青木和義のニュース

花王を「優等生」たらしめる会計財務部門の存在

Forbes JAPAN / 2016年11月24日08時30分

現在、その組織を率いるリーダーが青木和義執行役員だ。花王の会計財務部門の歴史を一言で表すと”絶えざる革新”だ。最近でも、2011年からグローバル・キャッシュ・マネジメント(GCM)の導入、16年12月期に国際会計基準(IFRS)の適用を行い、グローバル化を進める経営戦略を支えている。同社の16年12月期の連結純利益は前期比14%増の1,200億円の見通しで [全文を読む]

T-BOLAN、ベース上野博文のために再結集! 一夜限りのカウントダウンライヴ開催へ

okmusic UP's / 2016年09月21日17時00分

だが、今年12月31日(土)の大晦日に、森友嵐士、青木和義、五味孝氏、そして上野博文は、再結集する意思を固めた。それはT-BOLANのデビュー25周年という理由ではなく、ベースの上野のため。今回の再結集についての森友のコメントは、下記のとおり。また、T-BOLANのオフィシャルHPでは、上野への応援メッセージフォームが立ち上げられている。ぜひアクセスしてみ [全文を読む]

T-BOLAN、一夜限りのカウントダウンライブ開催決定! メンバー4人の絆を目の当たりにする伝説の一夜に……

Entame Plex / 2016年09月21日13時14分

しかし、2016年12月31日(土)の大晦日に、森友嵐士、青木和義、五味孝氏、そして上野博文が、再結集する意思を固めた。 それは、T-BOLANのデビュー25周年という理由ではなく、ベースの上野博文のために集まることを決めたのだという。 今回の再結集、そしてカウントダウンライブ開催の経緯などの想いを語った森友からのコメントが到着した。 ■森友嵐士コメント [全文を読む]

大黒摩季、完全復活! 力強い歌声で観衆を魅了

Smartザテレビジョン / 2016年08月14日15時13分

この日のために集結したスペシャルバンドのメンバー、ドラム・青木和義(T-BOLAN)、ベース・徳永暁人(doa)、SAX・勝田一樹(DIMENSION)らが待ち受けるステージに登場し、まずは代表曲の一つである「熱くなれ」を熱唱。この時を心待ちにしていた超満員の大観衆から「お帰りなさい!」「待ってたよ~!」という大歓声で迎えられた。 大黒の復帰第一声は「ホ [全文を読む]

大黒摩季が『RISING SUN ROCK FESTIVAL』のステージで完全復活

okmusic UP's / 2016年08月14日15時00分

14時50分、この日のために集結したスペシャルバンドのメンバー(ドラム:青木和義<T-BOLAN>、ベース:徳永暁人<doa>、SAX:勝田一樹<DIMENSION>、他)がステージに登場し、耳馴染みのあるイントロが始まる。彼女が復帰の最初に選らんだ曲は「熱くなれ」(NHK アトランタ五輪テーマソング)。そして、最後に大黒摩季が姿を見せると、この時を心待 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】T-BOLAN“伝説のラストライブ”ダイジェスト映像解禁! 「19年の時を越えたツアー」から貴重な場面を初公開。

TechinsightJapan / 2014年08月16日12時15分

ボーカル・森友嵐士、ドラム・青木和義、ギター・五味孝氏、ベース・上野博文からなるT-BOLANは、1991年にメジャーデビューすると、森友嵐士(もりとも あらし)の個性的なボーカルとバンドサウンドが醸し出す骨太でブルージーなのにキレがあるパフォーマンスが支持され、ヒット曲を連発する。ところが、1995年に行ったライブツアー『LIVE HEAVEN '94~ [全文を読む]

T-BOLAN、ラストライブDVDのダイジェスト映像公開

Entame Plex / 2014年08月15日17時01分

森友嵐士、五味孝氏、上野博文、青木和義の4人からなるロックバンド:T-BOLANが今春開催した『T-BOLAN LIVE HEAVEN 2014 ~Back to the last live!!~』のライブDVDが9月24日(水)の発売する。それに先駆けて、ダイジェスト映像が公開された。 T-BOLAN は、1999年12月に一度は解散したものの、2012 [全文を読む]

活動休止を発表したT-BOLAN、チケット即完となった19年ぶりのライブツアーから東京公演をWOWOW独占オンエア

PR TIMES / 2014年04月25日10時15分

五味孝氏の華やかなギターワークに存在感を示す上野博文のベース、パワフルな青木和義のドラム。彼らの安定感に支えられた演奏は観客の熱気を取り込むことでよりアグレッシブなものとなり、さらに、スローバラードを織り込みつつ、緩急つけた構成で観客の心をしっかりとつかんでいく。後半戦も「離したくはない」「マリア」など、大ヒット曲を惜しみなく演奏し、会場を盛り上げていく。 [全文を読む]

T-BOLAN、4月26日の渋谷公会堂公演を最後に活動休止

okmusic UP's / 2014年03月09日07時00分

森友のカリスマ的な存在感と胸を鷲掴みにするような切ない声、いつも太陽のような笑顔でパンチの効いた演奏が魅力的なドラム青木和義、ハイトーンなコーラスと色気溢れる音色を出すギター五味孝氏、寡黙ながらも存在を主張するベースの上野博文。空白の時間など微塵も感じない。むしろ充分に時を重ねて熟成されているではないだろうか。 [全文を読む]

T-BOLAN、初のドキュメンタリー映画記念上映会にて舞台挨拶

okmusic UP's / 2014年02月25日12時00分

その後、トークは来月行なわれる19年ぶりのワンマンライヴの内容へとフォーカスし、ベースの上野博文は「自分自身が楽しんでいる姿を見て欲しい」、ドラムの青木和義は「皆さんが待っててくれたように、僕も待っていました。身体がぶっ壊れようがやりきるのでよろしくお願いします」と意気込みをみせた。さらに解散前のラストライヴを行なった大阪・厚生年金会館(現・オリックス劇 [全文を読む]

フォーカス