藤田香織のニュース

カラダと暮らしと本棚を整える。堀江貴文、杉江松恋、藤田香織、尹雄大、山田マチが登場する6作品が電子書籍レーベル“幻冬舎plus+”から発売!

PR TIMES / 2016年12月27日18時24分

株式会社幻冬舎(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:見城徹)は、オリジナル電子書籍レーベル“幻冬舎plus+”(げんとうしゃぷらすぷらす)より、新たに杉江松恋、藤田香織、堀江貴文、山田マチ、尹雄大による6作品を2016年12月23日(金)に発売しました。■12月23日刊行作品 6点[画像1: https://prtimes.jp/i/7254/238/re [全文を読む]

大賞はあの芥川賞作家!第3回フラウ文芸大賞発表!

PR TIMES / 2015年07月14日10時08分

日本初の、女性による、女性のための文芸賞『フラウ文芸大賞』発表! 3人の選考委員(藤田香織氏、山崎まどか氏、瀧井朝世氏)と女性書店員15名が選んだ、 この1年で最も面白かったと思う本、最も人にすすめたい本を紹介します! 今年で3回目を迎えたフラウ文芸大賞。コンセプトは、女性が女性に薦めたい本を。 藤田香織氏、山崎まどか氏、瀧井朝世氏の3人の選考委員と女性書 [全文を読む]

恋愛こじらせ系女子にも◎ 年上男性を好きになるアラフォー小説とは?

anan NEWS / 2016年06月11日08時00分

本好き有名人の映画監督・山戸結希さん、書評家・藤田香織さん、ライター・瀧井朝世さんに“とにかく恋がしたいときに読む本”を選んでもらいました。 ≪山戸さんおすすめ!≫ ■『ハチ公の最後の恋人』吉本ばなな 青年ハチと出会ったマオは、彼の最後の恋人に。別れの予感の中で二人は、切なく幸せな時間を過ごして…。「中学生の頃に読んでから、誰を好きになっても、その人の最 [全文を読む]

壇蜜も愛読…ストレスフルなときに読みたい『ポケット詩集』とは?

anan NEWS / 2016年06月08日22時00分

ストレスが溜まっているとき、どんな本がおすすめ? 本好き有名人のタレント・壇蜜さん、映画監督・山戸結希さん、書評家・藤田香織さんに“ストレスが溜まっているときに読む本”を選んでもらいました。もやもやとしたこの想いを晴らすには、スカッとした気持ちになれる小説や、しなやかな生き方を見せてくれる本で活を入れよう。予防薬に、絡んだ糸をほぐすような詩集もそばに置いて [全文を読む]

書評家が“上半期ベスト1”と絶賛する本『一瞬の雲の切れ間に』とは?

anan NEWS / 2016年06月08日20時00分

書評家・藤田香織さん、ライター・三浦天紗子さん、演劇作家・藤田貴大さん、ライター・瀧井朝世さんのおすすめです。 ≪藤田さんおすすめ!≫ ■『一瞬の雲の切れ間に』砂田麻美 痛ましい死亡事故をめぐる人間模様、生の不確かさやきらめきを、映画『エンディングノート』の監督として高い評価を受けた著者が描く。「時間が経過していくなかで、決して拭いきれない痛みや哀しみや苦 [全文を読む]

大賞はあの芥川賞作家 “日本初”女性による女性のための文芸賞 第3回「フラウ文芸大賞」発表!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月16日18時30分

第3回の選考を行ったのは、書評家・藤田香織、コラムニスト・山崎まどか、フリーライター・瀧井朝世に加え、女性書店員15名だ。【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら そして、候補15作品の中から、見事第3回フラウ文芸大賞に選ばれたのは『離陸』。作者は、『沖で待つ』で芥川賞を受賞した絲山秋子(いとやま あきこ)。絲山が「出し惜しみせずに書けた小説」と話すように [全文を読む]

第四回ポプラ社小説新人賞受賞作、『ビオレタ』寺地はるな:著を6月3日に発売。応募作631点の中から選考委員の満場一致で選ばれ、刊行前から書評家や書店員さんから高い評価を得たデビュー作がついに刊行。

DreamNews / 2015年06月02日18時00分

藤田香織氏(書評家) ・私、この人がデビューしたらファンになる!―大矢博子氏(書評家) ・力のある作家の誕生を、心から祝いたい。(『asta*』2015年7月号より)――瀧井朝世氏(ライター) ・思い出や記憶を葬る「棺桶」に自分なら何を入れるだろうかと考えてた。 悩んでばかりの妙(主人公)だけど、彼女の弱さは誰かの強さでもある。(コメント抜粋)――紀伊國 [全文を読む]

『進撃の巨人』リヴァイが表紙!「FRaU」8月号で「フラウ文芸大賞」&「フラウマンガ大賞」を発表

PR TIMES / 2014年07月11日11時27分

」(選考委員 藤田香織さん)「装丁も含めて、贅沢な気持ちに。」(選考委員 山崎まどかさん)/講談社・本体1300円(税別)<マンガ部門>大賞:『逃げるは恥だが役に立つ』海野つなみ 著マンガ部門は、女性の旬の問題をコミカルに描いた話題作が見事大賞に!「共感度、かなり高し。こんな「就職」してみたい!」(選考委員 高野麻衣さん)「恋愛→結婚じゃなく 結婚→恋愛も [全文を読む]

「新直木賞作家は本当にジムにいた」第150回直木賞受賞作『昭和の犬』の作家・姫野カオルコの受賞五分後の秘蔵映像を「幻冬舎plus」で公開。

PR TIMES / 2014年01月28日18時36分

特集・連載など、『幻冬舎plus』に登場するのは、角田光代・國分功一郎・藤沢数希・角幡唯介・内澤旬子・渡辺ペコ・山崎亮・橋本治・水無田気流・麻木 久仁子・藤田香織・久住昌之・中条省平・三砂ちづる・大栗博司・酒井順子・清水ミチコ・益田ミリ・中西哲生・辛酸なめ子・会田誠・きたみりゅうじ・よしもとばなな(敬称略・順不同)をはじめとした、今注目の執筆陣。 [全文を読む]

幻冬舎が創立20周年を記念して、WEBサイト『幻冬舎plus』をスタート!

PR TIMES / 2013年11月12日11時05分

特集・連載など、『幻冬舎plus』に登場するのは、 角田光代・國分功一郎・藤沢数希・角幡唯介・内澤旬子・渡辺ペコ・山崎亮・橋本治・水無田気流・麻木久仁子・藤田香織・久住昌之・中条省平・三砂ちづる・大栗博司・酒井順子・清水ミチコ・益田ミリ・中西哲生・辛酸なめ子・会田誠 (敬称略・順不同)をはじめとした、今注目の執筆陣。 電子書店では、小林よしのり氏による、 [全文を読む]

フォーカス