鈴木大拙のニュース

世界に禅を広めたこの日本人、日本ではどのように紹介されているか―中国メディア

Record China / 2017年03月25日11時40分

日本の禅文化を海外に広くしらしめた仏教学者である鈴木大拙(すずきだいせつ、1870−1966)の出身地・石川県金沢市には、「鈴木大拙館」がある。(文:陳言。瞭望東方周刊掲載)鈴木大拙の本名は鈴木貞太郎、「大拙」は居士号だ。中国にはほんとうに賢い人は、やたらに自分の知恵をひけらかさないという意味の「大智は愚の如し」ということわざがあるが、「大拙」という円覚寺 [全文を読む]

末期癌の医師・僧侶が語る空海「重々帝網名即身」の解釈

NEWSポストセブン / 2016年10月20日07時00分

彼は鈴木大拙の著作を愛読したと言っています。鈴木大拙は華厳経を英訳して出版しました。エンデはドイツ人ですから、土井虎賀壽のドイツ語訳華厳経も読んだかもしれません。 ネバーエンディング・ストーリーは、一人の子供がファンタジェンという空想世界(仏教でいう「空」の世界)に入る物語です。華厳経の曼荼羅の世界を想定したと思われるファンタジェンという言葉は、ミヒャエル [全文を読む]

更新を続ける21世紀の禅の実態に迫る!『美術手帖』11月号はZEN特集

PR TIMES / 2016年10月17日09時19分

[画像1: http://prtimes.jp/i/10983/36/resize/d10983-36-722967-5.jpg ]監修は、『禅という名の日本丸』や『東京ブギウギと鈴木大拙』などの著書で、欧米における禅の受容とZENへの変容の背景と分脈を語ってきた文化交流史研究の山田奨治(国際日本文化研究センター教授)。巻頭では、アメリカの西海岸での取材を [全文を読む]

金沢の工芸と街の魅力を発信「金沢21世紀工芸祭」のプレミアムイベント「構と想」を開催

@Press / 2016年10月12日15時00分

【プレミアムイベント「構と想」概要】開催日 :2016年10月8日(土)開催場所:金澤神社、旧中村邸、鈴木大拙館<プログラム>オープニング(金澤神社):由緒ある神社にて箏とフルートの演奏。「金沢」の地名の由来となった湧き水「金城霊澤」を有する神社にて、北川聖子(箏)、安島愛里(フルート)両氏による演奏で幕を開けました。工芸回廊(旧中村邸):築約90年の旧家 [全文を読む]

禅の世界をフードアーティストや茶道家と体験する、金沢の旅!アートやカルチャーに生で触れ、心を耕すプレミアム体験型ツアー『cultra(カルトラ)第10弾 -諏訪綾子×奈良宗久-』を7月12日・13日に開催!

@Press / 2015年05月08日10時30分

禅の思想を体感できる場としての鈴木大拙館と、そのあじわいの体験はお互いに響きあうはずです。これまでに味わったことのない驚きと感動をもたらす旅となります。加賀百万石の武家文化が今なお息づく金沢で行う特別な茶の湯の席をご体験いただけます。 ■開催概要 日時 :2015年7月12日(日)~13日(月) 場所 :金沢市内 募集人員:30名程度 料金 :金沢から参加 [全文を読む]

トリップアドバイザー、北陸新幹線開業に伴い「日本の新幹線全国路線MAP 2015年度版」トリップグラフィックと、石川県・富山県の「行きたい!食べたい!泊まりたい!ランキング」を発表

PR TIMES / 2015年03月13日13時11分

その他、金沢が生んだ仏教哲学者・鈴木大拙について学べる『鈴木大拙館』や、約600台の蓄音器が収蔵されているという『金沢蓄音器館』、江戸時代から残るお茶屋の建物『志摩』、まるで忍者屋敷のような様々な仕掛けがあった『妙立寺(通称:忍者寺)』など、石川県の魅力は幅広く、たくさんの見どころがありそうです。 [全文を読む]

猪瀬直樹氏も登壇。話題の瞑想法「マインドフルネス」と禅のシンポジウムが開催

IGNITE / 2017年05月12日07時00分

戦前に英文で書かれた鈴木大拙『禅と日本文化』の出版により、禅は世界で独自に展開した。21世紀に入ってからは米シリコンバレーで「マインドフルネス」として急速に普及し、グーグルはじめ著名企業の社員研修プログラムにも組み込まれるようになった。 そこで、仏教の禅と世俗的文脈でのマインドフルネスの相違を踏まえながら、あらためて日本文明にとって禅とは何かを考えるシン [全文を読む]

禅とマインドフルネス

PR TIMES / 2017年05月08日11時00分

日本文明研究所 2017年 第8回シンポジウム「禅とマインドフルネス」戦前に英文で書かれた鈴木大拙『禅と日本文化』により、禅は世界で独自に展開した。21世紀に入ってからは米シリコンバレーで「マインドフルネス」として急速に普及し、グーグルはじめ著名企業の社員研修プログラムにも組み込まれるようになった。仏教の禅と世俗的文脈でのマインドフルネスの相違を踏まえなが [全文を読む]

教養と古典をどう考える? 明治大学 × 100分de名著 トークイベント開催

PR TIMES / 2016年06月14日19時22分

[画像2: http://prtimes.jp/i/18219/19/resize/d18219-19-888592-2.jpg ]中沢さんは2015年1月の特番「100分de日本人論」で出演者の一人として「鈴木大拙 日本的霊性」を取り上げました(のち『別冊NHK100分de名著 「日本人」とは何者か?』として書籍化)。お二人以外にも明治大学からは5人の先 [全文を読む]

金沢名所をまわる金沢スイーツランニング。3月15日から毎週開催!!

DreamNews / 2015年03月03日12時00分

■コース予定 コース(1)「金沢あんなとこ・こんなとこ」 金沢駅東口-玉川公園-せせらぎ通り-武家屋敷-○西茶屋街--○寺町-犀川-鈴木大拙館-○石川県立美術館-石川門-尾山神社-近江町-主計町-○橋場町-浅野川-○東山茶屋街-○俵屋飴-金沢駅東口(約15km 途中○印でスイーツ他立ち寄り) コース(2) 心の道と金沢五社めぐり金沢駅東口・鼓門-安江八幡宮 [全文を読む]

フォーカス