広田亮平のニュース

「真田丸」信幸の息子役に広田亮平&大山真志!

Smartザテレビジョン / 2016年09月11日10時00分

大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)に、信幸(大泉洋)の息子・信吉役で広田亮平、信政役で大山真志が出演することが発表された。 信幸の長男・信吉の母はおこう(長野里美)。大坂の陣では病身の父に代わって出陣して、夏の陣の翌年には沼田藩3万石を信幸から受け継ぐ。 演じる広田は、'96年生まれの19歳。子役として、'03年の連続テレビ小説「こころ」(NHK総合ほ [全文を読む]

山本舞香、セーラー服姿で「桜ノ雨」を合唱!

Movie Walker / 2016年03月03日22時05分

3月3日(木)、シネマート新宿にて、映画『桜ノ雨』(3月5日公開)の完成披露試写会が行われ、山本舞香、広田亮平、久松郁実、田畑智子、ウエダアツシ監督が登壇した。 ボーカロイドで火が付き、ミリオンヒットを記録。今や卒業ソングの定番となった“神曲”「桜ノ雨」。同曲を基にした小説も大ベストセラーになった。そして、その小説を基にしたのが、映画版『桜ノ雨』だ。 セー [全文を読む]

「神回だった!」「見よ!これが我らの受信料よ!!」大河クラスタ興奮、大スケールの“真田丸”がついに登場!『真田丸』第44話「築城」レビュー!!

おたぽる / 2016年11月09日13時00分

相変わらず調子がいい伊達政宗(長谷川朝晴)、沈痛な表情の上杉景勝(遠藤憲一)と直江兼続(村上新悟)などの再登場、そして信之の息子2人、信吉(広田亮平)と信政(大山真志)がどんどん仲が悪くなっていっている点などは注目ポイントだろう。源三郎と源二郎はあんなに兄弟仲が良かったのに……。 [全文を読む]

哀川翔、岡本健一演じる新キャラクター続々登場! 運命の人(?)・茶々との再会もあった『真田丸』第41話「入城」レビュー!!

おたぽる / 2016年10月19日18時00分

幸村の最初の子・すえ(恒松祐里)の夫として石合十蔵(加藤諒)、信之の2人の息子、信吉(広田亮平)、信政(大山真志)、そして木村重成(白石隼也)、後藤又兵衛(哀川翔)、毛利勝永(岡本健一)……。特に大坂城で幸村と共に戦う相川・又兵衛の存在感はやっぱり凄い。 ネット上の反応を見ても、「大坂城、ヤンキーのたまり場みてぇ」「又兵衛と勝永のガラの悪さよw あの二人で [全文を読む]

山本舞香“初座長”卒業に「胸がいっぱいです」

Smartザテレビジョン / 2016年03月05日19時00分

3月5日より公開の山本舞香主演映画「桜ノ雨」の初日舞台あいさつが、東京・シネマート新宿で行われ、山本、浅香航大、広田亮平、久松郁実、ウエダアツシ監督が登壇した。 本作は、ミリオンヒットとなったボーカロイド楽曲で、今や卒業ソングの定番となった「桜ノ雨」の世界観を基にした青春物語。海辺の町の高校合唱部を舞台に、内気な少女が部活、進路、淡い恋愛に葛藤しながら前進 [全文を読む]

山本舞香、初主演映画監督からの手紙に涙!「世界で一番、幸せ」

Movie Walker / 2016年03月05日15時57分

山本舞香の初主演映画『桜ノ雨』の初日舞台挨拶が3月5日にシネマート新宿で開催され、山本をはじめ、浅香航大、広田亮平、久松郁実、ウエダアツシ監督が登壇。ウエダ監督から心のこもった手紙を贈られた山本が、「世界で一番幸せだと思う」と清々しい涙を流した。 ボーカロイド楽曲で火がつき、中学校・高校卒業式の定番ソングになった「桜ノ雨」を実写映画化し、合唱部を舞台にした [全文を読む]

映画初主演でセーラー服姿の山本舞香が明かされた恥ずかしい暴露とは…

週プレNEWS / 2016年03月04日15時00分

映画『桜ノ雨』の「学生限定完成披露試写会」が3日に行なわれ、初主演を務めた山本舞香の他、広田亮平、久松郁実、田畑智子、そしてウエダアツシ監督が登壇した。 今作はニコニコ動画に投稿された同名の曲(作詞作曲・森晴義)をモチーフにした青春映画。「卒業式は笑顔でバイバイしたい」という本誌でもお馴染みのグラビアアイドル・久松も「歌詞とリンクしていて、いい曲だな」と共 [全文を読む]

『桜ノ雨』山本舞香のおちゃめな素顔を監督が暴露

Movie Walker / 2016年03月04日11時00分

「浅香航大くんや広田亮平くん、三浦透子ちゃんとのお芝居の駆け引きも見ていて面白かったけど、ただ1人で歩くシーンやバスに乗っているだけのシーンなど、何気ないお芝居もすごく良くて。あ、僕、ほめまくってますね(笑)」。山本は今回、歌にもトライしたが、実は演じたヒロイン同様、歌は元々苦手だったと告白する。「挿入歌とエンディングロールでソロも歌わせていただきましたが [全文を読む]

久松郁実、セーラー服で登場♡「卒業式で泣いたことない」

Woman Insight / 2016年03月03日22時51分

3月3日に東京・シネマート新宿にて、映画『桜ノ雨』(3月5日公開)の学生限定完成披露試写会が行われ、山本舞香さん、広田亮平さん、久松郁実さん、田畑智子さん、ウエダアツシ監督が登壇。劇中の合唱部員とともに「桜ノ雨」を合唱しました。 本作は、シンガーソングライターhalyosy(はるよし)氏が2008年にニコニコ動画で公開し、別れの曲ではなく再会を約束する曲と [全文を読む]

浅香航大、山本舞香に公開謝罪「すみません!」

Movie Walker / 2015年10月30日18時05分

第28回東京国際映画祭パノラマ部門に選出された『桜ノ雨』(2016年3月公開)の舞台挨拶が10月30日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、山本舞香、浅香航大、広田亮平、久松郁実、原作・原案のhalyosy、ウエダアツシ監督が登壇。それぞれが自前のハロウィンコスプレで登場し、会場を沸かせた。 本作で映画初主演を果たした山本は「うれしかったんですが、緊張 [全文を読む]

セーラー服姿の山本舞香、「桜ノ雨」生合唱で感激の涙!

Movie Walker / 2015年10月30日17時24分

第28回東京国際映画祭パノラマ部門に選出された『桜ノ雨』(2016年3月公開)の生合唱イベントが10月30日に六本木ヒルズアリーナで開催され、山本舞香、広田亮平、久松郁実、原作・原案のhalyosy、ウエダアツシ監督が登壇。歌唱中、感極まった山本が涙をこぼした。 ボーカロイド楽曲で火がつき、中学校・高校卒業式の定番ソングになった「桜ノ雨」を実写映画化し、合 [全文を読む]

萩の乱に美和が苦悩!「花燃ゆ」第43回

Smartザテレビジョン / 2015年10月24日06時01分

そこで2人は、美和のおい・小太郎(広田亮平)の死と反乱に賛同していた叔父・玉木文之進(奥田瑛二)の切腹を知る。さらに、前原は政府軍の指揮を執る木戸孝允(東山紀之)らにより反乱の首謀者として捕らえられ、斬首されることが決まった。楫取は木戸の元を訪ね、前原の思いを聞いてほしいと胸の内をぶつけるが…。 かつての松陰のように、志のために猛々しく死ぬことを熱望する [全文を読む]

注目の若手美人女優・山本舞香がボカロ楽曲「桜ノ雨」の実写映画化に主演決定、2016年春に公開!

AOLニュース / 2015年09月11日12時00分

その他、広田亮平、久松郁実とフレッシュな面々が揃った。監督は、映画『リュウグウノツカイ』でのウエダアツシ。なお本作は、今年の東京国際映画祭にて上映されることが決定している。 また、本作の楽曲制作・原作・原案を手掛けたhalyosyは、公式HPにて「ついに完成しました映画『桜ノ雨』。活き活きと動き回る鈴・蓮。悩み多き未来・友梨。憧れのハル先輩・瑠樺。そして芽 [全文を読む]

「映像が安っぽい!?」実写映画『魔女の宅急便』予告編YouTubeコメント欄で論争勃発

日刊サイゾー / 2014年01月09日20時30分

予告映像では、話の舞台である“コリコ島”に降り立った見習い魔女のキキによる爽快な飛行シーンや、パン屋の女将・おソノ(尾野)、とんぼ(広田亮平)らの姿が確認できる。予告映像を見た人からは、期待を寄せる声も上がっている一方で、スタジオジブリ版『魔女の宅急便』のイメージが強いせいか、否定的な意見も多い。 「実写版は、地中海の風景に似たロケ地を選んだようですが、 [全文を読む]

「ドラマWスペシャル 尾根のかなたに~父と息子の日航機墜落事故~」平成24年度文化庁芸術祭優秀賞を受賞!

PR TIMES / 2012年12月21日19時40分

<スタッフ・キャスト> 原作: 門田隆将 「尾根のかなたに 父と息子の日航機墜落事故」(小学館文庫) 監督: 若松節朗(『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』) 脚本: 岡田惠和(連続テレビ小説「おひさま」、「最後から二番目の恋」) 音楽: 住友紀人 出演: 伊勢谷友介 松坂桃李 玉山鉄二 / 萩原聖人 貫地谷しほり 濱田龍臣 広田亮平 小林海人 余 貴美子 [全文を読む]

ドラマWスペシャル「尾根のかなたに~父と息子の日航機墜落事故~」ギャラクシー賞2012年10月度月間賞を受賞 ~「ダブルフェイス」主演の西島秀俊氏も同賞を受賞~

PR TIMES / 2012年11月21日16時45分

<スタッフ・キャスト>原作: 門田隆将 「尾根のかなたに 父と息子の日航機墜落事故」(小学館文庫)監督: 若松節朗(『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』)脚本: 岡田惠和(連続テレビ小説「おひさま」、「最後から二番目の恋」)音楽: 住友紀人出演: 伊勢谷友介 松坂桃李 玉山鉄二 / 萩原聖人 貫地谷しほり 濱田龍臣 広田亮平 小林海人余 貴美子 中田喜子 塩見 [全文を読む]

フォーカス