大塩平八郎のニュース

小説家・飯嶋和一が大塩平八郎の乱で描く現代日本の映し鏡「今の日本を見てもこのままではいいわけがない、ということだらけ」

週プレNEWS / 2015年06月30日07時30分

大坂では庶民が命の危機にさらされている現状を見かねた大塩平八郎が蜂起(ほうき)するも失敗。それでも大塩平八郎の精神は日本各地に影響を及ぼしていた。そのひとつが松江藩・隠岐(おき)だ。 乱に連座した罪に問われた男の息子が流刑になって送られてくるところから物語は幕を開ける。だが、そこでも人々はひどい政治と重税にあえいでいた。そしてそれに耐えきれず、やがて、島民 [全文を読む]

『大塩平八郎』(上・下巻)が、Kindleストアなど3電子書店で配信開始!! 役人の不正腐敗を徹底的に糾弾した男は、何故“大塩平八郎の乱”を起こすに至ったのか?

DreamNews / 2015年05月22日17時00分

ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2015年5月22日(金)より、Kindleストア、Google Play、ならびにiBooksにて、電子コミック『大塩平八郎』(上・下巻)の配信を開始したことを発表します。ゴマブックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:赤井仁)は、2015年5月22日(金)より、Kindle [全文を読む]

ダンス×女子中高生×大塩平八郎・アメーバ=勉強!? ダンスで覚える勉強動画を公開。

PR TIMES / 2017年01月11日14時21分

日本史・生物のダンスは、歌詞テロップをあえて外した「振付を覚えようバージョン」も同時公開![画像4: https://prtimes.jp/i/10596/69/resize/d10596-69-680431-3.jpg ] [全文を読む]

谷亮子は大塩平八郎にソックリ!? 歴史上の人物に似ている有名人4選

tocana / 2016年08月22日08時00分

昨年、3月に右肘側副靱帯の損傷でトミー・ジョン手術を受けたテキサス・レンジャーズに所属するプロ野球選手のダルビッシュ有選手が見事にメジャーリーグに復帰した。持ち前の150キロ超えのストレートと切れ味鋭い変化球を武器に多くの三振を奪い、白星も挙げており、順調な回復ぶりを見せ活躍している。 2012年に紗栄子と離婚するも、昨年にはレスリング選手の山本聖子との間 [全文を読む]

今年の干支「丁酉」、60年に一度の大騒乱に?火の災害多発→好景気の歴史?

Business Journal / 2017年01月01日06時00分

また、たとえば天保8年(1837年) には、大坂において大塩平八郎の乱が発生。前年まで続いた天保の大飢饉に伴う米価の高騰によって庶民生活は困窮しており、大坂町奉行所の元与力である大塩平八郎が門人らと共に困民救済を唱えて反乱を起こしたのである。 同じ頃、越後国柏崎においては生田万の乱が発生、「大塩門弟」と称して代官所を襲撃した。いずれの反乱もその日のうちに [全文を読む]

マンガを読んでテスト対策!? 勉強に役立つマンガ5選

マイナビ進学U17 / 2015年12月14日12時02分

■要点をおさえて日本史の達人に!テストの定番「日本史」は避けて通れない分野ですが、テレビの時代劇などに比べると参考書に書かれた史実は地味で味気なく感じ、どうしても頭に入ってこないことってありませんか?・恐妻家として有名な徳川秀忠が人生でただ一度不倫をしていたこと・岐阜と鹿児島が姉妹県になった由来「宝暦治水事件」・江戸時代の発明王平賀源内が作ったとされる「土 [全文を読む]

【著者に訊け】飯嶋和一氏 6年ぶりの新作『狗賓童子の島』

NEWSポストセブン / 2015年03月13日16時00分

だったらお前は何のために、生きたいんだって」 本作では「大塩平八郎の乱」(天保8年)に連座した西村履三郎の遺児・常太郎の半生を軸に、後に「隠岐騒動」(明治元年)とも呼ばれた島民の自治獲得の闘いを描く。 パリコミューンに3年先んじたこの自治政府成立を、飯嶋氏は島民一人一人の感受性の事件として描き、流刑の島という舞台の特殊性と普遍性が絶妙だ。開国か攘夷かで揺れ [全文を読む]

風雲児たちガイドブック「解体新書」刊行のお知らせ

@Press / 2015年01月29日15時45分

登場人物は、徳川家康・徳川秀忠・保科正之・杉田玄白・前野良沢・平賀源内・小田野直武・高山彦九郎・林子平・田沼意次・松平定信・大黒屋光太夫・最上徳内・伊能忠敬・間宮林蔵・シーボルト・高野長英・渡辺崋山・大塩平八郎・江川太郎左衛門・阿部正弘・ジョン万次郎・佐久間象山・吉田松陰・ペリー・プチャーチン・勝海舟・坂本竜馬・西郷隆盛・大村益次郎。いずれも劣らぬ歴史的 [全文を読む]

新アルバム発売のレキシ 綱吉や光秀も登場の日本史歌詞の源泉は

太田出版ケトルニュース / 2014年07月22日08時47分

そういう意味では、歴史が好きになったと同時に、知らず知らずのうちに、歴史の上で妄想することを楽しんでたのかもしれないね」 最新作には持田香織、ハナレグミ、怒髪天、いとうせいこうらが参加し、楽曲には徳川綱吉、明智光秀、大塩平八郎、武田勝頼ら歴史上の偉人から、飛脚、足軽、岡っ引きらまで、歴史を彩った幅広い人物が登場。そのラインナップの広さを見る限り、まだまだ池 [全文を読む]

フォーカス