三善晃のニュース

【日本合唱曲全集】アルバム33タイトルをMEG-CDにて復刻!

DreamNews / 2014年10月22日10時00分

発売商品■マザーグースの歌/青島広志作品集 (15 曲収録) MSCL-60440 価格¥2,000+ 税■枯木と太陽の歌/石井歓作品集 (13 曲収録) MSCL-60441 価格¥2,000+ 税■愛の風船/大中恩作品集 2 (15 曲収録) MSCL-60442 価格¥2,000+ 税■落葉松/小林秀雄作品集 (14 曲収録) MSCL-60443 [全文を読む]

没20年・生誕88年記念「黛敏郎メモリアルシリーズ(全3回)」開幕! Vol.1コンサートは4月5日豊洲にて開催

DreamNews / 2017年02月03日13時00分

作曲を南聡、中川俊郎、三善晃、ピアノを中岡秀彦、河内純、夢藤哲彦、森安耀子の各氏に師事。http://www.takashi-niigaki.com/磯部英彬 Hideaki ISOBE作曲家。メディアアーティスト。東京音楽大学非常勤講師。1982年山梨県出身。作曲及び音響技術、コンピューター音楽を土屋雄氏に師事。コンピュータを中心とした作曲活動のほか様々 [全文を読む]

クラシックの聴き方が変わる!『1冊でわかるポケット教養シリーズ 形式から理解するクラシック』 9月16日発売!

PR TIMES / 2016年09月09日11時27分

作曲を池内友次郎、矢代秋雄、三善晃、永冨正之の諸氏に師事。ピアノを小林仁、舘野泉の諸氏に師事。著書:『はじめてのソルフェージュ』[全5巻]、『ミュージック・トレーニング』[全2巻](いずれも全音楽譜出版社)、『名曲で学ぶ音楽の基礎』[全2 巻](音楽之友社)、『クラシックのからくり』(ヤマハミュージックメディア)翻訳:『オックスフォードの音楽の基礎練習』[ [全文を読む]

7月13日渋谷にて作曲家・芥川也寸志の弦楽オーケストラ個展開催。大河ドラマ「赤穂浪士のテーマ」や映画「ゼロの焦点」「鬼畜」や芥川の最高傑作とも呼び声の高いトリプティークの演奏も含む。

DreamNews / 2016年06月28日14時30分

これまでに,土肥泰、三善晃、眞鍋理一郎、今井重幸の各氏の指導を受ける。特に最晩年の今井重幸には,アシスタントとして氏の作品の編曲,浄書を通じて深く関わり,演出家でもあった今井より,演出論や舞台論を含めた広範な指導を受けた。2015年1月に行われた今井重幸追悼公演では,今井に対する尊敬と感謝を込めた作品を自ら指揮して献呈した。近年は「先人の仕事は、みんなの財 [全文を読む]

クラシック音楽はなぜ人の心を揺さぶるのか? 楽曲の「かたち」から音楽の構成を徹底分析する、画期的な一冊! 『クラシックのからくり~「かたち」で読み解く楽曲の仕組み~』 4月21日発売!

PR TIMES / 2016年04月14日16時16分

作曲を池内友次郎、矢代秋雄、 三善晃、永冨正之の諸氏に師事。ピアノを小林仁、舘野泉の諸氏に師事。 著書に「はじめてのソルフェージュ」「ミュージック・トレーニング」(以上、全音楽譜出版社)、「クラシッ クの聴き方入門~名曲のスタイル分析 全80曲~」(ヤマハミュージックメディア)、「フォルマシオン・ミュジカル 名曲で学ぶ音楽の基礎」(音楽之友社)がある。 訳 [全文を読む]

全日本学生音楽コンクール全国大会の出場者をはじめとするデビュタントが演奏披露! クラシック・ヨコハマ2015 サロンコンサートin横浜マリンタワー開催

PR TIMES / 2015年11月20日11時00分

[画像1: http://prtimes.jp/i/13670/99/resize/d13670-99-102954-1.jpg ] 【主催】クラシック・ヨコハマ推進委員会、毎日新聞社、横浜市 【協力】横浜マリンタワー文化交流イベント事務局 【開催日時】2015年11月24日(火)13:30開場 14:00開演 【会場】横浜マリンタワー3F「マリンタワー [全文を読む]

『必ず役立つ 合唱の本 日本語作品編』5月21日発売!

PR TIMES / 2015年05月20日12時44分

「日常会話の発声法とどう違うのかわからない」 「お客さんに『歌詞が聴き取りづらい』と言われた……」 そんなあなたに今日から役立つ1冊! [目次] ■■序章 マンガ:日本の合唱を歌おう ■■第1章 座談会:日本語を美しく表現する方法 ■■第2章 日本語作品を歌う魅力と難しさ ■■第3章 日本語が美しく聞こえる歌い方 ■■第4章 実践で学ぶ日本語作品の歌い方 [全文を読む]

やなせたかし作詩、松村禎三の作曲による幻の作品収録、ひばり児童合唱団の歌によるCD「こどものための音楽」4月17日発売。「初恋の恋人に巡りあったように胸がときめきます」(やなせたかし)

DreamNews / 2015年03月17日09時00分

昭和38年TBS委嘱芸術祭参加作品「小さな目」をきっかけに定期演奏会行う様になり「オデコのこいつ」(作詞:蓬莱泰三 作曲:三善晃)「ヴォイスフィールド」(作曲:一柳慧)「北越戯譜」(作曲:柴田南雄)等数々の委嘱作品を発表。ひばり児童合唱団は音楽を通じて豊かな情操を育て、思いやりのある心を持てるように、そして誰もが楽しく歌える合唱団をモットーとしている。歌の [全文を読む]

sasakure.UK新作『摩訶摩謌モノモノシー』緊急リリース

okmusic UP's / 2014年11月05日17時06分

学生時代には男声合唱を学びながら、木下牧子、三善晃といった作曲家や、草野心平、新美南吉などの詩人・文学作家の作品に触れるようになり、この頃から独学で創作活動を開始。 インターネット上で自身のサイトを拠点に、オリジナルのインスト楽曲を発表する活動の後、"初音ミク"などの音声合成ソフトVOCALOIDにインスピレーションを受け、作詞にも挑戦。これらの楽曲を動 [全文を読む]

ゴースト作曲家・新垣隆氏の封印された壮絶な経歴...夜逃げ、露天商、妻が重病説も

東京ブレイキングニュース / 2014年02月07日10時40分

作曲を三善晃、南聡、中川俊郎、ピアノを森安耀子に師事。 転機は、1996年ごろ、佐村河内守と出会ったことであった。 当時新垣の妻千恵子は結核に冒され、新垣の薄給では薬餌代が賄えなかった。そのため、本業の音楽活動の傍ら肉体労働に勤しむようになる。 その現場で出会ったのが佐村河内であった。その時の出会いから佐村河内守のゴーストライターを18年間務めた。 現在、 [全文を読む]

フォーカス