佐久間象山のニュース

西郷どんは4日後に戦争突入。歴史上の人物は40歳頃ナニしてた?

まぐまぐニュース! / 2017年04月18日17時57分

幕末に活躍したあの人達の40歳は? ◎佐久間象山(1811年3月22日-1864年8月12日) 幕末、多くの人物に多大な影響を与えた佐久間象山が、40歳を迎えたのは1852年。兵学者として名声を轟かせ、江戸の木挽町に「五月塾」を開いた年です。 ここで、勝海舟、吉田松陰、坂本龍馬らが象山に出会っています。 松陰がやらかして巻き添えをくったのが1854年。1 [全文を読む]

勝海舟の「先見の明」 実はコピペとリライトで作られた

NEWSポストセブン / 2017年03月18日16時00分

さらには竹川のほか、恩師である佐久間象山の考えをまとめたとの指摘まである。決して先見性による海舟ひとりの手柄でなく、今で言う「コピー&ペースト」「リライト」によって成された可能性が高いのだ。 しかも、このような不正確に伝わる功績は、他者ではなく海舟自身によって喧伝されていた疑いが強い。 海舟は自分の功績を後年、『外交余勢』『開国起源』など多くの書に記した。 [全文を読む]

幕末を駆け抜けた坂本龍馬は何を見て、何を考え、何を夢見たのか

まぐまぐニュース! / 2016年06月15日12時00分

次ページ>>龍馬の運命を変えた二人の男 「外国と通商することがなぜいけないのか」 龍馬が江戸で師事していたオランダ砲術の権威・佐久間象山は、こう主張していた。 今戦えば我らに勝ち目はない。ひとたび敗れたときは皇国は滅亡、我らは異族の奴隷となるのだ。 江戸の沖に常に5、6隻の黒船がいて、大坂からの千石船を捕らえ、米などの消費物資の海上輸送を遮断すれば、江戸 [全文を読む]

現地集合・現地解散型で “新しい旅のカタチ” 地元案内人と歩く旅「@時遊人」長野発・新発表! (第一弾)「松代真田十万石ウォーキング」6月10日(金)発売開始

PR TIMES / 2016年06月10日17時59分

[画像2: http://prtimes.jp/i/7099/99/resize/d7099-99-629108-1.jpg ] ■旅程〈歩行距離 約4.5km〉 旧松代駅(9:00集合)… 松代城跡(真田家の居城)… 旧松代藩鐘桜 … 長国寺(真田家の菩提樹)… 大英寺(小松姫の菩提を弔うために建立)… 松代宮坂酒造店(真田家御用達の酒蔵)… 象山神社 [全文を読む]

現地集合・現地解散型で “新しい旅のカタチ” 地元案内人と歩く旅「@時遊人」長野発・新発表! (第一弾)「松代真田十万石ウォーキング」6月10日(金)発売開始

@Press / 2016年06月10日17時45分

■旅程〈歩行距離 約4.5km〉 旧松代駅(9:00集合)… 松代城跡(真田家の居城)… 旧松代藩鐘桜 … 長国寺(真田家の菩提樹)… 大英寺(小松姫の菩提を弔うために建立)… 松代宮坂酒造店(真田家御用達の酒蔵)… 象山神社(佐久間象山を祭る神社/昼食・お弁当)… 文武学校(江戸時代かに開校された文武を奨励した松代藩の藩校)… 旧樋口家住宅(藩の目付役 [全文を読む]

歴史マニアに突っ込まれても「真田丸」が史実通りに描かれない理由

まぐまぐニュース! / 2016年04月09日09時02分

例えば、2004年に放送された大河ドラマ『新選組!』は、第1話で若き日の主人公・近藤勇と土方歳三が、坂本龍馬や佐久間象山と黒船を見に行きます。これが「近藤勇が坂本龍馬と仲が良かったわけがない」といろんなメディアで酷評されまくり、初回は26%あった視聴率は降下していって、全体の平均視聴率は17.4%となってしまいました。 しかし、そういう史実や今までの定説 [全文を読む]

【世界遺産認定】東京から2時間で行ける産業革命遺産「韮山反射炉」がいろいろと熱い

しらべぇ / 2015年07月09日10時00分

佐久間象山、橋本左内、桂小五郎といった幕末の重鎮たちが塾生として名を連ねているのも見逃せないところ。また、こちらはドラマ「仁-JIN-」やNHK大河ドラマ「篤姫」のロケ地にもなっており、ドラマファンの方も楽しめることだろう。 ハンマーで砕いて食す!? パンの元祖がここにあり 韮山反射炉、江川邸に立ち寄ると必ず目にするのが「パン祖のパン」。江川邸内の窯で焼か [全文を読む]

風雲児たちガイドブック「解体新書」刊行のお知らせ

@Press / 2015年01月29日15時45分

登場人物は、徳川家康・徳川秀忠・保科正之・杉田玄白・前野良沢・平賀源内・小田野直武・高山彦九郎・林子平・田沼意次・松平定信・大黒屋光太夫・最上徳内・伊能忠敬・間宮林蔵・シーボルト・高野長英・渡辺崋山・大塩平八郎・江川太郎左衛門・阿部正弘・ジョン万次郎・佐久間象山・吉田松陰・ペリー・プチャーチン・勝海舟・坂本竜馬・西郷隆盛・大村益次郎。いずれも劣らぬ歴史的 [全文を読む]

幕末ドラマ好きから不満噴出!「花燃ゆ」の“役者カブリすぎ”に困惑の声

アサ芸プラス / 2015年01月13日09時59分

さらに、第一話で文をボコボコにしていたスパルタ叔父、玉木文之進を演じる奥田瑛二には「八重の桜」の佐久間象山が、文の長兄を演じる原田泰造には「龍馬伝」の近藤勇や「篤姫」の大久保利通の影がチラついて‥‥。 アタマのなかで過去のドラマを一掃して観なきゃいけん‥‥かもしれない。 [全文を読む]

フォーカス