今田竜二のニュース

PGAツアープロ、今田竜二(いまだ りゅうじ)と用具提供契約を締結 ~世界的ツアープロを革新的なギアでサポート~

PR TIMES / 2012年01月18日18時35分

テーラーメイド カンパニー(本社:米国カリフォルニア州)ではこの度、世界的なプレイヤーである米国男子ツアープロ、今田竜二(いまだ りゅうじ)と用具提供契約を締結。2012年度より「テーラーメイド」のドライバー、フェアウェイウッド、およびレスキューを使用してツアーに参戦します。 広島県の出身の今田竜二(35歳)は、1999年にツアープロに転向。2005年に米 [全文を読む]

石川遼は13位タイと好発進! 今田竜二は47位タイ

ParOn.(パーオン) / 2015年07月17日11時02分

今大会は全英オープンの裏大会となり、日本からは石川遼と今田竜二が参戦。初日は石川が3アンダーの13位タイと好スタート。今田竜二も1アンダーの47位タイにつけた。首位はサム・ソンダースの7アンダー。 新規開催の今大会は、主力選手が全英オープンに出場しているため、ツアー初優勝を目指す若手選手やフェデックスランキング下位の選手にとってチャンスとなる。石川遼も来シ [全文を読む]

今田竜二 復活に向けて充実した6週間

ParOn.(パーオン) / 2013年12月01日19時55分

カシオワールドオープンゴルフトーナメント(11月28日~12月1日、高知県・Kochi黒潮CC、7316ヤード、パー72) 米ツアーで8年間シード選手として活躍し、1勝を挙げている今田竜二。12年に米ツアーのシード落ちをしてから不調が続いていたが、今大会で7位タイに入り復調の兆しが見えた。 今季、コカ・コーラ東海クラシックからカシオワールドオープンまで日本 [全文を読む]

崔 虎星が単独首位、今田竜二、永野竜太郎が1打差の2位タイ発進!

ParOn.(パーオン) / 2015年11月05日15時53分

米ツアー復帰を目指す今田竜二が64で回り、永野竜太郎と並んで6アンダーの2位タイ。前年優勝の近藤共弘は3オーバーの74位タイと出遅れた。 崔 虎星が2番、3番の連続バーディでスタートすると、8番から3連続バーディ。さらに12番、13番も連続バーディと、この日7つバーディを奪い、ノーボギーのラウンドで63をマーク。7アンダーの単独首位に立ち、2013年のイン [全文を読む]

石川遼は20位タイで決勝R進出! 今田竜二は1打及ばず予選落ち

ParOn.(パーオン) / 2015年07月18日10時38分

一方の今田竜二は72と一つスコアを落とし、通算イーブンパーの81位タイで1打及ばず予選落ちとなった。首位はマーク・ヘンズビー(オーストラリア)と金 珉輝(韓国)の通算9アンダー。 3アンダーの13位タイから出た石川遼は、インスタートの10番で2メートルを沈めてバーディ発進。しかし、13番で3メートル、15番5メートル、16番の2.3メートルのチャンスを決め [全文を読む]

石川遼は57位タイで予選通過、今田竜二は予選落ち

ParOn.(パーオン) / 2015年03月07日08時01分

一方、今田竜二は通算10オーバーで予選落ちとなった。アレックス・チェイカ(ドイツ)が通算7アンダーで単独首位に浮上した。 第1組でスタートした石川遼。出だし1番は2日連続のボギーとしたが、初日イーグルを取った2番でバーディを奪って戻すと、7番でボギーをたたき、またも続く8番でバーディ。ボギー先行の苦しい展開をなんとかしのぐと、後半も14番でボギーをたたき、 [全文を読む]

石川遼が2オーバーの63位タイ、今田竜二は7オーバー121位タイと出遅れる

ParOn.(パーオン) / 2015年03月06日07時40分

日本人選手は石川遼と今田竜二が出場し、初日の石川は2オーバーの63位タイ、今田は7オーバーと崩れ、121位タイと出遅れている。 同じ週に世界ランキング上位の選手などが出場するWGC-キャデラック選手権が行われるため、裏開催となり、石川遼を始め、ツアー初優勝を目指す選手にはチャンスとなる大会。 2012年大会は優勝争いの結果2位、13年ではホールインワンを達 [全文を読む]

今田竜二は71と伸ばせず予選落ち、J・フューリクが単独首位に浮上

ParOn.(パーオン) / 2015年02月15日10時04分

モントレーペニンシュラCC(71)を回った今田竜二は71と伸ばせずに、通算1アンダーの118位タイで予選落ちを喫した。ジム・フューリクがペブルビーチGL(パー72)で63をマークして、通算18アンダーの単独首位に立った。 109位から巻き返し、予選突破を狙った今田竜二。モントレーペニンシュラCCの1番をバーディでスタートしたが、続く2番でボギーをたたくと出 [全文を読む]

今田竜二が初日を3アンダーの38位でスタート!

ParOn.(パーオン) / 2015年02月13日09時41分

初日、今田竜二がスパイグラスヒルGC(パー72)を69回り、3アンダーの38位タイにつけている。首位はJ・B・ホームズとジャスティン・ヒックスの8アンダー。 本大会は3コースを使った3日間の予選ラウンドのあと、最終ラウンドはペブルビーチGLで戦う変則的な形式で行われる。 ソニーオープン・イン・ハワイ以来の出場となった今田竜二は、スパイグラスヒルGC(パー7 [全文を読む]

ティム・クラークが逆転優勝! 今田竜二は70位に終わる

ParOn.(パーオン) / 2014年07月28日10時00分

今田竜二は最終日69で回り、通算4オーバーの70位タイ。 首位に3打差の12アンダー2位からスタートしたティム・クラークは、1バーディ、1ボギーで前半を終え、サンデーバックナインに入ると11、12番の連続バーディで波に乗り、14、15番の連続、さらに17番と5バーディを奪って、通算17アンダーで逆転優勝。2010年のザ・プレーヤーズ選手権以来のツアー2勝目 [全文を読む]

今田竜二は予選落ち、Z・ジョンソンが首位をキープ

ParOn.(パーオン) / 2014年07月12日10時50分

今田竜二は通算1オーバーで予選落ちとなった。首位はザック・ジョンソンとウィリアム・マガートの通算12アンダー。大会連覇を狙うジョーダン・スピースは通算7アンダーの16位タイに浮上している。 2オーバーの119位からスタートした今田竜二は、3番でバーディが先行し、3バーディ、1ボギーで前半を終えると、10番のバーディで通算1アンダーまで伸ばしたが、12番、1 [全文を読む]

石川遼、今田竜二予選落ち、首位はS・ラングレー

ParOn.(パーオン) / 2014年06月21日09時20分

トラベラーズ選手権(6月19~22日、米国コネティカット州・TPCリバーハイランズ、6854ヤード、パー70) 現地時間20日に行われた大会2日目、石川遼は通算3オーバー、今田竜二は5オーバーでともに予選落ちを喫した。通算11アンダーのスコット・ラングレーが単独首位に立った。 イーブンパーの76位タイから上位を目指した石川遼は、2番ボギーが先行も、6番、9 [全文を読む]

B・クレインが完全優勝、今田竜二は50位タイ

ParOn.(パーオン) / 2014年06月09日08時49分

今田竜二は通算2オーバーの50位タイに終わった。 悪天候で連日サスペンデッドが続いた今大会。ベン・クレインは初日63の7アンダーで首位に立つと、2日目も65で先にホールアウト。サスペンデッドの影響を受けずに2位に4打差の12アンダーで首位をキープ。3日目69、最終日は73と3つ落としたが、2日目までの貯金が効き、2位に1打差の通算10アンダーで逃げ切って完 [全文を読む]

初日は日没サスペンデッド、今田竜二暫定85位、首位はB・クレイン

ParOn.(パーオン) / 2014年06月06日11時45分

今田竜二はインスタートで4番を終え、1オーバーの暫定85位。 日本人選手で唯一出場の今田竜二はインからスタートし、12番、16番ボギーで後半へ。3番で初バーディを奪い、4番を終えたところで日没サスペンデッドとなり、1オーバーの暫定85位で、明日早朝に第1ラウンドの残りを行う。 暫定首位は18ホールを終え、3連続バーディを含む、7バーディ、ノーボギーで7アン [全文を読む]

今田竜二、米ツアー復帰へ「少ないチャンスを生かしたい」

ParOn.(パーオン) / 2015年11月12日15時26分

先週のHEIWA・PGM CHAMPIONSHIPに出場した米ツアー通算1勝の今田竜二。2014-15シーズンの米ツアーに4試合、下部のウェブドットコムツアーに2試合出場したが、いずれも予選落ちに終わった。12年にシード権を手放した米ツアー復帰は今年もならなかった。 来季のウェブドットコムツアーの出場権を懸けたQTは2次から受験の必要があったが、今年はエン [全文を読む]

今田竜二、得意の小技と運で2位タイ発進

ParOn.(パーオン) / 2015年11月05日18時19分

HEIWA・PGM CHAMPIONSHIP(11月5日~8日、千葉県・総武CC総武C、7123ヤード、パー70) 米ツアー1勝の肩書を持つ今田竜二のさわやかスマイルが戻ってきた。日本男子ツアーの平和PGM選手権第1ラウンドで、今田は6バーディ、ノーボギーの64、6アンダーで回り、首位と1打差の2位タイにつけた。 10番スタートの今田は、12番までに2つ伸 [全文を読む]

今田竜二、今季日本初参戦に「緊張感のあるゴルフをやりたい」

ParOn.(パーオン) / 2014年10月07日18時02分

TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Central(10月9日~12日、岐阜県・TOSHIN GC Central C、7004ヤード、パー72) 世界屈指のショートゲームの名手で、米ツアー1勝、シード権を8年保持した今田竜二が、日本ツアーに今季初参戦。木曜日に開幕するTOSHIN GOLF TOURNAMENT IN Centralに主催 [全文を読む]

米PGAツアー開幕を前に松山英樹、石川遼、今田竜二の昨シーズンを振り返る

ParOn.(パーオン) / 2014年10月07日18時00分

08年のAT&Tクラシックで優勝した今田竜二は、肋骨(ろっこつ)骨折や腰痛などの故障に苦しみながらも、今年はレギュラーツアーに9試合、下部のウェブドットコムツアーに11試合出場した。前者の最高成績はソニーオープン・イン・ハワイの20位タイ、後者はWNBゴルフクラシックの18位タイと、いずれも満足な成績を残せていない。残念ながら、来季は下部ツアーでプレーす [全文を読む]

第3ラウンドが終了し、今田竜二は50位、首位はB・クレイン

ParOn.(パーオン) / 2014年06月09日05時16分

今田竜二は1オーバーの50位タイ。首位は13アンダーでベン・クレインがキープしている。 インスタートの今田は通算2オーバーで、18番からプレーを再開し、後半の2番でバーディを奪うと残りはパーセーブを重ね、通算1オーバーの50位タイとなった。 首位のクレインは7番バーディでプレー再開したものの、10番をボギーとし、2バーディ、1ボギーの69と一つスコアを伸ば [全文を読む]

3日連続サスペンデッド、今田竜二は暫定62位、首位はB・クレイン

ParOn.(パーオン) / 2014年06月08日10時48分

今田竜二はインスタートで10番ボギーが先行、12番でバーディを奪うも続く13番をボギー、さらに17番もボギーとしたところで中断となり、通算2オーバーの暫定62位タイに後退した。 初日から首位を守っているベン・クレインは、1番バーディでスタートし、6番までプレーを終え、通算13アンダーまで伸ばして首位をキープしている。 暫定2位につけたのは、1番、6番をバ [全文を読む]

フォーカス