見城美枝子のニュース

北海道ふるさと移住定住推進センター(どさんこ交流テラス)情報提供コーナー窓口10月1日近畿日本ツーリスト個人旅行有楽町営業所に設置 北海道知事が視察

PR TIMES / 2016年09月27日15時34分

<北海道知事 視察の概要> ■視察等日時 10月 1日(土) 14:30~15:10 ■場所 東京交通会館内(東京都千代田区有楽町2-10-1) ■日程 14:30 どさんこ交流テラス情報提供コーナー視察 KNT-CTホールディングス株式会社 代表取締役社長 戸川和良と記念撮影 14:40 どさんこ交流テラス視察、除幕式 ふるさと回帰支援センター 見城美 [全文を読む]

「最後の理想郷」山梨、移住先で圧倒的人気1位の秘密…自然も交通も充実、定年後に最高

Business Journal / 2017年03月12日06時00分

ふるさとでの暮らしを希望する都市の住民と地方自治体とのマッチングを行っている認定NPO法人ふるさと回帰支援センター(本社・東京都千代田区 見城美枝子理事長)が先ごろ発表した「移住希望地域ランキング2016」で山梨県が2年ぶりに1位に返り咲いた。 同センターが運営する「ふるさと暮らし情報センター」への来場者を対象に行ったアンケートの結果で有効回答数は6777 [全文を読む]

オリラジ中田に「ビビットでやれ!」田中裕二が説教!?

日刊大衆 / 2017年02月01日20時00分

取材VTRを受けてスタジオのゲスト、ジャーナリストでエッセイストの見城美枝子(71)が「あの時代はネットがないから、誰かとSNSでつながるとかないときに、“自分の居場所を見つけたい人”が見つけたことは確か。良い悪いじゃなくてね」とコメント。さらに演出家のテリー伊藤(67)が「本人たちが幸せだから、とやかく俺たちが言う問題でもないなって、日本がなってきてま [全文を読む]

「生きる放送事故」平野レミは、若い頃から“ものスゴかった”!

日刊大衆 / 2016年07月02日14時00分

しかし1970年、TBSラジオのディレクターから突然声がかかり、俳優の愛川欽也(満80没)とアナウンサーの見城美枝子(70)がパーソナリティーを務める『キンキン・ケンケンのそれ行け!歌謡曲』にレギュラー出演することに。平野本人の話によれば、TBSのディレクターは辺見マリ(65)にオファーをしたつもりが、間違えて平野にオファーしてしまい、結局、手違いで番組に [全文を読む]

野際陽子に始まり中野美奈子まで 「女子アナの変遷」60年史

NEWSポストセブン / 2015年05月08日11時00分

1968年TBSに入社した見城美枝子は「プロデューサーに『アナウンサーは社員なんだからタレントさんとは領域が違うんだ』といわれました」と語っている。 1976年には日本テレビの村上節子(当時39)が、「容姿が衰えテレビ映りが悪くなった」という理由で異動を命じられた。裁判で争って勝訴したが、結局その後は異動した。 だが、1970年代半ばになると定年延長など女 [全文を読む]

TBSラジオ ゆうゆうワイドがあなたの街にやってくるヤァ!ヤァ!ヤァ!

PR TIMES / 2012年08月17日16時00分

大沢悠里と見城美枝子が心を込めてご紹介します。心に響く特集です!9時からは与良政男(毎日新聞論説委員)が、混迷する政治を読み解きます。解散時期の「近いうち」を巡る攻防や外交など、課題山積の政治に迫ります。正午からは、精神科医・名越康文が登場する「ドクター名越のマジすか!クリニック」。「男と女 真夏のすったもんだスペシャル」で盛り上がります。中継は小笠原亘ア [全文を読む]

フォーカス