蔦文也のニュース

甲子園歴史館 企画展開催のお知らせ 「夏の高校野球特別展2016 ~高校野球名将特集~」

@Press / 2016年07月26日11時15分

更に、今回の特別展では、春夏通算勝利数上位10名に含まれる、池田高校の蔦文也元監督のご令孫である蔦哲一郎氏の協力の下、同監督の特別展示コーナーを設け、当時使用していたバットやスパイクなどを展示します。また、大会の歴史や過去3大会の振り返り展示、8月7日(日)に開幕する第98回全国高等学校野球選手権大会出場校の紹介など、盛りだくさんの内容です。企画展の概要【 [全文を読む]

甲子園歴史館 企画展開催のお知らせ 「夏の高校野球特別展2016 ~高校野球名将特集~」

PR TIMES / 2016年07月25日16時47分

更に、今回の特別展では、春夏通算勝利数上位10名に含まれる、池田高校の蔦文也元監督のご令孫である蔦哲一郎氏の協力の下、同監督の特別展示コーナーを設け、当時使用していたバットやスパイクなどを展示します。また、大会の歴史や過去3大会の振り返り展示、8月7日(日)に開幕する第98回全国高等学校野球選手権大会出場校の紹介など、盛りだくさんの内容です。企画展の概要【 [全文を読む]

不来方以前に部員数わずか10人でセンバツ出場を果たしたチームがあった!

アサ芸プラス / 2017年03月23日17時58分

後に甲子園で名将とうたわれる蔦文也監督に率いられたこの年の池田は“さわやかイレブン”と呼ばれ、あれよあれよという間に決勝戦まで快進撃。最後は強豪・報徳学園(兵庫)の前に1対3で惜敗したが、多くの観衆の胸にその勇姿を刻み込んだのである。 今大会に21世紀枠で40年ぶり2回目の出場を果たした中村(高知)も、今回は部員16人での出場だったが、初出場時の77年第4 [全文を読む]

夏の甲子園・我が心の決勝戦(7)箕島・春夏連覇を決めた「殿馬ばりのサーカススクイズ」

アサ芸プラス / 2016年08月21日17時59分

投攻守にスキのない総合力の箕島か、それとも浪商のエース牛島和彦(元・中日など)を攻略した打力が自慢の池田か? 箕島を率いる尾藤公、池田の蔦文也という甲子園を知り尽くした名将の対戦も見どころで注目の一戦となったのである。 試合はいきなり動いた。1回表、池田は箕島のエース・サブマリンの石井毅(現・木村竹志=元・西武)を捕らえ、2本の長短打で先制。だが箕島もその [全文を読む]

高校野球が第1回大会から100年となる今年、『高校野球100年を読む』をポプラ社から新発売。歴史を刻む古本を通じて読み解いているからこそわかる、100年分の仰天・感動エピソードを多数掲載。

DreamNews / 2015年07月24日13時00分

蔦文也が監督ブームを作った!? ・根性野球から科学野球への転換点とは? ・アイドル選手のさきがけ、太田幸司の謎? ・原辰則は高校野球本の歴史を変えた! ・甲子園球場のシンボル「野球塔」って何だ!? ・「泣くな別所 センバツの花だ」の名フレーズが別所毅彦をヒーローにした。 ・孤独な怪物・江川卓が抱えた「陰り」とは…… ・引き抜き、スカウト……高校野球の大 [全文を読む]

高校野球ファン必携の一冊、ついに完成!! あの名勝負がよみがえる「完全保存版 高校野球100年」(週刊朝日編集部編)

PR TIMES / 2015年07月14日14時27分

[画像: http://prtimes.jp/i/4702/28/resize/d4702-28-635911-0.jpg ] (朝日新聞出版刊/7月16日発売/256ページ/定価2000円) 【内容】 戦前の吉田正男(中京商)、嶋清一(海草中)から、太田幸司(三沢)、桑田真澄、清原和博(PL学園)の「KKコンビ」、ダルビッシュ有(東北)、中田翔(大阪桐 [全文を読む]

野球太郎がチョイス、懐かしの各年代“上司と盛り上がる甲子園ネタ”はコレだ!

週プレNEWS / 2014年08月13日06時00分

また、当時の高校野球で名将といえば、断トツで蔦文也(つたふみや)監督(池田高校・故人)の名前が挙がるだろう。その蔦監督、実は「ワシから野球と酒を取ったら何も残らん」と語るほどの大酒飲みだった。池田の町で泥酔して民家に物を投げ込んだり、校長を投げ飛ばしたという酒豪エピソードが残っている(ただし、当時の関係者に聞くと、やや誇張された話らしいが……)。 もしキ [全文を読む]

甲子園の傾向 第3試合ストライクゾーン甘くなると稀代の名将

NEWSポストセブン / 2013年08月03日07時00分

「攻めダルマ」の異名を持ち、池田を率いた蔦文也氏もその1人。強打の「やまびこ打線」のイメージからイケイケのように感じるが、投手には吹く風に逆行するような球を打たせることを指示し、それに対する守りの重要性(主にセカンド、ライト)を、口癖のように語っていたという。 ※週刊ポスト2013年8月9日号 [全文を読む]

フォーカス