野田一夫のニュース

[戦後70年特集]“戦争を知る最後の世代”からメッセージ電子雑誌「政経電論」7月号公開

@Press / 2015年07月10日10時30分

▽政経電論http://seikeidenron.jp/巻頭特集は「戦後70年」をテーマに、“戦争を知る最後の世代”といわれる、経営学者・野田一夫(88歳)、ジャーナリスト・竹村健一(85歳)、ライフコーポレーション会長・清水信次(89歳)にインタビュー。また、安倍政権時代に迎える「戦後70年」をひも解くキーワードや、夏に発表されるとみられる安倍談話につい [全文を読む]

ご存知ですか? きょう3月27日は植木等没後10年の日です

文春オンライン / 2017年03月27日07時00分

経済評論家・日下公人、作曲家・都倉俊一、経営学者・野田一夫、植木等、作詞家・阿久悠 ©文藝春秋 70年代以降、個人での活動が中心となると、シリアスな役で映画や舞台に出演することも増えた。だが、その後、クレージーキャッツのリバイバルブームがたびたび起こる。90年には、植木は往年のクレージーソングをメドレーにした「スーダラ伝説」をリリースし、紅白歌合戦にも出 [全文を読む]

【レポート】トライアンフが水冷エンジン搭載のボンネビルT100/ブラック&ストリートカップを本邦初披露:青木タカオ

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年10月14日17時00分

同社の野田一夫 代表取締役社長は、「ボンネビルT100は販売の中核を担う最重要モデル」「ストリートカップはスポーティなビジュアル、走りが魅力です」と力を込め、報道陣に紹介した。ボンネビルT100/ブラックは、性能のみならずデザイン性も追求した水冷900ccSOHC4バルブ並列2気筒エンジンを搭載する新たなスタンダードモデル。スタイリングは伝説の1959年式 [全文を読む]

トライアンフ、新型「STREET TWIN DEBUT FAIR」を1月23日から実施

Autoblog JP(オートブログ) / 2016年01月08日17時30分

トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン (本社:東京都港区海岸 代表取締役社長: 野田一夫)は、1月23日より正規販売店にて、『STREET TWIN DEBUT FAIR 新型ストリートツインデビューフェアー』を実施する予定。 【ギャラリー】Triumph STREET TWIN (27枚) 2016年デビュー第一弾のストリートツイン(税込み999, [全文を読む]

100年以上続く老舗企業数トップが日本の理由

デイリーニュースオンライン / 2015年09月22日12時30分

式典では、数々の経営者団体や研究所で会長職を歴任し、事業構想大学院大学の初代学長も務めた野田一夫氏が基調講演を務め、日本経営の可能性についてその深い見識を披露しました。また、そんな老舗企業の一つ、株式会社山本海苔店から取締役営業副本部長を務める山本貴大氏も登壇され、何人かの識者とともに企業が継続する秘訣を話し合いました。 そんな企業経営には、「同じスタイ [全文を読む]

松下幸之助ライブラリー創刊!各界著名人も推薦!生誕120年を記念して、主要著書をリニューアル

@Press / 2014年03月14日11時45分

定価:本体860円(税別) 新書判並製/244ページ ISBN978-4-569-81856-6 ――――――――――――――――――――――――― 日本総合研究所 会長 野田一夫さん推薦! 『指導者の条件』 係長、課長、部長、社長。「長」はまさにリーダーであり指導者。 本書は「長」のつく人の必読書だ。 人生を全うした偉大な指導者に学ぶこと。 自分だけの [全文を読む]

フォーカス