渋川春海のニュース

声優・羽多野渉さん本番でマジ泣きの理由とは?『天地明察』オーディオドラマで登場!

ダ・ヴィンチニュース / 2015年07月17日11時30分

この度、装いも新たにオーディオドラマが誕生! 主人公・渋川春海を演じるのは、人気声優の羽多野渉さん。そして多くの声優の方々に混じり、著者・冲方丁さんも初の声優に挑戦しているそうだ。映画・マンガの先行作品とはまたひと味違った出来になっているという。この度のリリースを前に、オーディオドラマならではの魅力を、羽多野さんと冲方さんが語ってくれた。【画像あり】ダ・ヴ [全文を読む]

冲方丁の人気歴史小説シリーズを電子書籍ならではの無料本で!合計350ページ超が収録された『冲方丁歴史小説3作品試し読み合本(『天地明察』『光圀伝』『はなとゆめ』)』が配信開始!

PR TIMES / 2016年07月22日14時27分

夢を追い、信念を貫き、「改暦」を成し遂げた男・渋川春海を描いた『天地明察』。誰も見たことがない、新しい水戸黄門を描いた『光圀伝』。清少納言の心ふるわす生涯を描いた『はなとゆめ』。冲方丁の歴史小説は歩を進めるたびに、常に新しい世界を紡ぎ出しています。KADOKAWAの電子書籍では、この魅力あふれる冲方丁の歴史小説の世界を、さらに多くの読者に楽しんでいただくた [全文を読む]

冲方丁氏『天地明察』の原型短篇、『日本改暦事情』が電子書籍化!

PR TIMES / 2014年07月01日12時52分

「SF JAPAN 2004年春季号」(徳間書店)に掲載された原稿用紙換算約100枚のボリュームのこの短篇は、冲方氏にとってのヒーローである渋川春海の半生を描いたもので、この短篇をもとに長編小説として『天地明察』は書き上げられたのでした。このたび、この短篇「日本改暦事情」を電子書籍オリジナル作品として配信することとなりました。若き日の冲方氏が尋常ならざる熱 [全文を読む]

冲方 丁『天地明察』スピンオフ作品が無料公開

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月08日13時40分

今回の“あの人”は『天地明察』の主人公・渋川春海。第1話では、日本で初めての国産暦を作る任務に抜擢された碁方の渋川春海が、憧れの算術家・関孝和に思いを馳せる場面が描かれる。ファンにとっては見逃せない作品となっている。 [全文を読む]

知られざる水戸光圀の生涯を冲方丁が描く歴史大作『光圀伝』

NEWSポストセブン / 2012年10月17日16時00分

実は光圀は、日本独自の暦を作り上げた渋川春海をサポートする一幕も。この渋川春海の生涯を描いた『天地明察』(角川書店)は夢を実現するための勇気の書。生き方や価値観は違えども、生涯を賭して成し遂げた光圀と春海の物語2冊を合わせて読むと、読み応えともらう勇気は倍々増しです! ※女性セブン2012年10月25日号 【関連ニュース】朝ドラ『おひさま』 何か成し遂げ [全文を読む]

【挑戦!お江戸クイズ】お江戸日本を震撼させた傑物4人!クイズ「私は誰でしょう?」(全4問)

サライ.jp / 2017年03月15日19時00分

さて、私は誰でしょう?(い)平賀源内(ろ)杉田玄白(は)関孝和(に)渋川春海【クイズ2】私は宝暦10年(1760)、江戸で生まれました。狩野派・土佐派や西洋画など諸画報を習得し、自分の画風を大成しました。とくに「神奈川沖浪裏」や「凱風快晴」をはじめとする版画シリーズ『冨嶽三十六景』は有名です。さて、私は誰でしょう?(い)歌川広重(ろ)鈴木春信(は)葛飾北斎 [全文を読む]

江戸時代のUFO現象から、多次元宇宙、最新宇宙科学まで…『宇宙と芸術展:かぐや姫、ダ・ヴィンチ、チームラボ』 アートにみる宇宙と人間

tocana / 2016年09月07日07時00分

映画『天地明察』でも描かれた渋川春海が天文観測によって作った天体図をみれる。それまで、日本は主に大陸からもたらされた天文学資料に頼っており、日本独自の天体観測データは正確に残してこなかったという。また、珍しいところでは鉄隕石から作られた《流星刀》もある。そして、なんといっても日本最古のSF小説といわれる《竹取物語》が素晴らしい。月から来た女性が描かれていた [全文を読む]

DV逮捕→処分保留で釈放の作家・冲方丁“勾留された9日間”手記に大注目!

おたぽる / 2015年12月01日23時00分

吉川英治文学新人賞などに輝いた、渋川春海の生涯を描く『天地明察』(KADOKAWA)や、劇場用アニメ『攻殻機動隊 ARISE』の脚本などで知られる冲方氏。監修を務める舞台版『攻殻機動隊 ARISE』のチケット先行予約が開始となる2日前(8月23日)、口論の末、妻を殴り前歯を折るなどした疑いにより、傷害容疑で逮捕となった。その前日、冲方氏はファン向け定例イ [全文を読む]

冲方丁歴史小説シリーズ、電子書籍で15万ダウンロード突破! ファン待望の「シュピーゲル」シリーズ、電子媒体での連載開始が決定!

PR TIMES / 2014年02月25日10時48分

改暦の実行者として選ばれたのは渋川春海。碁打ちの名門に生まれた春海は己の境遇に飽き、算術に生き甲斐を見出していた。彼と「天」との壮絶な勝負が今、幕開く――。日本文化を変えた大計画「改暦事業」をみずみずしくも重厚に描いた傑作小説。第7回本屋大賞受賞作。『天地明察』特設サイトhttp://www.kadokawa.co.jp/sp/200911-06/〈税抜希 [全文を読む]

ダ・ヴィンチ×JTコラボ企画 初回は冲方丁『天地明察』のサブストーリー

AOLニュース / 2013年10月04日11時30分

第1話では主人公である渋川春海(安井算哲)と算術の天才である関孝和との関係、第2話では渋川と塾頭の村瀬義益やその妹・村瀬えんとへの思いなど、1話ごと各登場人物との関係が細やかに描かれている。 またサイト「ちょっと一服ひろば」が愛煙家に向けた内容になっていることから、物語には当時の煙草の描写も度々登場。『雁首仲間』では藩士は禁じられることも多かったという当時 [全文を読む]

フォーカス