橋本弘文のニュース

復刊した六代目山口組の機関紙に載せられた「ヤクザ川柳」

WEB女性自身 / 2016年07月22日06時00分

右は橋本弘文統括委員長。左手前は藤井英治若頭補佐。中核組織の弘道会系団体は事務所の部屋住み人員を増やしたという)「現在の山口組は、神戸側への報復をしないよう、傘下の組織を厳しく抑えています。組織が落ち着きを見せていることをアピールするには、ちょうどいい内容です」 7月5日、山口組総本部で開かれた六代目山口組の定例会。そこで出席した直参に配布されたのが「山口 [全文を読む]

使用者責任を問われる可能性も「六代目山口組」最大の窮地

WEB女性自身 / 2016年06月17日06時00分

東京でメディアに狙われることはわかっていたようで、カメラの放列に動じる様子もなく、駅構内を堂々と闊歩していた」(全国紙記者) 6月5日午前、品川駅に降り立った六代目山口組司忍組長は白のスーツに身を固め、橋本弘文統括委員長らを従えて威風堂々と千葉に向かった。 じつはこの日の午後、岡山市で神戸山口組傘下池田組の高木昇若頭(55)が射殺された事件で、山口組弘道会 [全文を読む]

山口組分裂 対立暴発の舞台として危惧されるのが初詣の屋台

NEWSポストセブン / 2015年12月21日07時00分

離脱騒動のあったナンバー3、橋本弘文統括委員長の去就に注目が集まりましたが、これ以上の動揺を抑えるため、当面は人事を動かすことができない。 一方、同日に神戸山口組が開いた納会には、12月に山口組から移籍したばかりの古川組組長が姿を見せるなど、直参が20人集まった。数の上では山口組が優勢とは言え、勢いは神戸側にある。山口組は焦っているはずです」(警察関係者) [全文を読む]

【山口組分裂騒動】「事始め」で示された指針…名古屋と神戸の思惑(前編)

デイリーニュースオンライン / 2015年12月16日12時00分

暴力団社会に衝撃を与えたのは、12月1日、3年前に71歳で亡くなった渡辺芳則5代目の命日に発生したトラブルで、当代の組長、現在、服役中の髙山清司若頭に次ぐナンバー3の橋本弘文統括委員長(極心連合会会長)が、募参の後、総本部に戻らず“失踪”し、引退をほのめかしたことだ。 橋本統括委員長が、執行部に図らず墓参を決めたことに反発する竹内照明若頭補佐(3代目弘道 [全文を読む]

【山口組分裂騒動】六代目山口組と神戸山口組の"情報戦"が激化

東京ブレイキングニュース / 2015年12月14日14時00分

先日、「引退」とのニュースでも流れ、本サイトでも報じた六代目山口組のナンバー3、極心連合会会長の橋本弘文会長の引退は取り止めになった。そのいきさつは筆者の耳には入っているが、事の真偽は当関係者しか知りえぬ事実であり、それを書くのは取り止めたい。ただ一度引退を宣言した人間に求心力がなくなるのはどの世界でもある事だ。 先日、筆者の携帯に一本の電話が入った。それ [全文を読む]

司忍六代目が墓参時の駐車場でどよめき 組幹部逮捕の瞬間

NEWSポストセブン / 2015年12月08日16時00分

出迎えの先頭に立つのは六代目山口組の橋本弘文統括委員長だ。 司組長がやってくると、現場は騒然とした雰囲気になった。最高幹部に撥ね付けられながらカメラを構えると、ファインダー越しに和装の六代目が見えた。焼香する表情からはなにも読み取れない。わずか数分、一言も発さぬまま、六代目は霊園を去った。 直後、駐車場でどよめきが上がった。慶弔委員の田堀寛・名神会会長が、 [全文を読む]

山口組分裂報道で「週刊実話」が六代目山口組側の逆鱗に触れ、編集長が退任する事態に! 頭を丸めて謝罪も

リテラ / 2015年12月06日18時00分

最近でも故・渡辺芳則五代目組長の命日にあたる12月1日、統括委員長というナンバー3の立場にある橋本弘文・極心連合会会長の、山口組からの離脱情報が流布。その3日後、橋本会長は残留の意思を表明したが、この一件をマスコミは「山口組激震」などと大きく伝えた。 このように騒動勃発以降、夕刊紙やスポーツ紙、そして週刊誌は山口組分裂騒動を数多く伝えてきた。特に"暴力団御 [全文を読む]

【分裂騒動】六代目山口組からナンバー3が離脱...それが意味するものとは

東京ブレイキングニュース / 2015年12月03日19時00分

山口組最高幹部の1人で若頭に次ぐナンバー3の位置にある統括委員長で、極心連合会会長の橋本弘文会長が山口組を離脱する事が明らかになった件だ。 ●島田紳助との関係で有名になった「極心連合会」の行方は? 筆者に入った情報では12月1日の山口組五代目組長の命日、歴代組長の墓碑がある神戸の霊園での法要後に橋本会長と連絡が取れなくなり、行方を捜していたところ病院に行っ [全文を読む]

大阪府警「暴」刑事が語り尽くした山口組と芸能界(2)ほんま警察むかつきますね

アサ芸プラス / 2013年03月13日09時58分

メールには、極心連合会会長の橋本弘文との黒い交際が如実に表れている。たとえば05年6月10日のメールはこうだ。 〈こないだ会長の顔みて、ほっとしました。縁あって知り合い、ほんま心ある関係にさしてもらいうれしいです。会長に心配していましたと言う前に、紳助、心配しとったんやといわれました! すごい方ですね。ありがとうございます! 感謝です。二郎さんと(橋本)会 [全文を読む]

フォーカス