鹿取義隆のニュース

【ホテル日航成田】2016年3月19日(土)鹿取義隆 ランチ&トークショーの開催

PR TIMES / 2016年02月15日19時23分

プロ野球開幕直前企画 宿泊プランも販売いたします心をつなぐホテル」がコンセプトのホテル日航成田(成田市:総支配人 吉高誠)では、2016年3月19日(土)、12時より宴会棟1階「鶴の間」にて、野球日本代表「侍ジャパン」テクニカルディレクター鹿取義隆氏によるトークショー&ランチを開催いたします。鹿取氏は現役時代読売ジャイアンツ、西武ライオンズで中継ぎ・抑えと [全文を読む]

元巨人・西武の鹿取義隆氏 球団からの1億円提示固辞した理由

NEWSポストセブン / 2013年07月05日07時00分

今回は、巨人と西武の2チームで優勝に大きく貢献した名リリーフ・鹿取義隆氏のエピソードだ。 * * * ソフトバンク・千賀滉大がパ・リーグの救援投手として「連続無失点イニング記録」を達成した。優勝の鍵を握るとして救援投手が再び注目を集める中、ふと思い出したのは、文句も言わず黙々と19年間、755試合を救援として投げ続けた男のことだ。巨人・西武で活躍した鹿取義 [全文を読む]

【高校野球ニュース!】鍛治舎巧監督(秀岳館)対清宮幸太郎(早稲田実)など7つのニュースをお届け!

デイリーニュースオンライン / 2017年05月16日16時05分

斎藤雅樹(元巨人)や鹿取義隆(元巨人ほか)を彷彿とさせる投球フォームで4回2/3を被安打2、無失点に抑えたのだ。 小北は、高校入学後に父親のアドバイスでサイドスローに挑戦。往年の名投手2人の投球フォームがお手本になったそうだ。 小北は2回戦にも先発したが、残念ながら3対5で北海道科学大高に敗れた。夏にはさらに磨きのかかった投球に期待したい。 ■秋の忘れ物を [全文を読む]

FA3選手機能不全に渡辺恒雄氏激怒 巨人に「鹿取GM」急浮上

日刊ゲンダイDIGITAL / 2017年05月13日09時26分

巨人内がにわかにピリピリし始めた。 原因はもちろん、前日10日のナベツネ発言。5本塁打で阪神に打ち勝った試合を、上機嫌で観戦した読売新聞グループ本社の渡辺恒雄代表取締役主筆(90)が、オフに獲得したFA選手について話を振られるや、「3人いねえじゃねえか。見る目がなかったんじゃねえか。スカウトがダメだ!」と爆発した一件だ。 計26億円超もの大枚をはたいて招き [全文を読む]

【西武】辻発彦監督の武器は“気遣い”と“コミュニケーション力”

文春オンライン / 2017年03月31日11時00分

現役時代の辻発彦の後援会パーティー(右は鹿取義隆) ©中川充四郎 エラーを減らすために必要な“適度な表情” 昨季の西武は失策数が101個と12球団ワースト。これが勝負の分かれ目となったケースも数多くありました。とくに目に付いたのが、投手も含む送球エラー。野球にエラーは付き物といわれますが、練習で技術を磨くことと併せて精神面も大事ではないでしょうか。その辺 [全文を読む]

楽天と巨人のみ不在…通算100セーブ投手の誕生は

ベースボールキング / 2017年01月24日11時45分

<歴代セーブ数ランキング、巨人在籍時> 1位 93S 角 盈男 1位 93S マーク・クルーン 3位 81S 西村健太朗 4位 80S 石毛博史 5位 73S 沢村拓一 6位 58S 鹿取義隆 7位 56S 槙原寛己 8位 43S マシソン 9位 40S 河原純一 10位 37S 岡島秀樹 トップタイの角は、巨人のほかに日本ハムとヤクルトで合計6セーブを [全文を読む]

【プロ野球】《日本シリーズ・名ホームラン選》日本シリーズの歴史に刻まれた「ホームラン名場面」をプレイバック!

デイリーニュースオンライン / 2016年11月03日16時05分

杉浦は西武・鹿取義隆の投じた3球目をフルスイング。打球はライトスタンドに飛び込み、7対3でヤクルトがサヨナラ勝ちした。 この年限りでの現役引退を考えていた杉浦だったが、このサヨナラ本塁打で引退を撤回し、翌1993年まで現役を続けた。 また、この年の日本シリーズではヤクルトが2勝3敗で迎えた第6戦、秦真司が延長10回にサヨナラ本塁打を放ち逆王手に。続く第7戦 [全文を読む]

【プロ野球】【ドラフト特集・カテゴリー別[一芸選手]名鑑】一芸に秀でたオススメ候補を部門別に選出!

デイリーニュースオンライン / 2016年10月20日17時05分

【リリーフ部門】水野滉也(東海大北海道・右投右打) サイドハンドからの投球が、名リリーバーの鹿取義隆(元・巨人ほか)を彷彿とさせる。 【個性派部門】今村亮(東海大海洋学部・右投右打)=写真 観客に「えっ?」と思わせる変則フォームから、140キロ超のストレートを連発。もちろん対戦相手もビックリ。 ■一芸選手:野手編 【快足部門】泉祐介(花園大・外野手・左投 [全文を読む]

最下位からの巻き返しには、助っ人の活躍がカギ! DeNA助っ人外国人事情を探れ!!

デイリーニュースオンライン / 2016年04月24日16時00分

西武OBの鹿取義隆氏との1打席真剣勝負で安打を放ち、ハマスタを沸かせた。 ■伝統的に野手に個性派多し! ポンセに負けず劣らずの存在感を放ったのは、フェリックス・ミヤーン。1978年、横浜へ本拠地移転した大洋に入団。ポンセと同じプエルトリカンで、バットを極端に短く持って寝かせたフォームから安打の山を築いた。 またミヤーンの前任の二塁手で、のちに巨人に移籍した [全文を読む]

プレミア12で中田翔の覚醒を導いた、あのコーチの存在

週プレNEWS / 2015年11月24日06時00分

「もちろん、NPB(日本プロ野球機構)もそういう意図をもって稲葉コーチを代表入りさせたわけですが、見事にハマりましたね」(前出・スポーツ紙デスク) また、鹿取義隆投手コーチの評価も非常に高い。国際大会の指導歴が長く、「日本で最も他国の選手を熟知しているひとり」という声もあるほどだ。昨秋のアジア大会など小さな国際大会でも時間をかけて視察を重ねており、韓国や [全文を読む]

フォーカス