高橋龍太郎のニュース

交通事故よりも多い!?寒暖差による“ヒートショック”に要注意!

PR TIMES / 2014年12月17日12時57分

【ヒートショックを防ぐポイント】ヒートショックを防ぐポイントについて、東京都健康長寿医療センター研究所 高橋龍太郎 副所長にお話を伺いました。<東京都健康長寿医療センター研究所 / 高橋龍太郎 副所長>ヒートショック対策には、まずは脱衣所や浴室を暖かくする事で寒暖差を減らすことが有効です。特に断熱効果のある壁や、内窓を設置するなどの断熱改修は、暖房を置けな [全文を読む]

草間彌生、村上隆、奈良美智、会田誠、山口晃…抽象的でむずかしい「現代アート」を見極める7つのポイントとは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月24日11時00分

こう語るのは、『現代アートコレクター(講談社現代新書)』(講談社)著者の高橋龍太郎氏。精神科医が本職の傍ら、趣味が高じて現代アート収集を始めた高橋氏は、今や日本を代表するコレクターだ。現代アートは難しい。抽象作品は何がなんだか分からない。展覧会では、アートより先に解説を見る。作品より名前を先に見てしまう。人にどうだった? と感想を聞かれると困ってしまう。 [全文を読む]

やってはいけない入浴法 一番風呂や41℃以上の風呂

NEWSポストセブン / 2016年11月19日16時00分

東京都健康長寿医療センター前副所長の高橋龍太郎さんが指摘する。 「長く浸かればそれだけ体の水分が失われるので、10分以上の入浴はやめましょう。高齢者は、湯船に浸らないとお風呂に入った気がしないと、毎日入るかたが多いですが、体調が万全でないときはシャワーで済ませてください」 これらのことに気をつけて楽しくお風呂でリフレッシュしよう。 ※女性セブン2016年1 [全文を読む]

日本人の死因上位に「風呂」 年間約1万9000人が死亡

NEWSポストセブン / 2016年11月17日11時00分

入浴が命の危機をもたらすメカニズムについて、東京都健康長寿医療センター研究所の高橋龍太郎・前副所長が解説する。 「お湯や気温などが体温より高い、低い、という環境は自律神経への刺激になります。とくに冬場、入浴時に衣服を脱ぐと、体の表面全体が一気に寒い空気に晒されるため、交感神経が刺激され血圧が上がります。 さらに、お湯に入ると熱さという刺激によってさらに血圧 [全文を読む]

精神科医が集めた日本現代アートの代表作【NADiffオススメBOOK】

FASHION HEADLINE / 2015年05月21日20時30分

精神科医・高橋龍太郎の収集による「高橋コレクション」は、数多くの著名な作家の作品を有する、日本の現代アートを語るうえで欠かせない存在である。6年ぶりの東京での開催となる本展は、奈良美智・村上隆・会田誠・草間彌生などの高橋コレクションではお馴染みの作家から名和晃平の話題の最新作まで、52作家の約140点もの作品が一同に会する。 本書は作品、作家の略歴はもち [全文を読む]

草間彌生や名和晃平ら現代アート展、オペラシティで開催

FASHION HEADLINE / 2015年04月02日11時00分

この展覧会では現代アートのコレクターとして名高い、精神科医の高橋龍太郎のコレクションを紹介。草間彌生、舟越桂、名和晃ら52作家、約140点の作品がかつてない規模で出展される。その中には、名和晃平が高橋のために制作した「PixCell-Lion」など、今回が初公開となる作品も見ることが出来る。 なお、展示会名の「ミラー・ニューロン」とは、他者との共感や模倣 [全文を読む]

【球団クイズ】阪神タイガースの1960年までのチーム名は?

NEWSポストセブン / 2015年03月12日07時00分

(A5)高橋ユニオンズ オーナーは参議院議員でもあった実業家・高橋龍太郎。ロートル揃いの球団で「史上最弱球団」ともいわれる。 ※週刊ポスト2015年3月6日号 [全文を読む]

「負けすぎは罰金」制度を八百長でごまかした高橋ユニオンズ

NEWSポストセブン / 2014年02月12日16時00分

「各球団のトップ選手を集める」と口説かれた財界の大物・高橋龍太郎がオーナーとなり結成された。 しかし蓋を開けてみると、集められた選手は戦力外となった者や、ピークを過ぎた者ばかりだった。もちろん優勝争いなどできるはずがない。1年目こそ6位と踏ん張るが、2年目、3年目は最下位。そして3年目終了後、パが「球団数を6に減らす」と方針を転換すると、『大映スターズ』と [全文を読む]

ぎんさん娘4姉妹「カラオケはボケ予防」とのど自慢挑戦意欲

NEWSポストセブン / 2013年04月08日16時00分

東京都健康長寿医療センター副所長・高橋龍太郎さんは言う。 「カラオケはストレス解消にもなり、歌うことで大きく呼吸したり、お腹に力も入りますから内臓機能もよくし、運動と同じ効果を生み出すことになります」 千多代さん:「こんないい気持ちになるなんて、ここは極楽だが。そうだ、これからは歌を練習して、NHKの“のど自慢”に出てみるか(笑い)」 美根代さん:「けど [全文を読む]

ぎんさん90才五女 ベッドではなく布団で寝て足腰鍛える

NEWSポストセブン / 2013年02月03日07時00分

東京都健康長寿医療センター副所長の高橋龍太郎医師も布団での寝起きをすすめる。 「かつての日本は布団を敷いて寝るのが当たり前でした。ベッドに比べ、布団のほうが起き上がるのに足腰を使います。この日常的な動作が足腰の筋肉を維持するのにつながっていました」 年子さん:「そういやぁ、おっかさんも亡くなる寸前まで、“エイッ、ヤーッ”と言うて布団の上げ下ろしをやってござ [全文を読む]

フォーカス