鏑木清方のニュース

雅叙園「猫アート展」が猫好きを魅了するワケ 東京都有形文化財の「百段階段」が会場に

東洋経済オンライン / 2017年05月04日21時00分

元は料亭として作られた建物で、各部屋を飾る日本画は、創業者によって招かれた鏑木清方などの昭和を代表する著名作家が技を競ったもの。この建物そのものに歴史的、芸術的に高い価値があり、2008年に東京都の有形文化財に指定されている。そこで、9人の現代作家たちによる“猫千態”が彩り豊かに繰り広げられているのだ。企画に携わったホテル雅叙園東京でイベント部門のマネジャ [全文を読む]

のんびり屋で人見知りの「舞妓はん」が一流の芸妓になるまで

NEWSポストセブン / 2017年03月23日07時00分

「明治時代に鏑木清方や上村松園が描いた美人画のような女性を、いつか撮ってみたいと思っていました。 ある日、京都の老舗呉服店の社長さんの紹介で初めてお座敷遊びをしたときに、舞妓の小扇(こせん)さんと出会いました。小扇さんは顔立ちもプロポーションも素晴らしく、私が撮りたかった女性像にピッタリでした」 現在、京都・祇園の五花街(祇園甲部、宮川町、先斗町、上七軒 [全文を読む]

大観、栖鳳、青邨、龍子、魁夷と、魂を揺さぶる日本美術が一堂に!京都高島屋で、「高島屋史料館所蔵 日本美術と高島屋-交流が育てた秘蔵コレクション-」開催!

Digital PR Platform / 2017年03月15日14時30分

横山大観、竹内栖鳳をはじめ、鏑木清方や前田青邨、川端龍子などの作品が高島屋に所蔵されているエピソードもあわせてご紹介いたします。また、特別企画として、「豊田家・飯田家 寄贈品展」を開催。(日本橋高島屋でも開催しました。)高島屋四代飯田新七の娘・二十子が嫁いだトヨタ自動車創業家の豊田家と、高島屋創業家の飯田家から、このたび高島屋史料館に寄贈された貴重な作品約 [全文を読む]

歴史に埋もれた幻の花鳥画家 渡辺省亭の初回顧展を3/18~開催 洗練された江戸美意識と西洋感覚とを融合させた日本画家

@Press / 2017年03月13日11時00分

■回顧展の特長 今回の回顧展は、西洋画の遠近法や光による立体表現が従来の日本画の技法に溶け込んだ、これぞ渡辺省亭の傑作と言える作品「牡丹に蝶図」や、のちに近代の美人画家として名を馳せた鏑木清方が生前こよなく愛し大切にしていた作品「雪中之鴨図」など、これまで知る人ぞ知る存在であった渡辺省亭の超一流の作品の数々を初めて一覧できるものとなっています。 ■SEI [全文を読む]

「美祭-BISAI-」

PR TIMES / 2016年10月14日15時27分

(協力:アート・スペースキムラ・アスク)●チャリティー入札会開催:円山應挙「旭鶴図」、勝海舟「一言...」、鏑木清方「杜若」などが出品予定です!●ご来場、ご購入の方にノベリティプレゼント! など。詳細はお問い合わせください。 [全文を読む]

国宝・重要文化財クラスの名画の魅力と絵師の生きざまをイラストで解説! 『絵とき日本美術 イラストでおぼえる日本の絵師・名画たち』発売

PR TIMES / 2016年09月09日10時44分

〈本書の内容〉 ■絵巻物・日本画 源氏物語絵巻/鳥獣人物戯画/築島物語絵巻/狩野正信/狩野永徳/俵屋宗達/尾形光琳/伊藤若冲/曾我蕭白/円山応挙/長沢芦雪/酒井抱一/鈴木其一/狩野一信/中村芳中/横山大観/上村松園/鏑木清方/小村雪岱/竹久夢二/高畠華宵 ■水墨画・禅画 雪舟/長谷川等伯/本阿弥光悦/白隠慧鶴/与謝蕪村/仙厓義梵/河鍋暁斎 ■浮世絵・版画 [全文を読む]

「幽霊画」全力特集! 夏に読みたい怪談専門誌『幽』最新号&幽霊画展開催情報

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月02日18時00分

さらに、鏑木清方、国枝史郎による、幽霊画エッセイの復刻も収録。幽霊画が昔の文人も魅了していたことが分かる。さらに、特集内の探訪企画では能登の幽霊画を所蔵している寺を巡る。掲載された寺に実際に足を運んでみるのもいいかもしれない。 「幽霊画」の魅力を余すことなく掲載された『幽』23号を読んだ後は、実際に幽霊画展にも足を運んでみよう。 ■東京新聞主催「うらめしや [全文を読む]

大河ドラマの題字でも注目の天才書家、文化財にて11月21日から個展開催 「ダウン症の天才書家 金澤翔子×百段階段 ~共に生きる~」目黒雅叙園にて

@Press / 2014年10月23日09時30分

各部屋には、樹齢数約280年を超える床柱他、鏑木清方や橋本静水など当時屈指の著名な作家たちによって描かれた、約160枚に及ぶ日本画の設えなど、昭和初期における美の共演と大工の高い技術力をみることができます。 ◆企画展 概要 企画名 : 「ダウン症の天才書家 金澤翔子×百段階段 ~共に生きる~」 開催日 : 2014年11月21日(金)~12月28日(日) [全文を読む]

個展「ダウン症の天才書家 金澤 翔子×百段階段 ~共に生きる~」2014年11月21日(金)~12月28日(日)、目黒雅叙園にて開催

@Press / 2014年09月04日09時30分

各部屋には、樹齢数約280年を超える床柱他、鏑木清方や橋本静水など当時屈指の著名な作家たちによって描かれた、約160枚に及ぶ日本画の設えなど、昭和初期における美の共演と大工の高い技術力をみることができます。 <個展概要> 企画名 :「ダウン症の天才書家 金澤 翔子×百段階段 ~共に生きる~」 開催日 :2014年11月21日(金)~12月28日(日) ※会 [全文を読む]

目黒雅叙園「和キルト×百段階段」展が来場者1万人を突破 7月27日まで開催 ミドル・シニア層の女性を中心に盛況

@Press / 2014年07月17日13時00分

かつて食事を楽しみ、晴れやかな宴が行われた絢爛豪華な7部屋が連なり、各部屋では樹齢数100年を超える床柱の他、天井や欄間に鏑木清方や橋本静水など当時屈指の著名な作家たちによって描かれた約160枚に及ぶ日本画や設えなど、昭和初期における美の共演と大工の高い技術力をみることができます。本展では、週替わりで移り行く各流派の作品と日本画壇を代表する画家の作品との共 [全文を読む]

フォーカス