水島広子のニュース

女の争いは「男社会」が原因! 『女子の人間関係』著者に聞く、女同士の“マウンティング”から抜け出す方法

ウートピ / 2014年10月25日12時00分

だがしかし、水島広子著『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)を一読すれば、男性は「他人事じゃない」と頬を張られた気分になるにちがいない。一方で女性は、「だから女は……」という言われ方にもやもやしていたものが一挙に晴れ渡り、はるか地平線の彼方まで見渡せるような、胸すく気持ちを味わえるだろう。ここでは、この社会の中で生きてくために役立ちそうなことを、本書を軸 [全文を読む]

女の集団を管理する極意は“裏社会”の活用! 『女子の人間関係』著者に聞く、社会の風通しを良くするコツ

ウートピ / 2014年10月26日12時00分

>>【前編はコチラ】女の争いは「男社会」が原因! 『女子の人間関係』著者に聞く、女同士の“マウンティング”から抜け出す方法前編では、「『女子の人間関係』」著者であり精神科医の水島広子さんに、いやな女の特徴“かっこつきの「女」”は、どういうものなのか、どう対処すればよいか具体的に説明していただいた。後編では、集団の「女」たちをどうマネジメントするか、母と娘の [全文を読む]

もうストレスはためない! 愚痴ばかり言う人、上から目線で接してくる人への対処法

Business Journal / 2014年07月18日16時00分

『「聴き方・話し方」のコツ』(水島広子/著、日本実業出版社/刊)は、精神科医の水島広子氏が、悪口に共感はするが自分は悪口を言わない方法や相手の評価や自慢話をスルーしてそのままお返しする方法を教えてくれる一冊だ。 ■愚痴を疲れずに聴く方法 いつも悪口や不満ばかり話してくる友人の話を聞くだけで、うんざりしてしまう。 「何でこんなにネガティブなんだろう?」「こ [全文を読む]

「政治家はコートを着てはいけないというルールがあった」 水島広子元衆議院議員が選挙戦の思い出をツイート

ガジェット通信 / 2017年02月19日15時00分

民主党から2期に渡って衆議院議員を務めた精神科医の水島広子さん(@MizushimaHiroko)によると、選挙区だった栃木1区(宇都宮市など)では、「政治家はコートを着てはいけない」という暗黙のルールがあったといいます。その上で、次のようにツイート。 私にとってのヒーローは、厳寒の時期にスーツだけで街頭演説していた私に「そんな格好では寒いでしょう」と言 [全文を読む]

ゴミ出しも正装、持ち物チェック、強制ランチ…今話題の「タワマンカースト」の実態

ダ・ヴィンチニュース / 2016年10月14日06時30分

そのほかにも、タワーマンション内で実際に起きた驚きのエピソードや階層バトルなどもレポートするほか、ママ友や職場内でのカーストの実態、精神科医の水島広子による「カーストとうまくつきあう処世術」についても紹介している。 ■新ドラマ「砂の塔 知りすぎた隣人」 キャスト:菅野美穂、岩田剛典、横山めぐみ、田中直樹、松嶋菜々子ほか 放送開始:2016年10月14日(金 [全文を読む]

【30代女性誌『InRed』11月号読み物企画】ママ友、タワマンetc. 格付けに悩む30代女子急増!階層で格付け!? 今話題の「タワマンカースト」とは?

PR TIMES / 2016年10月07日12時32分

そのほかにも、タワーマンション内で実際に起きた驚きのエピソードや階層バトルなどもレポートするほか、ママ友や職場内でのカーストの実態、精神科医の水島広子氏による「カーストとうまくつきあう処世術」についても紹介しています。 今月号の付録は、「トラディショナルウェザーウェアの大容量ミニショルダーとポーチ」の2個セット。ミニ ショルダーのフタは面ファスナーで開閉し [全文を読む]

「プチ・トラウマ」を捨てれば、本物の自信が湧いてくる!「他人の評価」に振り回されない方法とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年09月26日06時30分

『「他人の目」が気になる人へ 自分らしくのびのび生きるヒント』(水島広子/光文社)は「他人の目」に縛られて自分らしく振る舞えない人が自信をもって生きるための、精神科医による処方箋だ。 何かをするときに「親がなんて言うだろう」「誰かに嗤われないだろうか…」とつい不安になってしまう。「体型に自信がなく、いつも誰かに嘲笑されている感じがする」「単独行動が好きだけ [全文を読む]

「コミュニケーション力」は口のうまさではない! 無理なく自然に人と接する方法

ダ・ヴィンチニュース / 2016年05月04日09時00分

『誰と一緒でも疲れない「聴き方・話し方」のコツ』の著者である水島広子氏から、大切な4つのことを教えてもらいましょう。■「コミュニケーション力」の勘違い そもそも、コミュニケーション力って何なのでしょう? 一般的に、「コミュニケーション上手」な人というと、会話を盛り上げ話の中心にいるような人を思い浮かべます。そういう人と比べて「自分は口下手だから無理」と落ち [全文を読む]

【酷すぎ】アマゾン炎上中「現代用語の基礎知識2016」に批判殺到!「偏向姿勢」

秒刊SUNDAY / 2015年12月03日21時49分

横田洋三/杉下恒夫/北野大/松崎敏弥/西尾 隆/李鍾元/浅田正彦/国分良成/久保文明/松原 聡/井堀利宏/森永卓郎/清家 篤/嶋村和恵/福井健策/飯田哲也/山形俊男/水谷 仁/橋本和仁/赤池 学/水島広子/早乙女智子/石井研士/高山憲之/今野晴貴/樋口恵子/小川仁志/柏木 博/五十嵐太郎/吉村和真/生島 淳/もり・ひろし/小林照子/ほかつまりどうしてもラ [全文を読む]

「要領のいい女」に対処するには、ずばり「断る」が得策?

anan NEWS / 2015年08月21日23時00分

“選ばれなかった”ことによる嫉妬や攻撃を回避するには、適切に対処をする必要があります」 とアドバイスしてくれたのは、精神科医の水島広子さん。今回は2タイプの“困らせ女子”の特徴と手なずけ方を伝授します。 【人任せな女】 ■特徴 段取りや手配など、面倒なことはすべて人任せ。「私も手伝うね」と言いつつ実際に動いたためしはなく、イイところだけ持っていく要領がいい [全文を読む]

相手をバカにすると攻撃対象に! 困った女子の“手なずけ方”

anan NEWS / 2015年08月21日22時00分

どうしたらこの女子を逆なでせずに手なずけることができる? 精神科医の水島広子さんに聞くと、「女の持つ嫌な面は、一般的に女性が“男性から選ばれる性”であることに端を発したもの。“選ばれなかった”ことによる嫉妬や攻撃を回避するには、適切に対処をする必要があります」とのこと。 この時にベースとなるのが、水島さんの推奨するアティテューディナル・ヒーリング(AH)。 [全文を読む]

「女が嫌いな女」アンケートにだまされるな!“女の敵は女“は本当なのか?

リテラ / 2015年06月11日08時00分

このように解説するのは、精神科医・水島広子氏。水島氏は著書『整理整頓 女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)のなかで、女性が自力では社会的な地位を得ることができなかったこと、「どの男性に選ばれるか」ということで女性自身の地位が決まってきたという歴史を振り返り、しかもそれは過去の話ではなくいまも根強く残っていることを指摘。そして、イケメンの人気俳優に結婚や [全文を読む]

「とにかくママ友を作らきゃ」と焦りすぎると失敗すると専門家

NEWSポストセブン / 2014年11月21日07時00分

そんな時にどうすればいいのか、精神科医で『女子の人間関係』などの著書がある水島広子さんはこうアドバイスする。 「ママ友はあくまでも『ママ仲間』であって、ママ友とのつきあいは『社会的な仕事』でもあるんです。あまり好きになれない相手でも割り切ってつきあうことも必要で、もしつらかったら、何回かに1回は断る日を作っておくといい。『今日は●●があるからダメなんです。 [全文を読む]

スゲエめんどくせぇ…っていう女同士の人間関係をこじらせずに整頓する唯一の方法

ダ・ヴィンチニュース / 2014年07月05日07時20分

関連情報を含む記事はこちら 精神科医の水島広子氏の著書『女子の人間関係』(サンクチュアリ出版)によると、時代は変化してきているとはいえ、伝統的に、そして未だに一般的な傾向として、女性は「男性から選ばれる性」の傾向が強いのだという。そのせいだろうか。顔立ちや容姿がよく、若い頃にチヤホヤされていた女性ほど、中年を過ぎてから顔に険が出てくることは珍しくない。そ [全文を読む]

恋愛の大敵!「イライラ・モヤモヤ・怒り」をサクッと手なずける方法

恋学 / 2014年05月22日01時20分

参考:「怒り」がスーッと消える本/水島広子 [全文を読む]

フォーカス