮捕記念サービス」を行った焼き鳥屋「かしら」が2時間で完売 JR蒲田駅付近にある焼き鳥店が、「高橋克也容疑者逮捕記念サービス」として生ビール1杯を無料提供。逮捕直後から同店の店長が自身のツイッターでこのサービスについて呼びかけ、開店時から客が店外へあふれるほどの大盛況を見せた。特に、“かしら”は高橋容疑者が好物だ [全文を読む]

誰の、なんのための裁判なのか――【オウム・高橋克也被告裁判】で噴出した裁判員裁判への異議

Business Journal / 2016年09月14日06時00分

オウム真理教(現在はアレフに名称変更)が引き起こした地下鉄サリン、假谷さん拉致、VX殺人、都庁爆弾の各事件に関与したとして、一審で無期懲役の判決を受けていた高橋克也被告に対し、東京高裁は控訴棄却の判決を言い渡した。高橋被告は、判決に何の反応も示さない。それどころか、入廷から退廷までの間、弁護人と目を合わせることも、被害者に視線を送ることもなく、無表情のまま [全文を読む]

「謝罪の気持ちがあるか分からなかった」元オウム・高橋克也被告人を見た被害者家族

弁護士ドットコムニュース / 2015年01月16日19時43分

地下鉄サリン事件をはじめとする4つの事件で殺人罪などに問われているオウム真理教の元信者・高橋克也被告人の裁判員裁判が1月16日、東京地裁で始まった。長年にわたって逃亡を続け、一連の関係者の中で最後に起訴された高橋被告人の裁判は「最後のオウム裁判」と呼ばれている。 高橋被告人は地下鉄サリン事件で、実行犯を車で送迎したとされているが、この日は「地下鉄車内にまか [全文を読む]

オウム高橋克也逮捕裏に巡査と彼に手柄立てさせたい男性の絆

NEWSポストセブン / 2012年12月24日07時00分

地下鉄サリン事件から17年を経て、高橋克也容疑者の逃走生活に終止符が打たれた。6月15日朝の東京・大田区西蒲田のマンガ喫茶での捕物劇は大きく報道されたが、ある男性と若い巡査の「絆」が悲願の逮捕を大きく前進させたことはあまり知られていない。 ある新聞は当日の夕刊で、「高橋容疑者と似た男がいる」という通報がマンガ喫茶からもたらされたと第一報を打ったが、同日午前 [全文を読む]

広島小5女児虐待死の28才鬼母容疑者 米を洗剤で洗っていた

NEWSポストセブン / 2012年10月19日07時00分

本当に一人で何もできない子なんです」 ※女性セブン2012年11月1日号 【関連ニュース】高橋克也容疑者 麻原への強い信仰心背後に菊地直子との別れ酒飲むと明るくなる菊地直子 カップ麺のこだわり語ることも13歳少女暴行霊能歯科医 一橋大構内で後に妻となる信者獲得高橋克也容疑者の亡き母 「もう一度会いたい」と願っていた海老蔵殴打のリオン容疑者 10年前に傷害致 [全文を読む]

高橋克也容疑者 麻原への強い信仰心背後に菊地直子との別れ

NEWSポストセブン / 2012年06月22日16時00分

両足を組み、瞑想の姿勢を整え、オウム真理教のマントラ(呪文)を唱える──留置場での高橋克也容疑者(54才)は、これを日課にしているという。そう、彼はいまだに麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚(57才)への変わらぬ信仰心を持ち続けていたのだ。 6月15日に殺人などの容疑で逮捕された高橋容疑者は、17年に及ぶ逃亡期間中、約10年間、菊地直子容疑者(40才)とふたりで [全文を読む]

菊地直子は高橋克也の「奴隷」だった(4)

アサ芸プラス / 2012年06月22日11時00分

【関連記事】 菊地直子は高橋克也の「奴隷」だった(1) 菊地直子は高橋克也の「奴隷」だった(2) 菊地直子は高橋克也の「奴隷」だった(3) 本誌だから書ける!「紳助と山口組」衝撃の全内幕(3)紳助と橋本会長「5回どころじゃない」蜜月関係「自宅の風呂で親分の背中を流した!」 親分紳助が抱いた芸能界の「愛人」たち(5)紳助「絶縁」でも揺るがない「吉本帝国」の [全文を読む]

菊地直子は高橋克也の「奴隷」だった(3)

アサ芸プラス / 2012年06月21日11時00分

菊地容疑者は寛人容疑者を伴って、川崎のアパートに荷物を取りに行き、「あれが高橋克也」と説明している。 【関連記事】 菊地直子は高橋克也の「奴隷」だった(1) 菊地直子は高橋克也の「奴隷」だった(2) 菊地直子は高橋克也の「奴隷」だった(4) 本誌だから書ける!「紳助と山口組」衝撃の全内幕(7)ヤクザ幹部 「芸能人ケツモチ」の流儀 「電話で2分話して5000 [全文を読む]

菊地直子は高橋克也の「奴隷」だった(1)

アサ芸プラス / 2012年06月19日11時00分

【関連記事】 菊地直子は高橋克也の「奴隷」だった(2) 菊地直子は高橋克也の「奴隷」だった(3) 菊地直子は高橋克也の「奴隷」だった(4) 本誌だから書ける!「紳助と山口組」衝撃の全内幕(7)ヤクザ幹部 「芸能人ケツモチ」の流儀 「電話で2分話して5000万で解決や」 親分紳助が抱いた芸能界の「愛人」たち(1)「超人気グラドルがバイブを持って楽屋を訪ねて [全文を読む]

オウム高橋克也容疑者 飲み会では1円単位まで割り勘だった

NEWSポストセブン / 2012年06月18日07時00分

スマートフォンの『割り勘アプリ』を使ってきっちり計算する人も多くて、飲食店からは、合コンの割り勘で不機嫌になる女性の目撃談を聞きます」 ちなみに、オウム事件の高橋克也・容疑者も、同僚との飲み会では1円単位まで割り勘だったという。 ※週刊ポスト2012年6月29日号 【関連ニュース】栗山千明 大学生バンドマンの恋人と割り勘焼き鳥店デート女力のある仕草は?に「 [全文を読む]

高橋克也容疑者逮捕の鍵は「匂い」「体臭」にありと女性作家指摘

NEWSポストセブン / 2012年06月17日16時00分

元オウム真理教の高橋克也容疑者は、隠れ家やアジトではなく漫画喫茶で逮捕された。やや意外な展開ともいえるが、彼が漫画喫茶を選んだのには理由があると、作家で『五感のチカラ』著者の山下柚実氏は指摘する、以下は、山下氏の視点である。 * * * とうとう逮捕された元オウム真理教信者高橋克也容疑者。まさか、都内大田区の漫画喫茶で、「顔が似ている」と通報され捕まるとは [全文を読む]

高橋克也容疑者の亡き母 「もう一度会いたい」と願っていた

NEWSポストセブン / 2012年06月15日07時00分

地下鉄サリン事件で特別手配中の高橋克也容疑者(54才)が約10年間潜伏していた神奈川県川崎市のアパートから、車で30分ほどしか離れていない空き家。ここが高橋容疑者の実家だ。 高橋容疑者は横浜市で生まれ、この家で育った。父親は国鉄職員、母親は看護師で、4才年上の兄がいる。工業専門学校を卒業後、市内の電機会社に就職したものの1年で辞め、1987年にオウム真理 [全文を読む]

高橋容疑者逮捕か、川崎駅西口が一時騒然!デマだったことが判明→15日朝身柄確保

秒刊SUNDAY / 2012年06月15日01時37分

昨日6月14日、地下鉄サリン事件などで特別手配されている高橋克也容疑者に似た男が、JR川崎駅西口周辺を歩いていたという目撃情報が寄せられ、現場は一時騒然となった。NHKの取材カメラも出動し一気に緊迫した空気が張り詰める中、結局ガセネタ出会ったことが判明。川崎駅は警察やテレビカメラ、市民を巻き込んだ壮大な釣り掘りとなった。最新ニュースによると、高橋容疑者の身 [全文を読む]

高橋克也 懸賞金1000万円!チェックすべき5つのポイント

FLASH / 2012年06月12日07時15分

眉や髪は抜くだけで印象が変わってしまうので、骨格や唇の形など変わらない部分に注目すればいいのです」(坂本氏) [全文を読む]

高橋克也 米内部文書に書かれていた「コカイン所持」逮捕歴

FLASH / 2012年06月12日07時14分

菊地直子容疑者が逮捕された後の4日以降、姿をくらましている特別指名手配中のオウム真理教元信者・高橋克也容疑者(54)。逃走中、高橋は『櫻井信哉』の偽名で生活をしていた。実在する埼玉県在住の『櫻井信哉』さんが、15、16年前に免許証を紛失し、それをなんらかの方法で手に入れた高橋が、それ以降にこの偽名を名乗るようになったと報じられている。 だが、じつは'94年 [全文を読む]

元オウム高橋被告人に無期懲役――裁判参加の被害者「1人だけ有期懲役は許されない」

弁護士ドットコムニュース / 2015年04月30日21時00分

地下鉄サリン事件など4つの事件に関与したとして、殺人などの罪に問われたオウム真理教元信者、高橋克也被告人(57)の裁判員裁判で、東京地裁(中里智美裁判長)は4月30日、求刑通り無期懲役の判決を言い渡した。高橋被告人は17年間におよぶ逃亡の末に逮捕され、一連の関係者の中で最後に起訴されたことから、「最後のオウム裁判」と呼ばれている。 この裁判には、被害者の遺 [全文を読む]

今も心は信者のままーー【オウム高橋被告裁判】が露呈した、カルト問題の根深さと罪深さ

Business Journal / 2015年04月03日06時00分

一連のオウム真理教事件の最後の裁判となる、高橋克也被告の裁判は、検察側が無期懲役を求刑し、弁護側が無罪を主張して、審理を終えた。判決は、4月30日に言い渡される。被告人質問などを通じて印象的だったのは、彼が入信する前の、冴えない、でもありがちな人生と、今も続くオウムによる心の支配の強固さだった。●“うまくいかない人生”からの脱却を求めて 高橋被告は、オウム [全文を読む]

上祐史浩氏 麻原彰晃死刑執行後の「後追い自殺」発生を危惧

NEWSポストセブン / 2015年03月25日16時00分

オウム事件では逃亡犯の存在が麻原の死刑執行を難しくしていたが、2011年12月31日に約17年間逃亡していた平田信が警察に出頭、翌年には菊地直子と高橋克也が相次いで逮捕され、特別指名手配されていた容疑者全員が捕まった。これで潮目が変わったと法務省関係者はいう。 しかし、死刑執行手続きのハードルがクリアされても、実際に執行すれば想定外の事態を引き起こす懸念 [全文を読む]

フォーカス