池田輝政のニュース

あす8/1から夏休み特別企画・日本の建築シリーズ!テレビ東京「美の巨人たち」

PR TIMES / 2015年07月31日13時21分

どうぞご期待ください!【放送ラインナップ】第1弾/8月1日放送 池田輝政『姫路城』[画像1: http://prtimes.jp/i/2734/410/resize/d2734-410-880293-0.jpg ]築城400年、今年3月、5年半に及ぶ修理が完成した、国宝、そして日本で最初の世界遺産『姫路城』。築城主は、姫路藩・初代藩主の池田輝政。重要な拠点 [全文を読む]

姫路城 「平成の大修理」で天守閣に「幻の窓」が発見された

NEWSポストセブン / 2014年10月22日16時01分

そして家康の娘婿・池田輝政が城主となって、現存の大天守や小天守が築かれた。 2009年から始まった「平成の大修理」のため大天守と周辺区画は来年3月末まで立ち入ることはできないが、今回、特別な許可を得て城内へ。姫路市立城郭研究室の工藤茂博氏の案内で大天守へと向かうが、その道は実に複雑だ。何度も折れ曲がり、反転し、坂や階段を上ったり下ったりする。 「侵入した敵 [全文を読む]

『刀剣乱舞』で待ちに待った新キャラ“大包平”登場で審神者が興奮のあまり崩壊!

おたぽる / 2016年12月23日20時00分

歴史的な逸話や伝説にやや乏しく、池田輝政に見出されたという一説は彼の拠り所。同郷の鶯丸に観察されている」と説明された。 公開された大包平の全体像は、赤い短髪に端正で凛々しいルックス、9頭身はあろうかというスタイルに赤い鎧風のコスチュームを纏っているという非常に美しいもの。これには「イエス! イエス! 超絶イケメンカネヒラ来た!!!」「うはぁカッケェェ~!こ [全文を読む]

城めぐり、空前の大ブーム!絶対に一度は行くべき名城リスト10!

Business Journal / 2016年09月11日06時00分

五重7階の連立天守は、池田輝政が城主だった慶長年間の1609年に完成した。 大修理以降はスマートフォンアプリを利用した臨場感あふれる映像サービス、外国人観光客向けのボランティアガイドなど、ソフト面の充実も図ってきた。ハードとソフトの魅力が内外の観光客の心をとらえたといっていいかもしれない。 2位の松本城は、姫路城と対照的に「烏城」と呼ばれる黒の天守が売りに [全文を読む]

姫路城、なぜ人気沸騰&客殺到で3時間待ち?5年に及ぶ大修理の費用、たった1年で回収?

Business Journal / 2016年04月08日06時00分

五重7階の連立天守が完成したのは、池田輝政の時代。関ヶ原の戦いでの武功が認められ、1600年(慶長5年)に播磨52万石の姫路城主となった。輝政は翌年から大改装に取り掛かり、1609年(慶長14年)に天守を完成させた。ちなみに、それ以前に1580年から3年間にわたって城主だった羽柴秀吉(豊臣秀吉)は三重天守を築いている。 以来、城主は何度も代わったものの一度 [全文を読む]

冬の京都で貴重な文化財にふれる旅

IGNITE / 2016年03月09日10時00分

彼女は姫路城築城者である池田輝政の妹でもあり、関ヶ原合戦前に攻め込んできた石田三成の兵士を自ら倒して脱出するという、剛毅な姫だった。 寺の建造は当時鳥取城主だった(やがて岡山藩主になる)輝政の孫・池田光政によるものとも言われ、また天久院も鳥取城に身を寄せていた為、鳥取藩池田家の家紋「丸に揚羽蝶」を瓦に見る事が出来る。 さて「妙心寺天球院」だが、ここの凄さは [全文を読む]

白の姫路城と黒の松本城の歴史に迫る―なぜ色が違う?

ダ・ヴィンチニュース / 2015年11月30日06時30分

その原型ともいえる姫山の砦は、1333年に赤松氏によって築かれ、その後1580~1601年の戦国末期に、池田輝政が大改修を行った事で、現在の姫路城の形となります。西国の諸国大名を抑える為の拠点として重要視されていたので、今に残るほどの大きな城郭となったのです。現在残っているのは、大小天守4棟と渡櫓4棟の計8棟、他に重要文化財の櫓16棟・渡櫓11棟・門15棟 [全文を読む]

女性に喜んでもらう旅先に、今が旬の「岡山県」という選択

IGNITE / 2015年08月09日17時36分

戦国時代、宇喜多直家が築城し、その後に姫路城主であった池田輝政の子孫達が守り抜いてきた、黒き城「烏城」とも称される岡山城。 天守閣では何と、フルーツパフェが頂けるのだ。 その名も「お城パフェ」。 季節によって使用する果物は変わるが、夏はピオーネと白桃がメイン。ピオーネを中心とした果物がたくさん載せられ、あらごしの桃が中にたっぷり。 城の中でこんな贅沢なパフ [全文を読む]

超歴史アクションコミック『セキガハラ』第3巻発売記念 秋葉原の祭り居酒屋「おもてなし」とコラボイベント8月16日から開催

@Press / 2014年08月14日12時00分

■イベント概要 期間 :2014年8月16日(土)~同8月30日(土) 開催場所:祭り居酒屋「おもてなし」 東京都千代田区外神田1-11-4 ミツワビル5F 営業時間:火~日・祝前日・祝日 ディナー 17:00~23:30(L.O.22:30、ドリンクL.O.23:00) 定休日 :月曜日 ■『セキガハラ』ストーリー 未来の予見者(石田三成)VS虎人間( [全文を読む]

姫路城「平成の大修理」が最終段階 担当者が困難な作業語る

NEWSポストセブン / 2014年07月12日07時00分

1609(慶長14)年に徳川家康の娘婿・池田輝政によって築かれた大天守は、400年以上にわたって何度も修復が施され、最近では1956年から64年にかけての「昭和の大修理」で、大天守を全面解体して再構築する工事が行なわれた。そして今回の「平成の大修理」では、屋根瓦の全面葺き替えと漆喰の塗り替えが中心となった。 日進月歩の建築技術を考えれば簡単な工事にも見える [全文を読む]

姫路城「平成の大修理」 職人の技と最先端技術の壮大な合作

NEWSポストセブン / 2013年06月14日07時00分

大天守は、徳川家康の娘婿、池田輝政によって慶長14年(1609)に築かれた。五層六階、地下一階からなり、高さは46.35m。難攻不落の名城に偽りはなく、外壁や屋根に近づくのは容易でない。 昭和31~39年に行なわれた「昭和の大修理」は、傾いていた大天守を全面解体して再構築し、のべ25万人が従事するという未曽有の規模だった。今回は、それから実に45年ぶりと [全文を読む]

横浜エリアに特化したおでかけアプリ 「横浜100ガイド」提供開始

PR TIMES / 2013年04月30日14時39分

興味のあるおでかけテーマを選んで自分だけのオリジナルガイドを作成 第一弾はイベント情報やホテルのレストランフェア情報! 東京のおでかけ情報サイト「レッツエンジョイ東京」(http://www.enjoytokyo.jp/)を運営する株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎、以下ぐるなび)は、横浜高速鉄道株式会社(本社:横浜市中区、 [全文を読む]

フォーカス