武邦彦のニュース

【特別追悼寄稿】決して「天才」にはなれなかった天才武豊の父・武邦彦 『魔術師』と呼ばれた名手が駆け抜けた時代

Business Journal / 2016年08月13日10時00分

天才武豊の父・武邦彦は『魔術師』と呼ばれるほどの名手だったが、決して天才ではない。 武邦彦が騎手デビューしたのは1957年で19歳の時だが、それは騎手試験に何度も落ちた末にようやく掴んだデビューだった。祖父の武彦七が日本の西洋馬術の祖として知られる函館大経の弟子という肩書があったものの、決して目立った存在ではなかったのだ。 実際に若かりし武邦彦の主戦場は、 [全文を読む]

あの日を境に停滞した武豊騎手の『日記』。武邦彦さんの「生前の言葉」として最後に綴られた内容が猛烈に切ない

Business Journal / 2016年08月19日08時00分

武豊騎手の父にして「ターフの魔術師」として、競馬界を沸かせた武邦彦さんが肺がんのため亡くなった12日から1週間が過ぎた。15日に行なわれた告別式では、三男にあたる武豊騎手が家族を代表して「1カ月ほど前から覚悟はしていましたが、現実を突きつけられるとつらくて悲しいです。本当に優しい方でした。父の示した道を家族で歩んで参りたいと思います。誠に、ありがとうござい [全文を読む]

「武豊の父」ターフの魔術師・武邦彦氏が死去。騎手として、調教師として、父親として競馬界を引っ張ったレジェンド

Business Journal / 2016年08月12日15時00分

現役時代、「ターフの魔術師」として競馬界を沸かせた元騎手、調教師の武邦彦氏が亡くなった。77歳だった。 邦彦氏は1957年に騎手デビューし、JRA通算7679戦1163勝。日本ダービーをロングエースで制するといわゆる「八大競走」の常連となり、関西を代表する騎手の1人として活躍。「天馬」と称され、テンポイントと激闘を繰り広げたトウショウボーイとのコンビでも有 [全文を読む]

天才・武豊「“前人未踏”通算4000勝」を彩ったレース秘話!(1)「歩く競馬四季報」と呼ばれ

アサ芸プラス / 2016年10月01日09時56分

そこで武が思い浮かべたのが、78年に父・武邦彦がインターグシケンで勝った同レース。16番枠だったが、スタート後にピタリと内に寄せて回ってきた騎乗ぶりだった。「これでいこう」と決めてゲートを出た武は、同じように乗った。競馬解説者が振り返る。「勝負を決めた大事なポイントが一つ。4コーナーを回るや、すばやく最内に進路を取ったことでした。前を走っていたカツトクシン [全文を読む]

武豊も福永祐一も“既定路線”だった? 実力だけで成功できない騎手の世界は「芸能界」そのもの

日刊サイゾー / 2016年01月16日23時30分

今や競馬界の“顔役”となっている武豊騎手、その弟となる武幸四郎騎手の父は、卓越した騎乗技術から「魔術師」と称された武邦彦氏。福永祐一騎手の父親は、かつて「天才」といわれた福永洋一氏。つまり、「ブラッドスポーツ」といわれる競馬において、いわゆる“良血”が活躍するのは、何も馬だけの話ではないということだ。 鮫島克駿騎手の兄・良太もJRAで活躍する騎手。さらに [全文を読む]

人気者だからこその悲しき宿命……帝王・武豊の「決して超えられない壁」とは

日刊サイゾー / 2015年12月19日23時00分

天才といわれた武邦彦の息子として1987年にデビューして以来、JRAの記録という記録を次々と塗り替え、まさに日本競馬をけん引し続けてきた武豊。JRAの通算勝ち星は3,782勝(12月19日現在)を数え、2013年には国内外合わせてG1だけで100勝到達の金字塔を打ち立てている。 ただ、そんな競馬におけるすべてを手にしてきた帝王・武だが、期待の高まるG1完 [全文を読む]

「実兄が覚醒剤所持で逮捕、親戚は惨殺…」武豊、スター騎手の知られざる闇とは

日刊サイゾー / 2015年11月22日23時30分

武豊は4人兄弟の三男として生まれ、父武邦彦は騎手から調教師となり、弟幸四郎は現役のJRA騎手として活躍している。親族には牧場経営者もいるなど、まさに「競馬一族」の中で育ってきた。だが、この親族こそが、スターである武に影を落とす要因となってしまっている。 まず、2000年に実兄である長男の武伸氏が覚せい剤取締法違反で逮捕。伸氏はフリーライターとして毎日新聞 [全文を読む]

調教師になって子どもを管理馬に乗せちゃう? 新要素が満載の『Winning Post 8』を見逃すな!

ガジェット通信 / 2014年03月28日07時00分

武邦彦 武豊、武幸四郎の父。変幻自在の騎乗から「ターフの魔術師」と呼ばれた。 藤岡康太 関西の有望株。積極果敢な騎乗が得意。 お気に入りの騎手は見つかりましたか? ●シーンの一部を少しだけご紹介 ●無料ダウンロードコンテンツも配信決定! さらに、4月中旬には無料ダウンロードコンテンツ「秘書の衣装切替パック」が配信されることも決定。他タイトルとのコラボレー [全文を読む]

武一族「天才騎手のスパルタDNA」(1)ルーツは函館の敏腕馬術家

アサ芸プラス / 2013年01月31日09時59分

武邦彦(74)とその三男・豊(43)、そして四男・幸四郎(34)。遅咲きだった父に比べ、2人の息子は最優秀新人賞を獲得している違いはあるが、天才のDNAが受け継がれる武一族が競馬史に残るファミリーであることに疑いの余地はないだろう。 武家のルーツは、明治維新まで遡らなければならない。 「豊がスター騎手の階段を上り始めた頃、紙上で豊特集を何度も組んだ時に、 [全文を読む]

フォーカス