西田幾多郎のニュース

哲学者・三木清が『人生論ノート』に至るまで

NHKテキストビュー / 2017年04月26日00時00分

日本を代表する哲学者・西田幾多郎の『善の研究』です。西田が展開する独創的な思索に触れた三木は、「嘗(かつ)て感じたことのない全人格的な満足を見出すことが出来て踊躍歓喜(ゆやくかんぎ)」(『語られざる哲学』)し、「まだ何をやろうかと迷っていた私に哲学をやることを決心させた」(「我が青春」)と記しています。1917年、西田が教鞭をとる京都帝国大学文学部哲学科に [全文を読む]

【がっかり】期待外れ!?京都のがっかり観光スポットランキングが発表される。

秒刊SUNDAY / 2017年03月21日09時47分

哲学者西田幾多郎が散策、思索にふけった事からこの名前が付けられましたが特に何もないためがっかり度が高いようです。 桜の季節は綺麗で桜のトンネルができあがりますが、この時期を外すと特に情緒ある風景でもないということです。 2位 「京都国際マンガミュージアム」 ミュージアムと名が付いたマンガ図書館で、特に博物館色はないようです。 一日中マンガ付けにしたいけれど [全文を読む]

【京都4大桜名所】約2kmの桜トンネルにカフェも充実!歩くのが楽しい「岡崎」

Walkerplus / 2017年03月17日17時00分

哲学者の西田幾多郎が思索にふけりながら歩いたことからこの名前に。約2kmにわたって桜並木が続く人気スポットだ。疏水沿いに続く桜のアーチは散策にぴったり。道沿いの寺社にも桜の見どころが多いので、時間に余裕を持ってぜひ立ち寄ろう。■絶景桜DATA/見ごろ:4月上旬~中旬、ベストタイム:10時30分ごろ。早朝は比較的すいているが、光が美しいのはもう少しあと。数: [全文を読む]

桜と紅葉の名所!3分で知る銀閣寺・岡崎エリアまとめ

Walkerplus / 2016年10月18日18時23分

哲学者の西田幾多郎が、思索にふけったと言われることから名付けられている。桜の名所として名高いが、新緑や紅葉など、季節ごとに美しい景観が楽しめる。 「岡崎神社」は平安京守護のために建立された社の一つ。子授け、安産にご利益があると言われている。古くからウサギが氏神様のお使いと伝えられているため、狛ウサギや彫像などがいたるところに安置されている。 1895(明治 [全文を読む]

かほく市とイオン株式会社の「住みよいまちづくり連携協定」締結について~「か歩く健康ウォーキング事業」の健康ポイントカードとしてご当地WAONを採用~

PR TIMES / 2016年09月20日18時03分

<かほくにゃおんWAON」のデザインについて>表面には、かほく市のマスコットキャラクター「にゃんたろう」と「ブルーニャ」を、裏面には日本を代表する哲学者「西田幾多郎記念哲学館」、かほく市にある砂丘地農業試験場で開発が始まり、石川県が誇るオリジナル新品種で「夢のぶどう」と呼ばれる「ルビーロマン」、どこまでも続く白砂青松で知られるかほくの海岸をデザインしました [全文を読む]

銀閣寺・哲学の道エリアで食べたい!必食の京グルメ6選

Walkerplus / 2016年09月01日11時34分

中でも、哲学者の西田幾多郎が思索にふけりながら散策したという“哲学の道”は、春には桜、秋は紅葉といった景観美を満喫できるコースで、四季を通して多くの人が詰めかける。周辺には銀閣寺や真如堂をはじめ、有名な寺院や庭園、人気店も多いエリアだ。京の風情をたっぷりと感じながら、美味しいグルメを味わうために、銀閣寺・哲学の道エリアの“必食”京グルメを紹介しよう! ■ [全文を読む]

函館の五稜郭公園が国内春の絶景ランキング1位に!

Walkerplus / 2016年03月12日18時00分

■ 3位 哲学の道の桜(京都府) 京都大学教授で哲学者の西田幾多郎氏が思策にふけりながら歩いたことから、「哲学の道」と呼ばれるようになった全長約2kmにわたる散歩道。約500本のソメイヨシノが植えられており、春になると桜のトンネルができることから花見の名所に。 ■ 4位 羊山公園の芝桜(埼玉県) 秩父市街地を一望できる羊山公園の新名所。春になると約40万 [全文を読む]

『青空文庫POD』1月刊行は440作品、1,320製品!-牧野信一、林芙美子、宮沢賢治、宮本百合子、福沢諭吉などの作品を中心に-

PR TIMES / 2016年01月07日10時23分

上記著者の他に、永井荷風、永井隆、中里介山、中島敦、長塚節、中戸川吉二、中原中也、中谷宇吉郎、中山太郎、南部修太郎、新美南吉、西尾正、西田幾多郎、新渡戸稲造、野上豊一郎、野口雨情、萩原朔太郎、橋本五郎、長谷川時雨、長谷川伸、服部之総、浜尾四郎、浜田青陵、林不忘、葉山嘉樹、原勝郎、原民喜、樋口一葉、久生十蘭、火野葦平、平出修、平田晋策、平野万里、平林初之輔、 [全文を読む]

NMBセンターに抜擢!須藤凛々花の「哲学愛」は本物なのか? 哲学研究者が検証

リテラ / 2015年06月11日12時00分

実際、須藤の公式ツイッターアカウントのフォロー欄を見ると、ミシェル・フーコー、マルクス、パスカル、西田幾多郎、レヴィナスといった、知の巨人たちのbotアカウントが並んでいる。こんなアイドルのフォロー欄は見たことがない。 その特異なキャラクターには、見城徹や宇野常寛も注目。トークアプリ「755」やツイッターで賛辞のコメントを寄せている。 しかし、彼女の哲学 [全文を読む]

ハイブリッド書店サービス「honto」、中央公論新社と連携し、今最も読むべき新書『新書大賞2015』を発表!!

PR TIMES / 2015年02月12日11時11分

≪新書大賞2015受賞タイトル≫ 大賞:『地方消滅』 2位:『資本主義の終焉と歴史の危機』* 3位:『ハンナ・アーレント』 4位:『愛と暴力の戦後とその後』* 5位:『最貧困女子』* 6位:『創価学会と平和主義』* 7位:『昆虫はすごい』* 8位:『なぜ時代劇は滅びるのか』 9位:『だから日本はズレている』* 10位:『ヒトラー演説 熱狂の真実』 10位 [全文を読む]

佐伯啓思・京大教授 中高生に社会福祉や自衛隊体験入隊推奨

NEWSポストセブン / 2015年01月16日07時00分

哲学者の西田幾多郎は、人間は主体として常に理性的な計算によって行動するのではなく、「無私の精神」にたって、自分を殺し、無の境地になって、与えられた状況のなかで己の役割を果たそうとするのが日本的な心情だと考えていた。西田は別に特攻を支持したわけでもないし、特攻について書いているわけでもないが、この種の日本的精神が特攻の精神の根底にある。 ところが、戦後の民 [全文を読む]

高校生からの哲学雑誌『哲楽』第6号発行、今号では哲学者・永井均を特集!

DreamNews / 2014年09月11日13時00分

【もくじ】特集:永井哲学の道のりと広がり■インタビュー(6)永井 均 なぜ子ども時代の問いを持ち続けられたのか(28)木村 敏 「あいだ」と〈私〉をつなぐ西田幾多郎の「場所」■寄稿文(48)佐藤 暁 (発達障がい児教育研究者)(51)森岡 正博(哲学者)(54)青山 拓央(哲学者)(57)綿内 真由美 (高校教諭)(60)藤田 一照 (曹洞宗僧侶)■哲学の [全文を読む]

フォーカス