竜崎勝のニュース

高島彩が語った「墓前プロポーズ」と出産秘話

デイリーニュースオンライン / 2015年10月10日08時30分

5歳の時に亡くなった父・竜崎勝との思い出 高島が5歳のときに亡くした父・竜崎勝は、劇団俳優座付属養成所「花の15期生」の出身。同期には地井武男や村井国夫がいた。クリスマスの直前に亡くなり、お兄さんと「サンタさんにクリスマスプレゼントはいらないから、父を返してもらおう」と話していた様子がお母さんからの手紙で紹介された。 父は、高島が4歳のときに自作した絵本 [全文を読む]

今年は“大魔神”佐々木主浩の長男が「コネ入社」!?フジテレビの思惑とは?

アサ芸プラス / 2017年04月10日09時58分

近年は竜崎勝の長女・高島彩、高橋英樹の長女・高橋真麻、田淵幸一とジャネット八田の長男・田淵裕章、永島昭浩の長女・永島優美、生田斗真の弟・生田竜聖、藤井フミヤの長男・藤井弘輝、陣内孝則の長男など枚挙に暇がないだけに、ネット上では「だから番組がつまらない」「マジメに就活している学生がかわいそう」といった苦言が相次いでいる。 一方、佐々木といえば引退後は野球解説 [全文を読む]

フジテレビのお家芸! 今年は“大魔神”佐々木主浩の長男が入社「またコネか」「アホらしい」

日刊サイゾー / 2017年04月06日00時00分

近年も、竜崎勝の長女・高島彩、高橋英樹の長女・高橋真麻、田淵幸一とジャネット八田の長男・田淵裕章、永島昭浩の長女・永島優美、生田斗真の弟・生田竜聖、藤井フミヤの長男・藤井弘輝、陣内孝則の長男など枚挙に暇がない。 「世間の感覚とのズレが“嫌フジ”の原因と言われる中、フジはいまだにコネ採用を続けている。そんな特権階級育ちの社員たちが作った内輪ウケ番組を見せつけ [全文を読む]

幼児教室、お受験…高島彩の熱心な育児を支えているのは夫ではなく…?

messy / 2016年12月29日20時00分

高島の父で俳優の竜崎勝は、高島が5歳の頃に44歳の若さで亡くなっている。そのため実母は女手ひとつで高島とその弟を育てた。そこについて実母は「実際には色々な意味で恵まれた環境の中におりましたので、親戚友人に支えられて、伸び伸びと明るく育つことができたのかなと思います」と振り返っており、苦労はあったのだろうがそれを一切語らない。あくまでも、子供の頃はワンパク [全文を読む]

藤井フミヤのゴリ押しじゃなかった?フジは有力子息に入社を“お願い”していた!?

アサ芸プラス / 2016年08月07日17時59分

フジといえば、過去にもフリーアナウンサーとなった高島彩の父親は俳優の竜崎勝、同じくフリーの高橋真麻の親は俳優の高橋英樹。俳優の陣内孝則の息子は局内でディレクター職を務めている。スポーツ界からも田淵裕章アナは元プロ野球の田淵幸一の息子で、永島優美アナの父親は元Jリーガーの永島明浩氏と、フジのコネ入社はもはや伝統芸の域に近い。 世間からは親の七光りを利用してフ [全文を読む]

藤井フミヤの長男もフジテレビに入社、コネ体質を批判される凋落の内実とは…

週プレNEWS / 2016年04月16日06時00分

思いつくだけでも、高島彩元アナ(俳優・竜崎勝の娘)、高橋真麻元アナ(俳優・高橋英樹の娘)、永島優美アナ(元Jリーガー・永島昭浩の娘)、生田竜聖アナ(ジャニーズ・生田斗真の弟)、田淵裕章アナ(元プロ野球選手・田淵幸一の息子)など、多士済々。 業界関係者の間では「コネ入社が噂される局員の数はキー局屈指」ともいわれている。フジテレビの局員が言う。 「ひと口にコ [全文を読む]

【ウラ芸能】フジテレビ、お家芸のコネ入社たちの春

NewsCafe / 2016年04月09日15時00分

フジテレビは女子アナをタレント化させたテレビ局の元祖だから、女子アナの名前はすらっと出てくるけど…」記者「2世に絞れば現フリーを含め、俳優・竜崎勝(享年44)の娘・高島彩(37)とか、俳優・高橋英樹(72)の娘・高橋真麻(34)とか、スポーツキャスター・永島昭浩(52)の娘・永島優美(24)は現役です」デスク「小説家の遠藤周作(享年73)の息子は役員になっ [全文を読む]

藤井フミヤ長男の入社に囁かれるフジテレビ“コネ採用”のウラ事情

デイリーニュースオンライン / 2016年04月03日13時05分

"アヤパン"の名で高い知名度を誇った現フリーアナウンサー・高島彩の父親は俳優の竜崎勝(本名、高島史旭)、高橋真麻の親も俳優の高橋英樹。局内でディレクター職をつとめると言われる陣内太郎の親は俳優の陣内孝則だ。フジのコネ入社は、もはや伝統芸の域に近い。 そんな話題の入社がある一方、4月末には約8年にわたってフジテレビに注目を集め続けたエースアナウンサーの"カト [全文を読む]

「下町ロケット」で好演した高島彩の次なる一手はNHK大河「真田丸」出演?

アサ芸プラス / 2015年12月25日17時59分

ドラマの終盤近くに登場したものの物語のキーパーソンを見事に演じ切り、「女優に向いている」「さすが俳優、竜崎勝の娘」などと高い評価を受けている。「高島は今後、女優の仕事が増えますよ」 というのは広告代理店関係者。「実は来年1月から始まるNHK大河ドラマ『真田丸』に高島が出演するという噂があるんです。今回の『真田丸』の脚本は、フジテレビと懇意の三谷幸喜が担当。 [全文を読む]

週刊ポスト編集部が『下町ロケット』の舞台に 高島彩も登場

NEWSポストセブン / 2015年12月14日07時00分

親近感を感じることができて、のびのび演じられました」(高島) 名優・竜崎勝(故人)を父に持つだけあって、この日の演技は堂々たるもの。「女優・高島彩」の登場でさらに盛り上がる物語。最終回に用意されるサプライズを見逃せない。 ※週刊ポスト2015年12月25日号 [全文を読む]

フジテレビ・亀山社長「低視聴率は震災がきっかけ」に「違うだろ」の嵐! 真の理由は、積み重ねた「採用方式」か

日刊サイゾー / 2015年11月29日19時00分

元アナウンサーなら俳優・竜崎勝の娘である高島彩や、同じく俳優・高橋英樹の娘である高橋真麻。現在もフジのアナといえば元プロ野球選手の田淵幸一の息子・田淵裕章や、俳優・生田斗真の弟の生田竜聖など。裏方スタッフにも俳優・陣内孝則の息子や、最近では歌手の藤井フミヤの息子が、フジの内定をとって大きく報道されるなどしている。 芸能関係に限らず、有名企業の創業者・役員や [全文を読む]

高島彩、フジテレビ以外解禁で「出たい番組」「出ない番組」

アサ芸プラス / 2015年10月09日09時59分

育児疲れのストレス解消もできるだろうし、フリーで自由がきくようになった今後は、外に出る番組をメインにすると思いますよ」 思えば彼女の実父である俳優の故・竜崎勝は「くいしん坊!万才」の2代目リポーター。やはり、血は争えないようである。(白川健一) [全文を読む]

二世アナウンサー大好きのフジテレビ 果たしてその狙いは?

NEWSポストセブン / 2015年08月08日07時00分

彼女は『食いしん坊バンザイ』の2代目・食いしん坊で、俳優の竜崎勝さん(故人)の長女。 [全文を読む]

TV局入社の大物政治家娘 外見拘り渾名“フェラガモちゃん”

NEWSポストセブン / 2013年09月24日07時00分

史上最高の女子アナとの呼び声が高い、高島彩アナ(元フジ)も俳優の竜崎勝(故人)を父に持つ。 ただし「全く使えないコネ社員」が数多くいることもまた事実だ。 みのの次男の場合も、周囲の評判は散々だった。 「スポーツ局でディレクターをしていて、プロ野球のヤクルト担当だったんですが“今日の先発投手は誰でしょう?”と聞くと、“さァ、全然分かんない”と答えたんです。予 [全文を読む]

TV局の有名人子弟社員 実力者多く「コネ入社」か否かは微妙

NEWSポストセブン / 2013年09月22日07時00分

史上最高の女子アナとの呼び声が高い、高島彩アナ(元フジ)も俳優の竜崎勝(故人)を父に持つ。 つまり、有名人を親に持つからといって“ゲタを履かせて入社させた”というわけではない。 「中川昭一・元財務大臣(故人)の娘である真理子さんは、フジの若手女性記者の中でもピカイチの能力を持っている。小さい頃から“政治”というものに触れてきたことも大きいでしょう。また、 [全文を読む]

女子アナのトレンドは「即戦力」「話題性」優先の“二世”

NEWSポストセブン / 2012年03月25日07時00分

アヤパンの父は、同局の長寿番組『くいしん坊!万才』の2代目リポーターをつとめていた二枚目俳優の竜崎勝さん。肝硬変により44歳(アヤパン5歳のとき)という若さで亡くなっている。 ※上記の記事全文は現在配信中の『メルマガNEWSポストセブン』8号で読めます。 『メルマガNEWSポストセブン』 【関連ニュース】カトパン「イメージが軽い」でアヤパンの後任の座を逃す [全文を読む]

フォーカス