田中義剛のニュース

中国オンライン独占販売で花畑牧場と業務提携

PR TIMES / 2015年12月10日12時18分

中国最大級の女性系SNS「美麗説HIGO」、 中国ECモール大手の「京東全球購」と戦略的提携を締結する『豌豆公主(ワンドウ)』 Inagora株式会社(代表取締役:翁 永飆 所在地:東京都港区赤坂 以下、インアゴーラ)は、2015年12月1日に、株式会社花畑牧場(本社:北海道、代表取締役社長:田中義剛、以下花畑牧場)と中国インターネット上での独占販売で業務 [全文を読む]

「花畑牧場」がスマホ専用EC店舗をお取り寄せアプリ「おとデパ」にてオープン!

PR TIMES / 2015年03月03日14時08分

定番生キャラメルや厳選したチーズなどを発売開始株式会社おとデパ(本社:東京都港区、 代表取締役社長:吉田大成)が運営するお取り寄せグルメやスイーツをスマートフォンから購入できるアプリ「おとデパ(お取り寄せ×デパート)」にて、田中義剛が牧場長をつとめる北海道・十勝の「花畑牧場」が2015/03/03よりスマホ専用EC店舗をオープンします!「おとデパ」とは、お [全文を読む]

「とるとこ」みて、そのままお届け『トルトコミテ』 北海道「花畑牧場」からはじめての生中継! ショップチャンネルの人気ゲスト田中義剛氏がトルトコミテに初出演

PR TIMES / 2014年08月21日13時35分

ショップチャンネルの人気ゲストであり、花畑牧場の牧場長でもある田中義剛氏がトルトコミテに初出演し、自社工場で造った“カチョカヴァロ”と“ボッコンチーニ”というチーズ2種が味わえる「花畑牧場 特別チーズセット」を販売。花畑牧場内の“カチョカヴァロ”の熟成倉庫から、製造工程や商品の魅力をご紹介します。 今回は通常トルトコミテで行っているインターネット上での動 [全文を読む]

株式会社花畑牧場と6次産業を推進する業務提携開始

PR TIMES / 2014年04月14日19時11分

ワタミグループ(所在地:東京都大田区、代表取締役社長:桑原 豊)は、2014年3月1日、株式会社花畑牧場(本社:北海道河西郡、代表取締役:田中義剛、以下「花畑牧場」)と、包括的な業務提携を締結致しました。“独自の6次産業モデル”を持つ両社が、農業・畜産・酪農の1次産業、製造・加工の2次産業、流通・販売の3次産業において両社の強みを活かした商品開発とメニュー [全文を読む]

田中義剛も自慢する青森県南部地方のソウルフード「せんべい汁」

ぐるなび / 2014年03月04日15時10分

ゲストで八戸出身の実業家でタレントの田中義剛さんは「ホントにうめえよ。ちっちゃいころから大ごちそうだった。パリッと食べる南部せんべいとは違った独特のコクと食感がある。パスタと同じで、ちょっと芯が残っているぐらいがいい」とコメントした。 [全文を読む]

「変な有名人」が多い都道府県は? 東京・大阪にあの辺境エリアが迫る

しらべぇ / 2017年05月25日11時00分

また、「ピコ太郎」のプロデューサー・古坂大魔王(青森市)や花畑牧場で知られる田中義剛(八戸市)は、青森県出身だ。「変な有名人」が今後も同じ地域から生まれるかどうかは不明だが、地域の個性が芸能界を面白くしている一面はあるかもしれない。・合わせて読みたい→「不倫してそうな都道府県」は東京がダントツで4割 しかし本当の実態は…(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト [全文を読む]

ローソンのチーズタルト工場に潜入! ふわふわ“無添加クリームチーズ”のウマさにビックリ

えん食べ / 2016年07月03日20時00分

期待が高まります!工場はフル稼働していた!製造は、田中義剛社長率いる花畑牧場が手がけています。発売を目前に控えた6月中旬、いざ潜入すると…想像以上に、狭い。すれ違うのでいっぱいいっぱいな空間に数々の機械が並び、たくさんのスタッフが手を動かしています。めちゃくちゃ忙しい町のケーキ屋さんのキッチンみたい(想像ですが)。工程は、大まかに、(1)チーズフィリングと [全文を読む]

「山内農場」と「花畑牧場」とのコラボメニューを期間限定販売!!

PR TIMES / 2015年11月06日10時49分

~ [画像: http://prtimes.jp/i/1046/111/resize/d1046-111-859260-0.jpg ] 「白木屋」「魚民」「笑笑」などを展開する株式会社モンテローザ(本社 東京都武蔵野市 代表取締役 大神輝博)は、平成27年11月10日から平成28年1月上旬までの期間、株式会社花畑牧場(本社 北海道河西郡 代表取締役 田中義 [全文を読む]

番組30周年で振り返る「アッコにおまかせ!」消えた共演者の「なぜ?」

アサ芸プラス / 2015年10月07日09時58分

このポジションの初代は松尾貴史、2代目生島ヒロシ、3代目田中義剛なのだが、いずれも和田との不仲が原因で降板となったようだ。 この番組を見続けてきたという芸能記者に話を聞いた。「現在では辛口コメンテーターとして活躍している松尾は、言葉づかいに敏感な人です。彼はメイン司会である和田が、共演者やゲストに対して時折発する暴言が嫌だったようですね。また生島は番組中、 [全文を読む]

“金づる”中国人ツアー客を狙い撃ち! 北朝鮮の最新お土産事情「北海道名物のアレも!?」

日刊サイゾー / 2015年03月22日16時00分

田中義剛の花畑牧場の台頭で、北海道土産としては最近ではすっかり見かけなくなったが、今は中国人向けの『北の国から』土産として、主力になっているようだ。 (文=金正太郎) [全文を読む]

フォーカス