渡辺雄二のニュース

【生活クラブ埼玉・熊谷ブロック】渡辺雄二氏講演会『体を壊す10大食品添加物』を開催

PR TIMES / 2013年11月15日18時14分

さて、このたび消費者が自らの暮らしを見直し、正しい判断力を持って安全な食べ物を次世代へ引き継げるように、渡辺雄二氏講演会『体を壊す10大食品添加物~がんになりたくなければこれだけは食べるな~』を12月14日(土)に下記の通り開催します。 渡辺雄二氏講演会 『体を壊す10大食品添加物~がんになりたくなければこれだけは食べるな~』 【日時】2013年12月1 [全文を読む]

【生活クラブ埼玉・熊谷ブロック】渡辺雄二氏講演会『体を壊す10大食品添加物』を開催

PR TIMES / 2013年09月10日17時26分

さて、このたび消費者が自らの暮らしを見直し、正しい判断力を持って安全な食べ物を次世代へ引き継げるように、渡辺雄二氏講演会『体を壊す10大食品添加物~がんになりたくなければこれだけは食べるな~』を10月13日(日)に下記の通り開催します。 渡辺雄二氏講演会 『体を壊す10大食品添加物~がんになりたくなければこれだけは食べるな~』 【日時】2013年10月1 [全文を読む]

新代表取締役就任のお知らせ

PR TIMES / 2013年09月02日11時09分

BBCの国際ニュースチャンネルであるBBCワールドニュースと、ニュースサイトのBBC.comのプラットフォームを日本で配信・運営しているBBCワールドジャパンの代表取締役に、渡辺雄二氏が着任。2013年9月2日 東京BBCワールド ジャパン株式会社(東京都千代田区)は本日、渡辺雄二が代表取締役マネージング・ダイレクター(MD)に就任することを発表いたします [全文を読む]

それって食べても大丈夫? スーパー・コンビニの定番食品の危険度チェック

ダ・ヴィンチニュース / 2016年07月17日09時00分

■『定番食品の危険度調べました』 著:渡辺雄二 発売日:2016年7月26日(火) 出版社:三才ブックス 渡辺雄二 科学ジャーナリスト。1954年生まれ。千葉大学工学部合成化学科卒業後、消費生活問題紙の記者を経て1982年にフリーとなる。科学ジャーナリストとして、食品、環境、医療、バイオテクノロジーなどの諸問題を提起し続け、雑誌や新聞に精力的に執筆。とく [全文を読む]

「松屋の牛めし」と「吉野家の牛丼」、仕分けすると吉野家が× その理由とは?

AOLニュース / 2013年10月25日14時43分

書籍『加工食品の危険度調べました』(渡辺雄二著)では、どの家庭にもある143品目を買ってはいけない食品と買ってもいい食品に仕分けして、注意を喚起しています。 そのなかで、多くの日本人が愛している牛丼チェーン店の商品についても仕分けが行われています。 まず、松屋の「牛めし」。こちらは、化学調味料、人工甘味料、合成着色料、合成保存料の不使用を大々的に宣伝して [全文を読む]

一部の薬用石けん、抗菌効果なく危険?米国で一部販売禁止の抗菌成分、うがい薬や歯磨き剤に含有

Business Journal / 2016年10月01日06時00分

(文=渡辺雄二/科学ジャーナリスト) [全文を読む]

脂質制限でメタボは防げない!?栄養学の新常識

ニコニコニュース / 2016年09月02日20時15分

ニコニコでは、同作品の配信に合わせて、北里大学研究所北里病院 糖尿病センター長の山田悟氏、「買ってはいけない」シリーズの著者で科学ジャーナリストの渡辺雄二氏、ミュージシャン/ジャーナリストのモーリー・ロバートソン氏を招いて「世界は砂糖中毒!?健康食品にもひそむコワ~イ『糖質』の罠」と題した討論番組を実施。 「油を減らしても動脈硬化も肥満も予防できない」「 [全文を読む]

BBCワールドニュース、国内大手ホテルグループに続々導入

PR TIMES / 2016年04月25日19時25分

BBCワールド ジャパン株式会社 代表取締役マネージング・ダイレクター(MD) 渡辺雄二 「2015年訪日外客数が過去最高を記録*したように、昨今、日本への外国人渡航者が増えています。そのような環境の中、この度東急ホテルズ様にBBCワールドニュースをご導入いただき、私どものチャネルを通じてより多くの視聴者のみなさまに、日々世界で起こる出来事や様々なジャン [全文を読む]

BBCワールドニュースが、J:COM TVの新しいコースで視聴可能に

PR TIMES / 2015年05月21日17時36分

BBCワールド ジャパン株式会社代表取締役マネージング・ダイレクター(MD) 渡辺雄二「この度の株式会社ジュピターテレコム様との提携により、世界的に評価をいただいているBBCワールドニュースのニュース報道や番組を、J:COM TVの視聴者のみなさまに、お届けできるようになったことを喜ばしく思います。国際ニュースへの関心が高まる昨今、日々世界で起こる出来事や [全文を読む]

BBCワールドニュース、Huluとの新たな提携により、デジタル展開をさらに拡大

PR TIMES / 2015年03月12日10時59分

BBCワールド ジャパン株式会社代表取締役マネージング・ダイレクター(MD) 渡辺雄二「世界的に評価をいただいていますBBCワールドニュースや時事番組とともに、数々の権威のある受賞歴を誇る長編番組もまたBBCの大きな特色のひとつです。昨今、自分の好きな方法・時間にコンテンツを見たいという視聴者の方が増えている環境の中で、この度、BBCワールド ジャパン株式 [全文を読む]

BBC.COM ユーザー 1億人を超える

PR TIMES / 2015年02月13日19時06分

BBCワールド ジャパン株式会社 代表取締役マネージング・ダイレクター(MD) 渡辺雄二 「これらの素晴らしい数字は、世界各地で起きる出来事の包括的な記事を、世界の人々が求めていることの表れであると考えています。私たちは、視聴者がどのプラットフォームを使おうと、文字、映像、そしてソーシャルメディアを通じて、世界最高水準の最新ニュースと深い分析に基づく解説 [全文を読む]

ミューズVSキレイキレイ、サランラップVSクレラップ...危ないのはどっちだ?

リテラ / 2014年10月28日08時00分

そこで、日用品の実名をあげ成分表示や効果・副作用を徹底解説、同じ用途の商品を比べどちらがより安全かセレクトしてくれる『使うなら、どっち!?』(渡辺雄二/サンクチュアリ出版)から、いくつかピックアップしてみよう。 まずは風呂掃除に欠かせない風呂用洗剤のメジャー商品「バスマジックリン 泡立ちスプレー」(花王)と「おふろのルック」(ライオン)。見た目も似ているこ [全文を読む]

子供が食べたら危ない「発がん性食品添加物8」

WEB女性自身 / 2014年10月20日15時00分

最低でもそういった危険なものは避けるべきです」 そう注意を促すのは科学ジャーナリストの渡辺雄二さん。食品添加物に関する著書も多く、実際の商品に使用されている添加物を調べた『お菓子の危険度調べました』(三才ブックス)は、買い物に役立つとの評価を得ている。そこで、渡辺さんにとくに危険と思われる、発がん性のある食品添加物8種を挙げてもらった。 【亜硝酸Na】食品 [全文を読む]

あの商品にも発ガン性物質? 買ってはいけないアレやコレ…あらためて復習が必要かも

ダ・ヴィンチニュース / 2014年02月27日15時20分

『体を壊す13の医薬品・生活用品・化粧品』の本文(一部)を読む【画像あり】 『体を壊す13の医薬品・生活用品・化粧品』(渡辺雄二/幻冬舎)は、「買ってはいけない」シリーズ(金曜日)共著者の科学ジャーナリストによる、警鐘の書。全成分表示に切り替わったおかげで、かえって指定成分が見過ごされやすくなってしまった今日、あらためて発がん性が懸念される化学物質への注 [全文を読む]

罪悪感を感じない!コンビニで美人飯を選ぶコツ3つ

LBR - Life & Beauty Report / 2014年02月25日22時00分

(前田紀至子) 【関連記事】 ※ ちっとも小顔にならなくて当たり前!「体重の割に大顔」女子が陥りがちなダイエット4つ 【参考】 ※ 中食・外食派必見!「素材」チョイスでメタボ回避を – からだカルテ – タニタ ※ ~働く女性の毎日の食生活を応援!~ 野菜料理家庄司いずみさん – 株式会社ファミリーマート ※ 渡辺雄二(2010)「コンビニの買ってはい [全文を読む]

神対応の山崎パン、安全面で多い疑問?大量添加物、常温なのに長い賞味期限…

Business Journal / 2014年02月25日14時00分

また、『ヤマザキパンはなぜカビないか』(渡辺雄二/緑風出版)においては、具体的に同社製品において使用されている添加物を挙げて、危険性を訴えている。 例えば、パン生地改良剤として使用されている臭素酸カリウムは、世界中で使用が禁止されているが、日本では残留が確認されないことを条件に使用が認められている。ところが、実際に使用しているのは山崎製パンだけであるとい [全文を読む]

“じゃがりこ”と“うまい棒”どっちがより安全? 食品の中身を大公開!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月13日11時50分

そこで便利なのが、『食べるなら、どっち!? 不安食品見極めガイド』(渡辺雄二/サンクチュアリ出版)。タイトル通り、「食べるなら、どっち!?」という、まさに2択という形でかかれており、知識がなくても選びやすい。関連情報を含む記事はこちら まずページを開くと飛び込んでくるのは、1ページの5分の3くらいを占めている、なじみ深い食品の画像。それが見開きで2枚、目に [全文を読む]

“低カロリー”もNG!? 食べてもOKのインスタント食品、ダメなインスタント食品

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月16日11時20分

関連情報を含む記事はこちら 「インスタント食品の中にも、簡単で便利、しかも健康によい製品もたくさんあるのです」と述べるのは、科学ジャーナリストの渡辺雄二氏。インスタント愛好者にとっては、耳よりな話だ。 そもそも、インスタント食品は具体的に何がいけないのだろう? 氏の著書『買ってはいけないインスタント食品 買ってもいいインスタント食品~カップめんからレトルト [全文を読む]

偽装米、8割が中国産…イオンは危険な食品だらけ?告発本は即撤去の横暴

Business Journal / 2013年11月10日14時00分

「以前にも、イオン内の書店から“危ない本”として認定され、大量返品、撤去されてしまった書籍が存在するのです」(取次関係者)それが『プライベートブランド食品の危険度調べました』(三才ブックス/渡辺雄二)というムック本だ。 セブン&アイホールディングス、イオン、サークルKサンクス、ローソン、ファミリーマートなど、大手流通企業が展開するプライベートブランド(PB [全文を読む]

がんや脳腫瘍も~インスタント食品は危険?カップ麺、コーヒー、トクホコーラ…

Business Journal / 2013年10月15日18時00分

『買ってはいけないインスタント食品 買ってもいいインスタント食品』(渡辺雄二/だいわ文庫)によれば、下痢などの体調不良はおろか、がんまで起こしかねない危ないインスタント食品があるという。 例えば、油で揚げたフライ麺には注意が必要だ。油が酸化してしまうことで、毒性物質である過酸化脂質ができている恐れがある。過酸化脂質はふたを開けた時の鼻を突くプーンとした油の [全文を読む]

フォーカス