中川一政のニュース

町全体がアート...神奈川・真鶴町が取り組む異色の町おこしと、その展望は?

Jタウンネット / 2017年02月24日14時17分

中川一政美術館を始め、様々な美術館や点在している真鶴町の特徴に加え、「生活の営み」それ自体をアートと捉えるというコンセプトだ。その一環で、岡山県西粟倉村で起業し、ローカルベンチャーの先駆けとなった「森の学校」の井上達哉さんを招き、移住者・起業者としての体験を語る、地方創生についてのトークショーが2017年2月16日、真鶴町で行われた。 真鶴と西粟倉の共通点 [全文を読む]

暮らしの中に“アート”を見出し、真鶴半島全体を美術館に見立てる地方創生プロジェクト『真鶴半島イトナミ美術館』プロジェクトサイトOPEN

PR TIMES / 2016年10月17日19時46分

● プロジェクト概要:真鶴町は中川一政美術館をはじめ、真鶴半島には大小さまざまな美術館やギャラリーが点在する一方で、「美の基準」という独自のデザインコードに基づき、生活の営みやものづくり・仕事の風景といった「生活景」を大切にしたまちづくりを進めてきました。大小の美術館と共に、「生活の営み」自体をアートと捉え、「町全体が美術館」というコンセプトのもと「真鶴半 [全文を読む]

第101回二科展開催のご案内

PR TIMES / 2016年08月16日10時47分

二科会の活動に参加した主な作家は、安井會太郎、熊谷守一、東郷青児、岸田劉生、梅原龍三郎、小出樽重、中川一政、林武、佐伯祐三、宮本三郎、岡田謙三、藤田嗣治、岡本太郎など、また海外からはジェレニェフスキー、マチス、ドラン、ピカソ、デュフィ、ブラック、モネ、ヴァン・ドンゲン、ヴィヤール、ボナール、ブールデル、ザッキン、ゴヤ、ルオー、ロダン、モディリアーニ、など多 [全文を読む]

「二科展」の第100回記念展、国立新美術館にて9月に開催

FASHION HEADLINE / 2015年08月24日16時00分

これまでの参加者は、安井會太郎、熊谷守一、東郷青児、岸田劉生、梅原龍三郎、小出樽重、中川一政、林武、佐伯祐三、宮本三郎、岡田謙三、藤田嗣治、岡本太郎など。海外からもジェレニェフスキー、マチス、ドラン、ピカソ、デュフィ、ブラック、モネ、ボナール、ブールデル、ゴヤ、ルオー、ロダン、モディリアーニなど、数多くの著名作家の作品が出品された。 「第100回記念 二 [全文を読む]

第100回記念 二科展開催のご案内

PR TIMES / 2015年08月24日09時36分

二科会の活動に参加した主な作家は、安井會太郎、熊谷守一、東郷青児、岸田劉生、梅原龍三郎、小出樽重、中川一政、林武、佐伯祐三、宮本三郎、岡田謙三、藤田嗣治、岡本太郎など、また海外からはジェレニェフスキー、マチス、ドラン、ピカソ、デュフィ、ブラック、モネ、ヴァン・ドンゲン、ヴィヤール、ボナール、ブールデル、ザッキン、ゴヤ、ルオー、ロダン、モディリアーニ、など多 [全文を読む]

フォーカス