須藤晃のニュース

尾崎豊 貴重なインタビュー音源を初公開!

PR TIMES / 2015年11月20日15時39分

デビュー当時、尾崎豊の音楽プロデューサーであった「尾崎豊を生んだ男」須藤晃さんと、今年7月に尾崎豊が亡くなった年齢である26歳になったご長男、尾崎裕哉さんを迎え、今まで語られなかった尾崎豊の実像に迫ります。 いままで語ることがなかった二人の対談が実現しました。 [画像: http://prtimes.jp/i/3392/180/resize/d3392- [全文を読む]

尾崎豊 生誕50周年記念プレミアムトレジャーボックス(トレジャーブック+豪華写真集+初公開インタビュー収録CD+オリジナルプリント)『OZAKI・50』完全予約限定発売!

@Press / 2015年04月24日08時00分

監修には尾崎豊を世に送り出した音楽プロデューサー、須藤晃。全世代の尾崎豊ファンに贈る永久保存豪華ボックスとなります。【商品名】尾崎豊 『OZAKI・50』(読み方:オザキフィフティ)〜尾崎豊生誕50年記念プレミアムトレジャーボックス〜(トレジャーブック+未発表写真を含む写真集+初公開インタビュー収録CD+オリジナルプリント)監修:須藤晃/デザイン・写真:田 [全文を読む]

若旦那、尾崎豊の音楽制作パートナーである須藤晃と対談を実施

okmusic UP's / 2014年11月26日14時00分

11月12日に、ソロワーク3作目となるアルバム『WAKADANNA 3 ~絶対に諦めないよ、俺は!!~』をリリースした若旦那が、尾崎豊の音楽制作のパートナーとして数々のヒット曲に携わってきた須藤晃氏と対談を行なった。 【その他の画像】若旦那渋谷系からアーバンヒップホップ、パンクロック、ロカビリーと、様々なジャンルの楽曲が並ぶアルバム『WAKADANNA 3 [全文を読む]

若旦那と須藤晃が尾崎豊「シェリー」について語る

dwango.jp news / 2014年11月25日21時03分

尾崎豊の音楽制作のパートナーとして数々のヒット曲に携わってきた須藤晃氏と対談を行った。渋谷系からアーバンヒップホップ、パンクロック、ロカビリーと、様々なジャンルの楽曲が並『WAKADANNA 3~』の中でも若旦那の歌う尾崎豊『シェリー』のカバー曲は異彩を放っている。なぜ尾崎なのか、なぜ『シェリー』なのか、対談の中で余す所なく語っているので、気になる人は是非 [全文を読む]

馬場俊英、映画館で行われたベストアルバム発売記念イベントでファン感涙!

okmusic UP's / 2013年05月10日15時24分

そして後半は馬場俊英のプロデューサーである須藤晃×馬場俊英の対談や、オーディエンスとの質問コーナーなど盛りだくさんの内容。 約18分に及ぶショートフィルム「僕がいた 君がいた」は、「ロードショーのあのメロディ」の世界観を基に、原案を馬場俊英自らが考案。夢を追う若い男と、男の夢に寄り添いながらも価値観や目標の違いに、すれ違っていく恋人同士のほろ苦い追憶を描い [全文を読む]

音楽プロデューサー・須藤晃が明かす真実「尾崎豊は反抗のカリスマなんかじゃない」

週プレNEWS / 2012年10月19日13時00分

“反抗のカリスマ”のイメージの強い尾崎豊の素顔について、デビュー時からのパートナーであった音楽プロデューサーの須藤晃氏が明かす。 *** 尾崎さんは世間でいわれるような「反抗のカリスマ」なんかじゃなかった。むしろ哲学者や思索者に近かったように思います。 とにかく「人はなぜ生まれてくるのか?」「自由ってどういうことなのか?」と、生き方についていつも真剣に自問 [全文を読む]

「尾崎豊伝説」没後25年特別レポート

日刊大衆 / 2017年06月09日07時05分

その後、僕のところにはマスコミや心配した知り合いから、ひっきりなしに電話が鳴り続けていました」 こう話すのは尾崎の楽曲の共同制作者であり、デビューから晩年まで最も交流の深かったプロデューサー・須藤晃氏だ。今回、没後25周年を記し発売された特別ムック『別冊宝島2559 尾崎豊 Forget Me Not』(宝島社)の監修を務めた。同誌には尾崎の様々な偉業が記 [全文を読む]

【写真多数】「尾崎豊って本当に知ってる?」25年を経てなお“語られなった尾崎”が新しい

ガジェット通信 / 2017年04月24日21時00分

photo(c)山内順仁 別冊宝島 『尾崎豊 Forget Me Not』 須藤晃/監修 定価799円(税込) 2017年4月7日発売 [全文を読む]

ABC-MART『CONVERSE ALL STAR 100』新TV-CMのお知らせ

DreamNews / 2017年04月04日11時00分

(主演:蒼井優・村上虹郎・監督:松井大悟)尾崎豊、玉置浩二などを手掛けるプロデューサー須藤晃を迎えた最新アルバム「アタラズモトオカラズ」が絶賛発売中。◆出演者プロフィール越野 アンナ(anderlust) / コシノ アンナ(アンダーラスト)生年月日 :1996年 7 月 30 日 出身地 :アメリカ2016年3月30日 Bassの西塚真吾と共に、ande [全文を読む]

尾崎豊の息子・尾崎裕哉が語る二世タレントの苦悩、そして人前で父親の歌を歌えるようになった理由

リテラ / 2016年09月02日11時30分

当時14歳だった彼は、Mr.Children、宇多田ヒカル、岡村靖幸、Cocco、斉藤和義といった錚々たるメンツが参加したこのアルバムに、尾崎豊を支え続けた音楽プロデューサー須藤晃の息子TOMI YOと結成したユニットCrouching Boysの一員として参加。再解釈し直した「15の夜」で英語のポエトリーリーディングを披露しているのだが、『二世』では当時 [全文を読む]

【直筆カードプレゼント】MINMI「喜怒哀楽のすべてが、人生には重要」【インタビュー 後編】

Woman Insight / 2016年07月26日17時00分

14年間ずっとセルフプロデュースで作ってきたんですが、今回は尾崎豊さんのプロデュースをされていた須藤晃さんという、すごく尊敬しているかたにプロデュースしていただいた曲なんですね。とても気に入っています。 WI だれに聞いてほしいですか? MM まずは、ファンの皆さんに聞いてほしいです。須藤さんが「今この年齢で、結婚して、ママになって、離婚もして、人生の大き [全文を読む]

山﨑賢人ら“S男子”と菅田将暉ら“M男子”、物語におけるそれぞれの役割と魅力

リアルサウンド / 2016年07月06日06時10分

少女漫画では、少し不良っぽい男の子に主人公の女の子が惹かれるという構図は定番で、80年代では『ホットロード』(紡木たく著)の春山洋志、90年代では『天使なんかじゃない』(矢沢あい著)の須藤晃などが、いまにつながる“S男子像”を築き上げてきたのではないだろうか。彼らはともに、16歳前後の年齢ながらひとり暮らしをしているバイク好きの一匹狼タイプで、どこか寂しそ [全文を読む]

なつかしい『りぼん』の胸キュン漫画4つ

Woman.excite / 2015年08月11日22時00分

そこでフォローしてくれたのがその後生徒会長に就任する須藤晃で…。そんなふたりの恋愛模様について、友情や家族を織り交ぜながら描かれます。好き同士のはずなの別れたり、逃げてしまったり…と、当時の『りぼん』の中では大人っぽい空気が漂っていました。涙なしには読めない名作! ほかにも両親の離婚・再婚を機に同い年の男の子との同居が始まった『ママレード・ボーイ』(吉住渉 [全文を読む]

一青窈、名曲満載のカバーアルバム『ヒトトウタ』が遂にリリース!

okmusic UP's / 2015年07月29日17時30分

■一青窈 最新カバーアルバム「ヒトトウタ」特設サイト http://po.st/hitotouta■「ヒトトウタ」ダイジェスト試聴https://youtu.be/aJSAUqYg-6c■アルバム『ヒトトウタ』発売中 【通常盤】(CD) UPCH-20398/¥3,000+税 【初回限定盤】(CD+DVD) UPCH-29192/¥4,200+税 <収録 [全文を読む]

ときめき不足の女子必見!恋したくなるマンガの名言5選

Daily Beauty Navi / 2014年09月10日09時00分

イケメンになら何を言われても許しちゃう~♡ 「おれが おれの手で幸せにしてやりたいと思うのは おまえだけだ」 by 須藤晃 『天使なんかじゃない』 矢沢あい/全8巻 りぼんマスコットコミックス(集英社) 恋愛マンガと言えばこの人の作品を忘れてはいけないでしょう! 矢沢あいの『天使なんかじゃない』には、彼氏に言ってもらいたいイケメンセリフが満載。上はコワモテ [全文を読む]

中田裕二、初カヴァーアルバムの全曲先行試聴がスタート

okmusic UP's / 2014年05月22日11時30分

■『SONG COMPOSITE』全曲試聴ページhttp://www.teichiku.co.jp/artist/yujinakada/discography/TECI-1409.html■アルバム『SONG COMPOSITE』2014年6月18日発売【初回限定盤】(CD+DVD)TECI-1408/ ¥3,500+税【通常盤】(CD only)TEC [全文を読む]

テリー伊藤対談「鉄拳」(3)「振り子」は母を亡くした体験が元

アサ芸プラス / 2014年02月13日09時58分

テリー 例えば? 鉄拳 秋元康さんとか、尾崎豊さんをプロデュースした須藤晃さんとか。 テリー それでAKB48のプロモーションビデオも担当して。 鉄拳 3カ月で3本作って、トータル6000枚近く描いたんです。大変でした。 テリー 原画はどこにしまっているんですか。 鉄拳 自宅です。いちおうディスクには焼いてますけど、個展もやるので、原画もまだ必要ですね。 [全文を読む]

尾崎豊デビュー30周年記念「OZAKI 20 リバイバル」で芸能界屈指の尾崎ファン達が熱唱

okmusic UP's / 2013年11月28日14時30分

2日目となる本日は、尾崎のプロデューサー須藤晃によるスペシャルトークショーを開催。本日ニコニコ生放送でオンエアされる尾崎の24時間特番にて生中継される。 また、この日より各配信サイトでは、尾崎のオリジナルアルバム全5タイトル及び「I LOVE YOU」「卒業」「15の夜」を含む代表曲の着うたフル(R)・フルプラス(R)を対象に期間限定でプライスオフを実施 [全文を読む]

<尾崎豊>デビュー30周年記念日に、活動の軌跡と作品の普遍性を検証する、三つの番組がWOWOWで放送決定!

PR TIMES / 2013年10月25日11時53分

ディレクター須藤晃との出会い、高校に通いながらデモテープ作りに励んだ日々。そして、1983年夏。高校を無期停学となった彼は初めてのレコーディングを開始する。浜田省吾と佐野元春のバンドメンバーである町支寛ニと西本明がアレンジャーとして参加。4カ月間続いたレコーディング。瑞々しいコトバとメロディー、ライブ感のあるサウンド。デビューアルバム『十七歳の地図』、19 [全文を読む]

馬場俊英「弱い虫」MVに鉄拳のパラパラ漫画を起用

リッスンジャパン / 2012年11月08日14時00分

【リリース情報】2012年 EXPRESS盤 第3弾 須藤晃プロデュース作品馬場俊英「馬場俊英EP3~弱い虫」2012年11月7日発売WPCL-11256 ¥1300(税込)収録曲:「弱い虫」「スーパーオーディナリー」「ラーメンの歌」「ありそでなさそ」全4曲収録 [全文を読む]

フォーカス