田尻智のニュース

宮本茂に忘れられた僕等は今すぐ、宮本茂を忘れよう。「1997」のファイナルファンタジーと、ダブルミリオンの黒歴史。

ガジェット通信 / 2013年07月26日18時00分

このポケモンというゲームを作ったのが、ご存じ田尻智です。 田尻智は「ゲームライターがハリウッドの頂点に立った」という文脈で語られる事が多い人物ですが、他にも見過ごしてはならない重要な事実が存在します。それは、田尻智という人はアクションゲームを作っていた、という事実です。 田尻智はクインティというアクションゲームを作っています。しかもこのクインティ、無茶苦 [全文を読む]

ご存知ですか? 2月27日は「ポケモン」が発売された日です

文春オンライン / 2017年02月27日07時00分

『ポケモン』の企画は、1990年にゲーム制作会社「ゲームフリーク」社長の田尻智(当時25歳)が、ゲームボーイの通信機能を使ったゲームを任天堂に提案したことに始まる。それは、自分のゲームボーイのなかにいるモンスターを、ほかのプレイヤーのモンスターと交換するというものだった。ここからさっそく開発が始まったものの、いかに「交換」という行為を面白くするか、そのた [全文を読む]

『ワールドネバーランド エルネア王国の日々』ユーザからの要望にお応えする大型アップデートのお知らせ!期間限定の新アイテムお試し用キャンペーンコードも発行!

DreamNews / 2015年12月24日15時30分

株式会社ゲームフリーク(本社:東京都世田谷区、代表取締役:田尻智)と株式会社アルティ(本社:福岡県福岡市、代表取締役:宮崎慈彦)は、12月24日、共同で開発した箱庭ライフRPG 『ワールドネバーランド エルネア王国の日々』に関して、ユーザからの要望にお応えした新機能を盛り込んだ大型アップデートを実施します。株式会社ゲームフリーク(本社:東京都世田谷区、代表 [全文を読む]

『蘇るファミコン必勝本』 全104号の歴史を収録 「伝説のスーパーマリオ256ワールド」も!

ガジェット通信 / 2017年06月09日00時00分

・大特集 ロールプレイングゲームの時代だ!! ドラゴンクエスト 本格的RPGがいよいよ登場 ・びっくり仰天特報スペシャル版 つ、ついに来た!! スーパーファミコン 来年後半に発売が決定!! スーパーファミコンの特筆すべき3つの特徴 ・新春スペシャル 必本独占 堀井雄二 特報インタビュー ドラクエ三部作を作り終えて ・スペシャルレポート 1989年ハード戦 [全文を読む]

ポケモン、「ゆるキャラ」──現代日本人の中に生きる「野生の思考」

NHKテキストビュー / 2016年12月30日08時00分

「ポケモン」の生みの親であるゲームクリエイターの田尻智氏は、少年時代を過ごした東京郊外の町田の虫捕り経験がこのゲームの元になっていると語っていました。その頃の町田はいまよりももっと自然が濃く、里山環境が広がっていました。そこでの虫捕り体験を元にしてゲームの世界を創造してみたら、その世界はなんと「野生の思考」を彷彿とさせるものとなってしまいました。おそらくこ [全文を読む]

2位ヨッピーさん、3位ダークソウルおじいちゃん、そして1位はあの伝説の...? 2016年電ファミをTAITAI編集長が振り返る

ニコニコニュース / 2016年12月28日17時00分

文/TAITAI2016年電ファミ人気記事(アクセス数順)No記事タイトルいいね! はてブ1【全文公開】伝説の漫画編集者マシリトはゲーム業界でも偉人だった! 鳥嶋和彦が語る「DQ」「FF」「クロノ・トリガー」誕生秘話7,768 1,8652今の子供達にファミコンの名作をやらせてもやっぱり「つまんない」って言うの? 実験してみた5,949 1,5213ダーク [全文を読む]

「ポケモンGO」が世界的大ヒットした理由

プレジデントオンライン / 2016年12月08日09時15分

そして、このゲームフリークの社長だった田尻智氏がポケモンの開発にあたって参考にしたのが、ウルトラマンシリーズだったと言われていることです。ウルトラマンシリーズの中のウルトラセブンでは、カプセル怪獣というものが出てきますが、当初は、このカプセル怪獣から着想を得て、カプセルモンスターというロールプレイングゲームの企画をしたそうです。それが、カプセルトイのような [全文を読む]

フォーカス