竹内栖鳳のニュース

弘源寺で竹内栖鳳の日本画や枯山水庭園の紅葉を特別公開

Walkerplus / 2016年10月31日20時42分

江戸時代の俳諧師、蕉門十哲の1人に挙げられる向井去来の墓があること、近代日本画の先駆者、竹内栖鳳ゆかりの地であることでも知られている。 ■ <秋の特別公開>枯山水庭園と貴重な日本画を特別公開 2016年10月1日(土)~12月4日(日)まで開催の特別公開では、竹内栖鳳とその一門の日本画、毘沙門天立像が公開される。さらに、美しい秋の紅葉が堪能できる、嵐山を借 [全文を読む]

大観、栖鳳、青邨、龍子、魁夷と、魂を揺さぶる日本美術が一堂に!京都高島屋で、「高島屋史料館所蔵 日本美術と高島屋-交流が育てた秘蔵コレクション-」開催!

Digital PR Platform / 2017年03月15日14時30分

横山大観、竹内栖鳳をはじめ、鏑木清方や前田青邨、川端龍子などの作品が高島屋に所蔵されているエピソードもあわせてご紹介いたします。また、特別企画として、「豊田家・飯田家 寄贈品展」を開催。(日本橋高島屋でも開催しました。)高島屋四代飯田新七の娘・二十子が嫁いだトヨタ自動車創業家の豊田家と、高島屋創業家の飯田家から、このたび高島屋史料館に寄贈された貴重な作品約 [全文を読む]

大分県立美術館開館記念展vol.1モダン百花繚乱「大分世界美術館」―大分が世界に出会う、世界が大分に驚く「傑作名品200 選」2015 年4 月24 日(金)~7 月20 日(月・祝)

DreamNews / 2015年04月06日09時00分

<主な出品作家と作品>●アンリ・ルソー 《散歩(ビュット=ショーモン)》(世田谷美術館)<4 / 2 4~6 / 7>●アンリ・ルソー 《サン=ニコラ河岸から見たシテ島》(世田谷美術館)<6 / 9~7 / 2 0>●千利休 《花入》4 点、 《茶杓》等(野村美術館、永青文庫、三井記念美術館)●与謝蕪村 《松林富士図》(富山市佐藤記念美術館)<4 / 2 [全文を読む]

泣ける京都の桜物語。京で愛される桜に隠された5つの感動エピソード

まぐまぐニュース! / 2016年03月17日19時00分

関雪は神戸に生まれ、東京で絵画の修業をした後、京都で竹内栖鳳(せいほう)に師事し画家として大成します。京都では晩年銀閣寺に近いアトリエ兼住居「白沙村荘(はくさそんそう)」で過ごしました。 京都に来た数年間は食べていけるのもままならいような画家とても苦労しました。一膳のご飯を妻と分けて食べるほど貧しかったといいます。大成してからは宝塚、大津、中国の上海などに [全文を読む]

【ホテルオークラ東京】「第21回 秘蔵の名品 アートコレクション展」日本赤十字社、NHK厚生文化事業団に純益金を寄付

PR TIMES / 2015年11月28日15時11分

壁面上部に施された90mにわたる大壁面「三十六人家集三十七帖」で知られ、ホテルオークラ東京で最も広く豪華な宴会場に、近代日本画の傑作とされる竹内栖鳳《アレ夕立に》(高島屋史料館)や端正な美人画で知られる上村松園の《舞仕度》(ウッドワン美術館)のほか、「琳派」を代表する酒井抱一の《四季花鳥図屏風》(陽明文庫)など、人と人との結びつきや巡り合いを表現した秀作6 [全文を読む]

【ホテルオークラ東京】チャリティーイベント『第21回 秘蔵の名品 アートコレクション展』本館建替え前、最後の開催

PR TIMES / 2015年04月17日12時09分

見どころは、近代日本画の傑作とされる竹内栖鳳《アレ夕立に》と今村紫紅《護花鈴》のほか、「琳派」を代表する酒井抱一、端正な美人画で知られる上村松園など、人と人との結びつきや巡り合いを表現した秀作約70点が集います。[画像1: http://prtimes.jp/i/5118/461/resize/d5118-461-946010-0.jpg ]第一章 ~奏で [全文を読む]

フォーカス