豊田英二のニュース

トヨタ、豊田英二特別企画展「はじめたもの、受け継ぐもの」を開催

JCN Newswire / 2013年11月21日16時26分

Toyota City, Nov 21, 2013 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)と産業技術記念館は、トヨタグループが共同で運営するトヨタテクノミュージアム産業技術記念館で、11月26日(火)から12月25日(水)まで「豊田英二特別企画展『はじめたもの、受け継ぐもの』」を開催する。当特別企画展は、トヨタの豊田英二[全文を読む]

【おくやみ】トヨタを現在の世界的メーカーに育てた豊田英二氏が100歳で逝去

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年09月20日07時30分

トヨタ自動車の最高顧問を務めた豊田英二氏が9月17日に心不全で逝去した。100歳だった。 同氏は、いとこにあたる豊田喜一郎氏がトヨタ自動車工業を創業したのに伴い、豊田自動織機製作所から同社に移籍。1967年から82年にかけて社長を務め、82年に同社とトヨタ自動車販売(株)が合併しトヨタ自動車(株)となってからは会長職に就任。99年からは最高顧問を務めた。 [全文を読む]

トヨタとダイハツ提携の歴史にはスズキとの関わりもあった

clicccar / 2016年01月27日15時25分

ダイハツとの提携において、当時の豊田英二社長が「外資の攻勢に対する防波堤の役を果たしたい」と語ったように、国産自動車という業態を守るための提携だったと言われています。 こうして1960年代に結ばれた日野自動車、ダイハツ工業との提携は、後に連結対象子会社になるほど密接になるわけですが、その歴史においては意外な事実もありました。 まったく縁がないと思われていた [全文を読む]

トヨタ 佐吉、喜一郎という創業2代の神格化が進む

NEWSポストセブン / 2017年04月27日16時00分

今のトヨタは、豊田家の神話を再構築しているように見えます」 豊田家の系譜には佐吉の甥で歴史的な工販合併(※注)を成し遂げ、「トヨタ中興の祖」とも呼ばれる豊田英二・元会長(故人)の流れもある。【※注/1950年の経営危機以来、分離していた生産部門(トヨタ自動車工業)と販売部門(トヨタ自動車販売)を1982年に合併。英二氏はそれを機に章一郎氏に社長を譲った】 [全文を読む]

トヨタ&スズキ、歴史的提携に秘められた豊田家と鈴木家の絆

NEWSポストセブン / 2016年12月25日16時00分

そんななかでスズキの2サイクルエンジンは1975年規制をクリアするのが困難になり、当時専務だった鈴木修氏が豊田英二社長に協力を求めた。ダイハツからエンジンの供給を受けられるようになり、スズキは難を逃れた。 こうした経緯があるため、1978年に鈴木修氏が社長に就任した際、父親で2代目社長の鈴木俊三氏から「何かあったらトヨタに」と言われたという。現社長で息子の [全文を読む]

スズキ、「自前主義」破綻しトヨタの軍門に下る…鈴木修会長86歳で異例の経営トップ続投宣言

Business Journal / 2016年10月17日06時00分

この時、役員だった鈴木氏がトヨタの豊田英二社長(当時)のもとに駆け込み、ダイハツからエンジンを供給してもらった。 [全文を読む]

パナソニック、ホンダ、トヨタ 伝説の名経営者たちの格言

NEWSポストセブン / 2016年05月27日16時00分

豊田英二(トヨタ自動車元会長/1913~2013年) 〈いかに立派な社是、社訓でも、これが一つの社風になるまで年期をつみ上げないと物にならない。そして、社風なき会社からは、立派な人材や製品は生まれてこない〉 ※『あの会社のスゴい社訓』(浜口直太著、晋遊舎新書)より 創業家出身で5代目社長となった英二は今日のトヨタの基盤を作り、「中興の祖」と称される。2 [全文を読む]

シリコンバレーにも影響を与えた「トヨタの働き方」

Forbes JAPAN / 2016年03月13日16時01分

主査制度を築いた豊田英二は、「製品の社長」である主査に対して資金も生産設備も人材も惜しまずに投資した。「現在、主査制度をうまく取り入れているのが、シリコンバレー。豊田喜一郎や英二を投資家に置き換えると、主査はベンチャー企業の社長。投資家が社長をスカウトして、投資しているわけです」豊田市と同じ三河地方である愛知県岡崎市出身の酒井はこう言い切る。「誤解している [全文を読む]

「大衆車メーカー」トヨタ、なぜレクサス成功?「過去を全否定する」開発、無制限にカネ投入

Business Journal / 2015年10月15日06時00分

この時のプロジェクトは完全なるトップダウンで、トヨタ中興の祖である豊田英二氏(当時会長)の「ベンツやBMWを超える世界最高車をつくれ」との檄から開発が始まり、「日本市場を無視せよ」との声を反映し、ベンツを徹底的にベンチマーク(基準)とした開発が行われています。「マルF」プロジェクト(Fはフラッグシップ)と呼ばれたLS開発計画はトヨタの中でも異例の扱いを受け [全文を読む]

【訃報】初代「フェアレディZ」の生みの親 片山 豊氏が死去

clicccar / 2015年02月23日08時03分

後の初代「フェアレディZ」のコンセプトをまとめ、その誕生に大きな役割を果たした成果が認められ、1998年に本田宗一郎氏、豊田英二氏、田口玄一氏に次いでエンジニア以外では異例の米国自動車殿堂入りを果たしています。 (出展 NISSAN USA) 当時、自動車先進国の米国で、多大な偉業を成し遂げられたのは自動車への強い情熱と長期的な経営視野、豊富な経験、国境 [全文を読む]

フォーカス