高嶋仁のニュース

【高校野球】勇退報道で注目の甲子園最多勝・高嶋仁監督(智辯和歌山)の生き様

デイリーニュースオンライン / 2015年08月13日11時30分

序盤戦を終え、大きな話題となったのが、甲子園通算最多勝利記録を持つ智辯和歌山の高嶋仁監督の勇退報道だ。 8月9日に迎えた1回戦は、津商(三重)に4-9で敗戦。1試合7失策と、智辯和歌山らしからぬ守備の乱れには、さすがの名将もお手上げ。これで2012年夏、2014年春に続いて、出場3大会連続で初戦敗退となってしまった。 そして、試合の翌日に勇退報道が出たもの [全文を読む]

甲子園歴史館 企画展開催のお知らせ 「夏の高校野球特別展2016 ~高校野球名将特集~」

@Press / 2016年07月26日11時15分

詳細はこちら http://www.koshien-rekishikan.com/event/智辯和歌山高校の高嶋仁監督、PL学園高校の中村順司元監督を初めとする春夏通算勝利数上位10名の監督や複数回優勝を達成した監督、複数校で優勝を経験した監督など、高校野球を代表する監督のエピソードを、写真や展示品とともに振り返ります。更に、今回の特別展では、春夏通算勝 [全文を読む]

甲子園歴史館 企画展開催のお知らせ 「夏の高校野球特別展2016 ~高校野球名将特集~」

PR TIMES / 2016年07月25日16時47分

詳細はこちら http://www.koshien-rekishikan.com/event/智辯和歌山高校の高嶋仁監督、PL学園高校の中村順司元監督を初めとする春夏通算勝利数上位10名の監督や複数回優勝を達成した監督、複数校で優勝を経験した監督など、高校野球を代表する監督のエピソードを、写真や展示品とともに振り返ります。更に、今回の特別展では、春夏通算勝 [全文を読む]

甲子園最多勝監督が勇退へ 自らグラウンド整備する人だった

NEWSポストセブン / 2015年08月11日16時00分

監督として最多63勝を誇る智弁和歌山・高嶋仁監督が秋の国体以降に勇退の意向を持っていることが10日、新聞各紙で報じられた。高校野球取材歴20年のフリーライター・神田憲行氏が惜別の文章を綴る。 * * * のっけから私事で恐縮だが、私が高校野球の魅力にはまったのは奈良の小学生時代に高嶋監督率いる智弁学園に魅了されたからである。 当時、打撃の天理と投手力の智弁 [全文を読む]

夏の甲子園「伝説の激戦」“2006年《和歌山・智弁和歌山VS東京・帝京》”

アサ芸プラス / 2015年08月11日09時56分

百戦錬磨の智弁和歌山・高嶋仁監督も、疲れ切った表情で言った。「こんな展開になるとは、さすがに予想できなかった。選手が最後まで諦めなかったことが勝因」 [全文を読む]

野球で強い宗教校 創価は全員信者ではなく智弁も宗教色薄い

NEWSポストセブン / 2015年04月03日07時00分

智弁和歌山の監督・高嶋仁が振り返る。 「私が奈良の智弁学園の監督になったばかりの頃に、藤田照清前理事長のご意向で変更しました。やはり高校野球で紫といえば天理ですから。智弁の『C』の人文字もPLに倣ってのことでしたが、野球におけるライバル意識だけで、宗教団体としての対抗意識はありません」 智弁学園に宗教色は薄い。 「昔は打席に入る時に、手首につけた念珠を触る [全文を読む]

甲子園常連の宗教学校・天理 少数精鋭も特待生は受け入れず

NEWSポストセブン / 2015年03月31日16時00分

春夏通算7度の全国制覇を達成したパーフェクトリバティー(PL)教団を母体とするPL学園(大阪)や、辯天宗が母体で歴代最多勝監督の高嶋仁が率いる智弁和歌山が代表的な存在だ。創価高校や関西創価、金光大阪も、常連校ではないものの甲子園経験を持つ。 そうした宗教学校の先駆けとして甲子園にその名を響かせたのが奈良の天理高校だ。 江戸末期に誕生した天理教は関西地方を [全文を読む]

野球太郎がチョイス、懐かしの各年代“上司と盛り上がる甲子園ネタ”はコレだ!

週プレNEWS / 2014年08月13日06時00分

90年代の甲子園を沸かせた指導者には、渡辺元智監督(横浜)、高嶋仁監督(智弁和歌山)など、今も指揮を執る名将も多い。「彼らの指導法を営業に生かすには?」などと誘い水をかけてみよう。当時はヒール的な存在だった前田三夫監督(帝京)や馬淵(まぶち)史郎監督(明徳義塾)の「悪代官ぶり」を語るのもいいだろう。 上司と出張するときの憂鬱(ゆううつ)な移動時間をつぶす [全文を読む]

フォーカス