宮崎哲弥のニュース

歴史に題材を採った食漫画 宮崎哲弥氏は「けずり武士」推奨

NEWSポストセブン / 2015年01月02日16時00分

宮崎哲弥氏は評論家。1962年、福岡県生まれ。慶應義塾大学文学部社会学科卒業。政治哲学、宗教論、サブカルチャー分析などを主軸に、テレビ、新聞、雑誌などで活躍。著書に『宮崎哲弥 仏教教理問答』(サンガ文庫)、『映画365本』他多数がある宮崎氏が推奨する食マンガが、『けずり武士』(湯浅ヒトシ)だ。宮崎氏が、『けずり武士』の魅力を語る。 * * * 春日太一の『 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】宮崎哲弥氏、“あの人に似てる”と言われることを覚悟。妻の一言が決め手。

TechinsightJapan / 2014年08月27日14時50分

人気討論番組で、評論家の宮崎哲弥氏が自身に起こった“上半期一番の話題”を語った。妻からの一言がきっかけで、宮崎氏が“あの人に似ていることを言われる覚悟”を決めたのだという。 8月24日の『たかじんのそこまで言って委員会』(『委員会』)にて、上半期の出来事を振り返る企画「2014上半期名(迷)言・暴言大賞」が放送された。 各大賞にノミネートされた発言の中から [全文を読む]

小池龍之介と宮崎哲弥が孤独やさみしさについて語り合った本

NEWSポストセブン / 2014年11月18日07時00分

【書籍紹介】『さみしさサヨナラ会議』小池龍之介 宮崎哲弥/角川文庫/520円+税 人はなぜ孤独を感じるのか? さみしさはどこからくるのか? 男女の恋愛問題を中心に、ネットのSNSや進化するビジネスなども取り上げつつ、若き僧侶と評論家が「さみしさ」という感情について、脳科学や哲学、仏教等を引き合いに出して語りあう。 ※週刊ポスト2014年11月21日号 [全文を読む]

佐村河内氏がいろいろな人に似ているとネットで話題に。「おすぎ」「竹山」など

秒刊SUNDAY / 2014年03月07日15時55分

・西田敏行・カンニング竹山・三ツ矢雄二・枝野幸男・我が家・杉山・宮崎哲弥・曙太郎・ホリエモン・知り合いのおじさん極論を言うと、いたって一般的な顔なのかもしれない。―ネットの反応・ 髪切った佐村河内とおすぎが似ている・ 佐村河内が西田敏行に似ている・ 佐村河内、もしかしてカンニング竹山に似ているのか?・ 佐村河内守氏が三ツ矢雄二氏に似ている件。・ 佐村河内と [全文を読む]

相続税の増税に悩む大家さんに最適 「春の賃貸経営+相続対策フェスタ」4月19日(日)新宿NSビルで開催~充実の全32セミナー、弁護士無料相談や大好評の壁紙貼り体験コーナーも~

@Press / 2015年03月13日14時00分

)・「SUUMO編集長が最新の入居者ニーズを徹底解説!」 講師:SUUMO編集長 池本 洋一氏・「終活・エンディングノート、自分史ブームまで」 講師:一般社団法人自分史活用推進協議会理事 高橋 厚人氏、馬場 敦氏・「中古でも新築に勝つリノベ戦略」 講師:クラスコ 代表取締役社長 小村 典弘氏・「入居率98%の賃貸管理会社が空室・滞納解消の管理ノウハウを大公 [全文を読む]

まさにオールマイティー…「人気コメンテーターランキング男性編」トップはマツコDX

NewsCafe / 2014年05月01日12時00分

[男性/40代/会社員]【3位】宮崎哲弥(12.3%)■説明が解りやすく、発言が的確でユーモアがある。[女性/40代/その他]■情報が豊富で多角的な見方できる人! 他の人は皆胡散臭い。[男性/10代/会社員]■評論家なら宮崎哲弥さん。最も尊敬してるのは青山繁晴さん(青山さんはコメンテーターではないが)。[男性/30代/会社員]【4位】やくみつる(5.1%) [全文を読む]

水道橋博士が「週プレの魅力はずばり、エロ!」とぶっちゃっける『週刊プレイボーイ』50年【後編】

週プレNEWS / 2017年03月05日15時00分

宮崎哲弥さんに教えてもらったんだけど、管賀江留郎(かんがえるろう)というノンフィクション作家が書いた戦後の少年犯罪モノがとにかく面白い。少年犯罪は今が一番、闇深いなんて言われているけど、実は戦後10年くらいがピークだったらしい。『三丁目の夕日』の世界とは全く別の戦後が濃密に描かれている」 ―超多忙な日常なのに、雑誌はいつ読まれてるんですか? 「正直、その時 [全文を読む]

世界一の権力者が決まる大統領選を史上最高の環境で見よ! ニコニコドキュメンタリー総力特集「アメリカ大統領選挙」の魅力【水道橋博士】

ニコニコニュース / 2016年11月08日17時00分

「11月8日に大統領選挙なんですが、 なんかテレビかネットで番組やりませんか? モーリーや宮崎哲弥と雑談しながら開票速報を見ていく番組。 4年前はアメリカ大使館が主催してネット番組をやって、それに出演したんですが、今年はやらないそうなので。アメリカでの開票は日本時間の11月9日の朝からになるんですが、アメリカ時間の8日夜、日本の9日の夕方3時までには結果 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】大沢あかね、芸人妻の心得が見事。「スベって帰ってきた日は優しく抱きしめる」

TechinsightJapan / 2015年08月21日14時40分

この話を横で聞いていた評論家の宮崎哲弥氏は、「大沢さんは良い嫁だなぁ」と羨ましそうだ。彼はテレビ番組でコメントを失敗すると、「あの発言はダメだよ」と妻から“塩を塗られる”そうである。 (TechinsightJapan編集部 みやび) [全文を読む]

「夫婦別姓の主張が進歩的と思ったら大間違い」と小谷野敦氏

NEWSポストセブン / 2015年03月31日07時00分

往年の、宮崎哲弥・八木秀次編の『夫婦別姓大論破!』なども、絶版になり、最近では読まれていないだろう。 では夫婦別姓派は負けを認めたのかというと、そうでもなく、ちょいちょい出現して、「夫婦同姓なんて日本だけ」とか、まるでピンポンダッシュのように言うだけ言って逃げたりする。だいたい、西洋諸国には戸籍制度がないから、重婚だって可能なわけだが、戸籍制度は日本の陋習 [全文を読む]

電子版『文藝春秋SPECIAL』2015春号2月26日に紙版と同時発売

@Press / 2015年02月25日13時00分

最重要テーマとして近現代史から20の命題を挙げて、佐藤優さんは「二・二六事件」での青年将校たちの驕りを指摘、宮崎哲弥さんは「原爆投下」について、ヒロシマ・ナガサキこそ戦争犯罪ではなかったのかと考察します。さらに半藤一利、船橋洋一、出口治明、水野和夫という4人の識者が、世界史の中での日本の昭和史の意味について討論しています。終戦から70回目の8月15日を迎 [全文を読む]

「庶民派」のはずが…大沢あかね、ベビーシッター事件の無神経コメントで炎上

メンズサイゾー / 2014年03月19日19時00分

番組では、MCの加藤浩次とテリー伊藤をはじめ、ゲストコメンテーターの宮崎哲弥も母親を責めるかのようなコメントを繰り返していた。その中で1児のママとして意見を求められた大沢は「私なら見ず知らずのシッターに預けることはまず有り得ない、理解できない」「公共機関などを通して信頼できるシッターを紹介してもらい、家に5、6回呼んで話し合いしてからお願いする」という趣 [全文を読む]

ノーベル賞経済学者ポール・クルーグマンが語る「日本経済の未来」とは?『そして日本経済が世界の希望になる』を発刊

PR TIMES / 2013年09月19日14時58分

「日本人が耳を傾けなかった天才・鬼才のアイデア」浜田宏一氏(イェール大学名誉教授)「アベノミクスの未来は本書のなかにある!」宮崎哲弥氏(評論家)早くも各界から多くの賛辞が寄せられている、PHP新書『そして日本経済が世界の希望になる』。本書は、ノーベル賞経済学者であるポール・クルーグマン氏がアベノミクスのもつ世界史的な意義までを見据え、日本の読者のためだけに [全文を読む]

文藝春秋のムックと単行本 ノンフィクション系2作品を電子書籍化 紙と同時発売!

@Press / 2012年11月13日15時30分

主な著者/石原慎太郎、佐藤優、堺屋太一、飯島勲、鳩山由紀夫、櫻井よしこ、上野千鶴子、片山さつき、宮崎哲弥、猪瀬直樹、三木谷浩史、市川團十郎、秋元康(全105人) <電子書籍 書誌情報> 書名:『文藝春秋オピニオン 2013年の論点100』 発売:文藝春秋 価格:1,300円(税込) 発売:11月13日 ※主要電子書店(Kindleストア、紀伊国屋書店Bo [全文を読む]

フォーカス