橘高文彦のニュース

BS12ch TwellV『大槻ケンヂの日本のほほん化計画』 2月のゲストミュージシャンは、筋肉少女帯、X.Y.Z.→Aのギタリスト橘高文彦!

PR TIMES / 2014年01月30日19時41分

2014年2月はゲストミュージシャンに筋肉少女帯、X.Y.Z.→Aのギタリスト橘高文彦を迎えて、岐阜県を巡ります。 1.『大槻ケンヂの日本のほほん化計画』概要 東京生まれ、東京育ちのロックミュージシャン、大槻ケンヂが日本の各地を訪問し、ゲスト・ミュージシャンの“ゆかりの地”をのほほーんと訪れて、ゲストと共にオススメスポットを紹介するミュージシャン情報バラエ [全文を読む]

筋肉少女帯、2016年初ライブはゲスト満載!

okmusic UP's / 2016年04月24日17時00分

午後6時を過ぎた頃に客電が落ちると、大きな歓声を浴びながら、大槻ケンヂ(Vo)、橘高文彦(G)、本城聡章(G)、内田雄一郎(B)が登場。大槻の「お客様は神様でーす!」の第一声に導かれての1曲目「オーディエンス・イズ・ゴッド」で、観客の気分はいきなり最高潮に。続く「カーネーション・リインカネーション」のイントロが鳴った瞬間、LIQUIDROOMは熱狂モードへ [全文を読む]

筋肉少女帯ライブに野水伊織、二井原実、ナカジマノブが出演!

Smartザテレビジョン / 2016年04月24日02時04分

また野水は大槻が作詞、橘高文彦が作曲した「球体関節人形の夜」で筋少とコラボ。二井原実はこれまた筋少のライブでの定番曲「イワンのばか」を歌い上げた。 アンコール最後の1曲「釈迦」では、筋少メンバーに加え、この日ゲスト参加したナカジマ、野水、二井原がステージに再登場。二井原が「あなたがたの演奏を楽屋のモニターで見ていて、涙が出そうになりましたよ! 筋肉少女帯、 [全文を読む]

野水いおり新曲C/Wに大槻ケンヂ&橘高文彦が参加

okmusic UP's / 2015年05月22日18時00分

そしてカップリングには、野水自身が作詞を手掛けた「水底のremains」に加え、彼女自身も大ファンだと公言する筋肉少女帯の大槻ケンヂが作詞、橘高文彦が作編曲とギターで参加した「球体関節人形の夜」が収められる。 シングルは、DVD付限定盤と通常盤の2タイプでのリリースとなり、限定盤付属のDVDには「D.O.B.」のミュージックビデオを収録。またリリースを記念 [全文を読む]

筋肉少女帯の春ツアーが東京・六本木にて大盛況のうちに閉幕

okmusic UP's / 2015年04月27日20時00分

橘高文彦(G)・本城聡章(G)・内田雄一郎(B)の3人が「日本印度化計画」のメインヴォーカルを務めるというレアな演出もたまらない。強烈なキャラクターがぶつかり合って、得体の知れぬグルーヴが生まれるという筋少のスタイルにはますます磨きがかかっている。新旧織り交ぜたバラエティ豊かな楽曲に観客はおおいに沸いた。 心の隙間に入り込むかのような歌詞とさまざまなアプロ [全文を読む]

Perpetual Dreamerのメジャーデビューに向けて筋少・橘高文彦から推薦コメントが到着

okmusic UP's / 2015年04月15日20時00分

その摩訶不思議さとテクニカルなプレイが筋肉少女帯・橘高文彦の目にとまり、彼のプロデュースのもと、4月22日にキングレコードNEXUSレーベルからのメジャーデビューが決定している。 【その他の画像】Perpetual Dreamer現在アルバムリード曲「Heartless Horseman – 騎士 騎士 666」のPVが公開されているが、メンバーのkiss [全文を読む]

Perpetual Dreamerが橘高文彦プロデュースでメジャーデビュー

okmusic UP's / 2015年01月13日14時00分

そんな彼らの勢いが筋肉少女帯、X.Y.Z.→Aのギタリストである橘高文彦の目に止まり、彼のプロデュースのもと、待望のメジャーデビューを果たすこととなった。しかも、アースシェイカー、陰陽座、NoGoDらが所属するキングレコードNEXUSレーベルからのデビューということもあり、各方面から注目が集まっている。 また、先行してリード曲のPVも公開されており、妖画劇 [全文を読む]

筋肉少女帯 50歳超えてもハードロック「この大変さがわかるか!」

dwango.jp news / 2017年03月21日17時57分

大槻ケンヂ(Vo)、橘高文彦(G)、本城聡章(G)、内田雄一郎(B)が客席に背を向けて横一列に並ぶシルエットは、いつ観てもワクワクする。すでに興奮状態のフロアに最初に投下されたのは、圧倒的な華やかさを誇る『サンフランシスコ』。続く『カーネーション・リインカネーション』の攻撃的な音圧によって、オーディエンスの熱気は上昇するばかり。「俺らは50歳超えてもハード [全文を読む]

筋肉少女帯の“らしさ”の萌芽はここにあった 22期メンバーが初結集した作品『猫のテブクロ』

okmusic UP's / 2017年03月08日18時00分

大槻ケンヂ(Vo)、内田雄一郎(Ba)、本城聡章(Gu)、橘高文彦(Gu)、太田明(Dr)。1999年の活動凍結までの10年間をこのメンバーで過ごし、2006年にはほぼ同じメンバーで復活を果たした。曰く“90年代の筋少”である。ナゴムレコード時代~メジャーデビュー期の三柴江戸蔵(Key、現:三柴理)在籍時の筋少への思い入れの強い人がいることも重々理解してい [全文を読む]

筋肉少女帯、TVアニメ『うしおととら』第3クールOPに新曲提供

okmusic UP's / 2016年02月10日12時00分

作詞は大槻ケンヂ、作曲は橘高文彦が担当。CDの発売は4月20日に決定し、カップリングには昨年12月23日に行われたLIQUIDROOM公演より2曲ライブ音源が収録されることになった。なお、初回限定盤付属DVDには同日のライヴ映像が10曲程収録される予定になっているのでこちらもチェックしてほしい。 そして、前作「混ぜるな危険」同様、原作者の藤田和日郎がCDジ [全文を読む]

筋肉少女帯、「混ぜるな危険」のライヴ映像を解禁

okmusic UP's / 2016年01月28日13時00分

昨年10月24日の赤坂BLITZを皮切りに、大阪・梅田CLUB QUATTROなどのライヴ会場でのバックステージオフショット以外にも、11月1日にメンバーが二手に分かれて行なったトークイベント(大槻ケンヂが「高円寺フェス」、橘高文彦、本城聡章、内田雄一郎が大阪でトーク&アコースティックミニライヴ)の模様や、新宿タワーレコードでの『おまけのいちにち(闘いの日 [全文を読む]

筋肉少女帯、ニューアルバムのリリースツアーが大盛況のうちに幕

okmusic UP's / 2015年11月15日16時00分

大槻ケンヂ(Vo)、橘高文彦(G)、本城聡章(G)、内田雄一郎(B)という強烈な個性の集合体が、今夜もオーディエンスを魅了。三柴理(Key)と長谷川浩二(Dr)の強力無比なサポートを得て、曲が進むごとに輝きを増す彼らには、孤高のライヴアクトとしての風格がある。 「恵比寿!ツアーファイナルだ!」と扇動しつつ、オーディエンスとの一体感を楽しむ大槻。強靭な演奏と [全文を読む]

野水いおり「空戦魔導士候補生の教官」OP曲のMV公開、10月には3rdライブの開催も

okmusic UP's / 2015年07月02日18時00分

なお、シングルのカップリングには、野水自身が作詞を手掛けた「水底のremains」に加え、彼女自身も大ファンだと公言する筋肉少女帯の大槻ケンヂが作詞、橘高文彦が作編曲とギターで参加した「球体関節人形の夜」を収録。DVD付限定盤と通常盤の2タイプでのリリースとなり、限定盤付属のDVDには「D.O.B.」のMVが収められる。 そして、3rdライブ“コギト・エ [全文を読む]

筋肉少女帯人間椅子、圧巻の初ライブが終了

okmusic UP's / 2015年06月08日16時00分

大槻のヴォーカルを中心に、橘高文彦(G)、本城聡章(G)、内田雄一郎(B)の華やかなコンビネーションが炸裂するこのナンバーもまた、原曲の魅力をさらに引き出していた。筋肉少女帯と人間椅子がお互いの曲をカバーすることによって際立ったのは、両者のアレンジセンスと演奏力の高さだ。観客にとって大きなサプライズだったのは、8月5日にリリースされるニューシングル「混ぜる [全文を読む]

チームしゃちほこ「天才バカボン」発売記念イベントを札名阪で開催!

dwango.jp news / 2015年03月03日00時00分

5月13日に発売のシングルには、5月23日より公開される映画「天才バカヴォン~蘇るフランダースの犬~」のオープニングテーマ曲であり、「西から昇ったおひさまが~」でお馴染みの国民的アニメソングを、筋肉少女帯から「橘高文彦」と、アイゴンこと「會田茂一」による異色のツインギターに、アレンジには前作『シャンプーハット』などしゃちほこファンにはお馴染「CMJK」を迎 [全文を読む]

「氣志團万博2014 ~房総大パニック!超激突!!~」いよいよWOWOWで今日からオンエア!

PR TIMES / 2014年10月31日20時17分

「氣志團を作ったのは筋肉少女帯だぜー!」と、ボーカル大槻ケンヂが叫ぶと、1曲目「イワンのばか」からギタリスト橘高文彦の美しき速弾きプレイがさく裂。ハードロック~メタルを基盤とする筋少の重厚なロックが展開する。さらに、この日はトリで出演する、ももいろクローバーZに大槻が歌詞を提供した「労働讃歌」でメンバー全員がラップを聴かせる貴重なパフォーマンスも。観客の熱 [全文を読む]

訴訟連発のJASRAC、法廷闘争のミュージシャンに支援続々

メンズサイゾー / 2014年02月14日22時10分

この契約スタイルに疑問の声を上げてJASRACと今も闘っているのが、かつてロックバンド・爆風スランプで活躍し、現在はLOUDNESSの二井原実や筋肉少女帯の橘高文彦らが参加するバンド「X.Y.Z.→A」などで活動するドラマーのファンキー末吉だ。09年、ファンキー氏が経営に携わっている「Live Bar X.Y.Z.→A」にJASRACが著作権料を請求し、 [全文を読む]

ライブ特番『大槻ケンヂの日本のほほん化計画まつり! 』放送決定!!

PR TIMES / 2014年01月22日15時08分

“のほほん”ワールドが炸裂するプレミアムライブをお見逃しなく!! 出 演 大槻ケンヂ (番組MC) ムッシュかまやつ (2013年10月ゲスト) ROLLY[すかんち] (2013年11月ゲスト) 宮田和弥[JUN SKY WALKER(S)] (2013年12月ゲスト) 橘高文彦[筋肉少女帯/X.Y.Z.→A] (2014年2月ゲスト出演予定) ダイアモ [全文を読む]

ロックフェス「夏の魔物」エンタメグループ DPGのデビューシングルMVが公開

okmusic UP's / 2013年08月08日11時00分

■夏の魔物エンタメユニットDPG 「リングの魔物」 MVhttp://www.youtube.com/watch?v=YWTf2v2ckmw■シングル「夏の魔物エンタメユニット『DPG』登場!!!」2013年8月7日(水)発売 TRAN-001/¥1,000(税込) <収録曲> 01. リングの魔物 作詞:只野菜摘 作曲:玉屋2060%(Wienners) [全文を読む]

筋肉少女帯、新作セルフカバーベスト盤のアートワーク&新曲PVが公開!

okmusic UP's / 2013年04月25日15時00分

ギタリストの橘高文彦は、「復活後のメンバー4人そろって撮影に参加したのは5年ぶり。衣裳も新たに製作して臨んだ撮影だっただけにとても高揚した」と語っている。 そして、6月22日には中野サンプラザにてワンマンライブを開催! メジャーデビュー25周年を迎えてますます躍進する彼らの今後に目が離せない。 「公式セルフカバーベスト 4半世紀」2013年5月29日発売 [全文を読む]

フォーカス